通話翻訳や文字起こしの「Galaxy AI」、2年前のスマホ「Galaxy S22」「Galaxy Z Flip4/Z Fold4」にも搭載 One UI 6.1へのアップデートで

» 2024年04月18日 10時30分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 Samsung Electronics(サムスン電子)製の新型スマートフォン「Galaxy S24シリーズ」。その目玉機能となる「Galaxy AI」が、折りたたみスマートフォンなどにも搭載される。サムスン電子ジャパンは2024年4月18日にOne UI 6.1へのアップデートを行い、Galaxy AIによる通話時の翻訳や文字起こしなどを可能にする。アップデートについては4月中旬以降の実施が予告されていた。

 One UI 6.1かつGalaxy AIに対応するのは、スマートフォンが「Galaxy S23」「Galaxy S23 Ultra」「Galaxy S23 FE」「Galaxy S22」シリーズ、折りたたみスマートフォンが「Galaxy Z Flip5」「Galaxy Z Fold5」「Galaxy Z Flip4」「Galaxy Z Fold4」、タブレットが「Galaxy Tab S9」シリーズ、「Galaxy Tab S8」シリーズだ。

 このうち、Galaxy S22シリーズ、Galaxy Z Flip4、Galaxy Z Fold4、Galaxy Tab S8シリーズは5月下旬以降にアップデートされる。

GalaxyAI サムスン電子ジャパン 「Galaxy AI」が最新モデルだけでなく、約2年前に発売されたモデルにも搭載される。画像は折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip5」「Galaxy Z Fold5」

 通話アプリでは双方向翻訳が可能になり、日本語を含む13カ国語に対応する。メッセージングサービスでは翻訳アプリを介さずに翻訳できる。ボイスレコーダーでは録音データのテキスト化、翻訳、要約の作成が可能だ。ただし、Pixelシリーズのようなリアルタイムでの文字起こしではない。「Samsung Notes」では要約、タイトル、表紙が自動で作成される。

 他にも、スマートフォンのカメラを使った撮影、編集の機能にAIが活用される。フレーム補間でスローモーション動画を作成可能な「Instant Slo-mo(インスタントスローモーション)」や、編集時に余分な反射のみを削除でき、撮影した写真の角度を補正し、不足した部分はAIで生成できる。

GalaxyAI サムスン電子ジャパン 通話時の翻訳機能
GalaxyAI サムスン電子ジャパン ノートに手書きの記録を残して後から自らまとめなくても、自動で要約が生成される

 これら一連のAIがGalaxy AIと銘打たれている。これを支えているのが同社独自開発のものではなく、Google Cloudの「Gemini Pro」や「Imagen 2」だ。これらはクラウドベースのAIとなるが、端末上で処理を行う「Gemini Nano」も活用し、AIによるユーザー体験だけでなく、セキュリティ面にも配慮したという。

 各デバイスで利用可能になる機能名は次の通りとなる。

  • 検索……かこって検索
  • 通話・翻訳・要約……リアルタイム通訳、通訳、テキスト通話、チャットアシスト、ノートアシスト、レコーディングアシスト、ウェブアシスト
  • 画像などの編集……生成AI編集、AI編集サジェスト、インスタントスローモーション
  • 壁紙……壁紙の生成、今の天気壁紙

※利用できる機能はモデルごとに異なる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  7. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  8. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  9. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年