ソニーの完全無線イヤフォン「WF-1000XM5」9月1日発売 ノイキャン強化+小型軽量化で約4.2万円

» 2023年07月25日 10時05分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ソニーは、9月1日に完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」を発売する。市場想定価格は4万2000円(税込み、以下同)前後、ソニーストアでの価格は4万1800円。カラーはプラチナシルバーとブラックの2色展開となる。

WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC 完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」(プラチナシルバーとブラック)

 WF-1000XM5は、先代「WF-1000XM4」(2021年6月発売)の後継に相当するモデル。WF-1000XM4(ソニーストア価格3万6300円)より5700円ほど高いが、ノイズキャンセリング性能を強化しつつ、小型かつ軽量化を果たした。

 NC性能の強化には、プロセッサが大きく関わる。「統合プロセッサV2」「高音質ノイズキャンセリングプロセッサQN2e」を搭載したことで、リアルタイムでのNC処理に加え、複数のマイクを正確に制御する。

WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC 「統合プロセッサV2」「高音質ノイズキャンセリングプロセッサQN2e」を搭載する

 フィードフォワードマイクとフィードバックマイクを使い、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を生成する点は従来と同じだが、フィードフォワードマイクの数が従来の4つから6つに増えたことで、低域のノイズを打ち消しやすくなったという。WF-1000XM4とWF-1000XM5のマイクの数は以下のようになる。

WF-1000XM4

  • フィードフォワードマイク×2
  • フィードバックマイク×2

WF-1000XM5

  • フィードフォワードマイク×2
  • フィードバックマイク×4(左右に1つずつ追加)
WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC WF-1000XM5(写真=左)と、WF-1000XM4(写真=右)。充電ケースも小型化している

 音質については、8.4mm径のダイナミックドライバーXを搭載したことで、低音域に強くなった。さらに、信号処理から変換、再生まで高品位な処理を行うことで、ゆがみの少ない高音質な再生が可能になったという。ドーム部とエッジ部で異なる素材を組み合わせた振動板構造とする。柔らかいエッジ部が沈み込む低音域を、軽量かつ高い剛性を持つドーム部が伸びのある高音域再生を可能とした。

 5億を超えるサンプルを機械学習で解析して作られたAI(人工知能)で、装着者の声とそれ以外の環境ノイズを分離し、装着者の声をクリアに抽出するアルゴリズムも搭載されている。口元への指向性を高めたマイクと、発話時の骨伝導音を検知する骨振動センサーを制御し、高音質を担保しながら音声通話が行える。

 NC性能や音質の強化を図りつつ軽量化を果たしたのも進化の1つだ。重量はWF-1000XM4が片耳7.3gだったのに対し、WF-1000XM5は片耳5.9gとなっている。継ぎ目のないイヤフォンの外装はタッチ操作する部分がザラつきのある加工、そうでない部分は光沢感のある加工が施されている。

 形状については、さまざまな国籍の人の耳や、多くの人の感性評価をもとに決めた結果、丸みを帯びた形状とし、フットプリントを縮小したという。イヤーピースは従来のS/M/Lに加え、SSサイズが付属するため、耳の小さな人でもフィットしやすいという。

WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC WF-1000XM5(写真=左)は丸みを帯びた形状かつ小型である
WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC WF-1000XM5(写真=左)の方がWF-1000XM4(写真=右)よりも耳に収まりやすい
WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC WF-1000XM4(写真=左)と、WF-1000XM5(写真=右)の付属品の違い。イヤーピースは従来のS/M/Lに加え、SSサイズが付属する

 使い勝手もWF-1000XM4から大きく向上した。

 スマートフォンを触らず自動で音楽を再生したり、情報を取得したりできるアプリ「Auto Play」に対応する。当初は「LinkBuds」「LinkBuds S」向けに配信されていたが、WF-1000XM5もサポートした格好だ。イヤフォンを付けた時や終話時などに自動で音楽が再生される他、スケジュールの読み上げ通知などが可能となっている。

 2台の機器と同時に接続し、それぞれで通話も音楽再生も可能なマルチポイント接続にも対応する。例えば、PCでオンライン会議を終了した後、スマートフォンで音楽再生を始めるだけで再生機器を切り替えることが可能だ。2台の機器が異なるOSでも都度手動で切り替える手間が省ける。

 Bluetoothコーデックは、AAC/SBC/LDAC/LC3をサポートする。その他、圧縮音源などをハイレゾ音源相当にアップスケーリングする「DSEE Extreme」や、全方位に音が広がる「360 Reality Audio」、ゲームに最適な超低遅延などを実現する次世代Bluetoothオーディオ「LE Audio」にも対応している。

 頭の向きによって聞こえ方が変わるヘッドトラッキング機能も搭載する。YouTubeや360 Reality Audioなどの立体音響コンテンツの動画を視聴する際に、よりリアルな臨場感を得られるという。

 頭を振るだけで電話の受話/拒否などが可能なヘッドジェスチャーにも対応する。イヤフォンをタッチするだけで音楽再生/一時停止などの操作を行える。4回以上連続してタップすると音量を調整できる。

【更新:7月25日10時43分】ヘッドトラッキングとジェスチャー操作について追記を行いました

 充電ケースは、USB Type-Cケーブルでの充電と、ワイヤレス充電に対応する。連続再生時間はNCオンで最大8時間、NCオフで最大12時間。連続通話時間はNCオンで最大6時間、NCオフで最大7時間となっている。イヤフォンをケースに収納すれば、3分の充電で60分ほど再生できる。満充電にかかる時間はイヤフォンが約1.5時間、ケースが約2時間となっている。

WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC 充電ケースの表
WF1000XM5 ソニー 完全ワイヤレス ノイズキャンセリング NC 充電ケースの裏。USB Type-Cケーブルでの充電と、ワイヤレス充電に対応する

年3300円でヘッドフォン/イヤフォンを丸ごと保証

 ソニーマーケティングは7月25日から、新たな保証サービス「ヘッドフォン ケアプランワイド」を提供する。サービス名にはヘッドフォンと付くが、実際に保証されるのは完全ワイヤレスイヤフォンとなる。故障、破損、水ぬれ、火災、水害、落雷、紛失の際に年回3300円(初年度1650円)で保証される。

 現在、ソニーストアでは、破損、水ぬれ、火災の保証まで広範囲に対応する「長期保証<3年ワイド>」「長期保証<5年ワイド>」などの有償保証サービスを提供しているが、買い替えサイクルが約2年の完全ワイヤレスイヤフォンとはマッチしないという。

 片方のヘッドセット(イヤフォン)を紛失した際、なくしたイヤフォンの修理費用が通常の修理価格よりも割安になる「紛失あんしんサービス」も提供されているが、紛失あんしんサービスの保証期間が1年もしくは2年以内だったのに対し、ヘッドフォンケアプランワイドは1年ごとに更新を続ける限り保証される。

 7月25日時点での対象機種はWF-1000XM5のみとなっているが、9月1日以降に下記の機種も対象となる予定だ。

  • LinkBuds S(WF-LS900N)
  • LinkBuds (WF-L900)
  • LinkBuds UC for Microsoft Teams (WF-L900UC)
  • WF-XB700
  • WF-C500
  • WF-C700N

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月25日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  4. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  7. Huawei、非AndroidのOS「HarmonyOS NEXT」発表 独自AI搭載 (2024年06月24日)
  8. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
  9. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  10. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー