レビュー
» 2007年04月27日 21時00分 公開

「“Penryn”なんてメじゃないぜ」──XPS 710 H2C Edition最強伝説(前編)ダイレクトPC最前線(2/2 ページ)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 クロック設定はBIOSで行う。というわけで、まずはXPS 710 H2Cを起動しよう。起動画面の「DELL」ロゴに表示されるスクロールバーがウニウニうごめいているうちに[F2]キーを押す。これで、BIOS設定画面に移行する。画面左側にメニュー項目の階層が表示されるが、→キーでカーソルを動かして「Performance」にあわせて[Enter]キーを押すと、Performanceに含まれるサブメニューの階層が表示される。そうしたら、その階層の上から2番めにある「CPU Clock Speed」を選んで(その2つ下にある“OverClocking”ではないので注意)[Enter]キーを押せば、緑色のカーソルがクロック数を表示しているエリアに移動する。

 あとは「上矢印キー」を押せばよい。Core2 Extreme QX6700を搭載したモデルなら、1回押すと「2.93GHz」に、2回押すと「3.20GHz」にクロックが変わるはずだ。用意されているのはこの3段階のみ。自分が設定したいクロックになったら後は[Enter]キー→[Esc]キーで表示されるExitメニューから「Save/Exit」を選べばいい。XPS 710 H2Cが再起動して「3GHz超えPC」に生まれ変わってガシガシと動いてくれる。

XPS 710 H2Cの起動時に[F2]キーを押すと表示されるBIOSの初期画面
CPUクロックの設定は「Performance」のサブメニューにある「CPU Clock Speed」で行う。用意されている選択肢は「上」「中」「下」の3パターンのみ

「そ、それだけ?」

「そう、それだけ」

 組み込まれたH2Cクーラーユニットが優秀なおかげか、Core2 Extremeのマージンの大きさのおかげか、3GHzを超えるオーバークロック状態でXPS 710 H2Cはベンチマークテストをネチネチ走らせても安定して動いてくれる。

 米国で出荷して日本で販売しない理由は定かではないし、せっかくの充実したデルのサポートを棒にふってまでオーバークロックする意味がすべてのユーザーにあるわけでもないので、積極的に勧めるわけではないが、とにかく、BIOSに用意されたたった1つの項目を設定するだけでいとも簡単に3GHz超えで動いてしまう「懐の深さ」をXPS 710 H2Cは持っている。

 さて、その懐の深いXPS 710 H2Cだが、BTOで用意しているOSはイマドキにしては珍しい「Windows XP」のみ。Windows Vistaモデルは存在しない。実はこれもこのPCの「最強伝説」を物語るひとつの重要な要素だったりする。後編ではそのあたりについて紹介する予定だ。

前回掲載したレビューではクアッドコアのCore 2 Extreme QX6700にQuad SLIのGeForce 7950 GX22枚差しという「4×4」でパフォーマンスを測定したが、XPS 710 H2CのBTOでは、最新のGeForce 8800 GTXの2枚差しも用意されている。このように6ピンのPCI Express電源も十分あるのでNVIDIA SLIも問題ない

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう