KDDIが「副回線サービス」を3月29日に提供 月額429円、データ容量は500MBで300kbps

» 2023年03月27日 10時36分 公開
[田中聡ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラーは、auとUQ mobileのユーザー向けに、ソフトバンクの回線に切り替えて利用できるオプションサービス「副回線サービス」を3月29日から提供する。

 副回線サービスは通信障害や災害などでKDDIの回線がつながりにくいときに利用することを想定したもの。KDDIとソフトバンクが3月下旬から提供することを予告していた。同様のサービスはドコモも提供する予定。

副回線サービス KDDIのニュースリリース

 月額429円(税込み)で、auとUQ mobileの音声プランを利用している人が利用できる。対象機種はauのスマートフォン(5G/4G LTE)とケータイ、UQ mobileのスマートフォン(5G)。SIM形式はeSIMとSIMカードの両方に対応している。電話番号はメイン回線とは異なるものになり、オプション申し込み後に、新たな電話番号で利用する。

 月間のデータ容量は500MBで通信速度は300kbps。300kbpsとしたのはソフトバンク通信設備への負荷増を考慮したためだとしている。500MBを超えた場合は月末まで128kbpsに速度が制限される。なお、テザリングオプションは利用できない。

 国内通話料金は30秒あたり22円の従量課金のみ用意する。国内SMS送信料は1通あたり3.3円(全角70文字まで)、受信は無料。

副回線サービス 副回線サービスの料金や特徴

 副回線サービスはauとUQ mobileのWebサイトから申し込む必要があり、auショップやUQスポット、量販店、併売店などでは申し込めない。申し込み完了から数日以内にeSIM設定に必要な書面またはSIMカードが送付される。その後、手順に沿って副回線の設定を行い、発信テストをもって初期設定が完了する。

 副回線サービスは月額550円で法人向けにも提供する。SIM形式はeSIMのみなので、eSIM対応のスマートフォンを利用する必要がある。月間のデータ容量は1GBで通信速度は最大1Mbps。国内通話料金は30秒あたり22円、国内SMS送信料は1通あたり3.3円(全角70文字まで)、受信は無料。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  7. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  8. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  9. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  10. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年