ニュース
» 2007年09月03日 15時00分 公開

2007年PC秋冬モデル:クアッドコア搭載にアクセスユニット“なし”もあり、のVAIO type R masterが登場

ソニーは9月3日に、VAIO type R masterの新モデルを発表した。最上位モデルは、type R初となるクアッドコアCPUを搭載する。

[ITmedia]

クアッドコアCPUでエンコード処理が格段に向上

24インチワイド液晶ディスプレイがセットになる最上位モデル「VGC-RM73UDL4」

 秋モデルで登場するVAIO type R masterは、店頭モデルの「VGC-RM73UDL4」「VGC-RM53DL9」「VGC-RM53D」の3機種(ただし、VGC-RM53DはVGC-RM53DL9のディスプレイなし)と、システムをカスタマイズできるVAIOオーナーメードモデルで構成される。

 最上位モデルのVGC-RM73UDL4は、CPUにクアッドコアのCore 2 Quad Q6600を搭載することで、VAIO type R masterでよく行われる高解像度静止画像の加工や動画のエンコード処理などで格段の性能向上を実現する。

 下位モデルのVGC-RM53DL9、VGC-RM53Dは従来と同じデュアルコアCPUであるが、こちらもFSB 1333MHzに対応したCore 2 Duo E6550(動作クロック2.33GHz)を採用して性能改善を図っている。なお、FSB 1333MHzに対応するために、チップセットはIntel P35 Expressに変更され、メインメモリも従来のDDR2-667MHzからDDR2-800MHzをサポートするようになった。メモリ容量はいずれも1Gバイト×2で、最大4Gバイトの搭載が可能だ。

 グラフィックスカードは、VGC-RM73UDL4でGeForce 8600 GTSを、VGC-RM53DL9とVGC-RM53DでGeForce 8500 GT搭載したカードをそれぞれ組み込む。従来、VAIOオーナーメードモデルでのみ選択できたこれらGeForce 8シリーズのGPUには、BDで採用される高ビットレートコンテンツのハードウェアアクセラレーションがすべての処理ステップ(除くVC-1の上流処理)で有効になる第2世代のPureVideo HDが導入されている。

記録速度が高速化されたBlu-ray Discドライブを搭載

 筐体は、従来モデルと同じ、メインユニットとアクセスユニットに分離した2つの筐体で構成される。そのデザインは従来モデルから変わっていないが、アクセスユニットに搭載するBlu-ray Discドライブは書き込み速度がBD-Rで最大4倍速(2層、1層ともに)、BD-REで最大2倍速と従来モデルから高速になったほか、e-SATAコネクタとExpressCardスロット(54/34対応)が新たに搭載された。

 VGC-RM73UDL4とセットになる液晶ディスプレイは、24インチワイドの「VGP-D24WD1」で、最大解像度が1920×1200ドット、色純度92%、最大輝度400カンデラ/平方メートルを実現している。中間色における応答速度は6ミリ秒。VGP-D24WD1にUSBでキーボードとマウスを接続した状態で、最大3台のPCの画像を切り替えられる専用スイッチも用意されている。

 VAIO type R masterの特徴である、バンドルされたAdobeアプリケーションは、すべてのモデルでRAWデータの編集に対応したAdobe Photoshop Elements 5.0が導入されるほか、VGC-RM73UDL4では、Adobe Photoshop Lightroom 1.1もバンドルされる。

Adobe Creative Suite 3 Production Premiumに強化されたVAIOオーナーメードモデル

 構成がカスタマイズできる、VAIOオーナーメードモデルでは、CPUに店頭モデルで選べないCore 2 Extreme QX6850/Core 2 Extreme QX6700のクアッドコアや、Core 2 Duo E6850、Core 2 Duo E6750などのFSB 1333MHz対応デュアルコアが選択できるほか、GPUでは、ワークステーション向けのQuadro FX1500が用意される。HDDでも、これまでの最大容量だった500Gバイト×6構成の上となる、750Gバイト×6による4.5Tバイトが追加された。もちろん、RAID 0構成も指定できる。

 Adobeアプリケーションのバンドルスイーツでも、これまでのAdobe Cretive Suite Production Studio Standardから、Adobe Creative Suite 3 Production Premiumに変更され、従来のバンドルソフトにAdobe Flash CS3 Professional、Adobe Illustrator CS3など6種類のパッケージが追加された。

 そのほか、OSにWindows Vista Businessを導入し、Adobeソフト、VAIOアプリがバンドルされない法人向けのVAIOオーナーメードモデルも登場し、VAIOオーナーメードモデルの選択肢として「アクセスユニットなし」構成も選べるようになった。アクセスユニットをなしにした場合、価格は3万円ほど抑えることができる。

VAIO type R master店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type R master VGC-RM73UDL4 セパレート型 マイナーチェンジ Core 2 Quad Q6600(2.4GHz) 2048MB 500GB Ultimate 58万円前後
VGC-RM53DL9 セパレート型 マイナーチェンジ Core 2 Duo E6320(1.86GHz) 2048MB 500GB Home Premium 38万円前後
VGC-RM53D セパレート型 マイナーチェンジ Core 2 Duo E6320(1.86GHz) 2048MB 500GB Home Premium 32万円前後
VAIO type R master店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type R master VGC-RM73UDL4 24インチワイド 1920×1200 Intel P35 BD-R/RE対応Blu-ray Disc GeForce 8600 GTS 3波デジタル/地アナ×2 約21キロ
VGC-RM53DL9 19インチワイド 1440×900 Intel P35 BD-R/RE対応Blu-ray Disc GeForce 8500 GT 3波デジタル/地アナ 約21キロ
VGC-RM53D Intel P35 BD-R/RE対応Blu-ray Disc GeForce 8500 GT 3波デジタル/地アナ×2 約21キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう