ニュース
» 2007年05月17日 13時00分 公開

2007年夏 Vista搭載PC特集:記念モデルはエモーショナルなモバイルPC──VAIO type T

夏モデル第2弾で登場した“VAIO 10周年記念モデル”が、505シリーズの流れをくむ「VAIO type T」だ。

[田中宏昌,ITmedia]

VAIO type Tをベースに505シリーズのエッセンスを融合した記念モデル

店頭モデルのVAIO type T VGN-TZ50B

 ソニーがVAIOシリーズの国内販売10周年を記念した新モデル「VAIO type T」を発売する。

 1997年に登場した初代VAIOノート「PCG-505」から培ってきた同社のモバイルPCに関するエッセンスを、11.1インチワイド液晶ディスプレイを搭載したVAIO type Tシリーズに注ぎ込んだのが新VAIO type Tだ。春モデルと同様、店頭販売向けは1モデルのみの展開で、直販のVAIOオーナーメードモデルでは4色のカラーバリエーションや充実のBTOメニューを用意しているのも共通である。発売は5月26日から行われる予定だ。

 今回の新型VAIO type Tは、初代505から採用されている液晶ヒンジ部分のシリンダーデザインを導入して外観を一新すると同時に内部システムの集積度を高め、直販モデルではtype Tシリーズ初のデュアルコアCPUを選べるようになったのが特徴だ。NTSC比で72%の色再現性を実現したLEDバックライト液晶をはじめ、キーボードパネルと呼ばれる光沢パーツをはめ込んで、堅牢性の向上とキー入力時の静粛性を高めているのも見逃せない。

 また、VAIOオーナーメードモデルでは、VAIO type GVAIO Uで採用された32GバイトのNAND型フラッシュメモリや、2.5インチHDDに加え、3種類のバッテリーを選べるようになったのも目新しい。なお、詳細なレビュー記事はこちら(継承される505のスピリット:10年の歴史がはぐくんだ極上の「持つ喜び」――「VAIO“New”type T」)を参照してほしい。

 ブラックボディを採用した店頭モデルの「VGN-TZ50B」は、ワンセグチューナー、ギガビットLAN、IEEE802.11a/g/bの無線LANとBluetooth 2.0+EDR、FeliCaポート、指紋認証ユニット、TPMセキュリティチップ、31万画素のWebカメラを標準で備えた多機能な製品だ。CPUは超低電圧版Celeron M 443(1.2GHz)で、容量1Gバイトのメモリ(PC2-4200対応)を搭載する。80Gバイトの1.8インチHDD(4200rpm)とDVDスーパーマルチドライブを内蔵した2スピンドル仕様のスタンダード機で、OSにWindows Vista Home Premium、オフィススイートのOffice 2007 Personalを備えている。サイズは277(幅)×198.4(奥行き)×22.5〜29.8(高さ)ミリで、重量は約1.22キロ。標準でバッテリーパックLを備え、バッテリー駆動時間は約8時間となっている。実売価格は24万円前後の予定だ。

多彩なパーツが用意されたVAIOオーナーメードモデル

直販モデルでは4色のカラーバリエーションがラインアップされる

 一方のVAIOオーナーメードモデルは、超低電圧版Celeron M 443(1.2GHz)のほかにデュアルコアCPUのCore 2 Duo U7600(1.2GHz)や同U7500(1.06GHz)が選べるだけでなく、32GバイトのNAND型フラッシュメモリ/2.5インチHDD(5400rpm)/1.8インチHDD(4200rpm)/DVDスーパーマルチドライブのストレージデバイスを組み合わせることができる。

 カラーリングは店頭向けの「ブラック」に加え、「プレミアムカーボン」「ボルドー」「シャンパンゴールド」の計4色があり、OSはWindows Vista Home Basic/Home Premium/Businessが用意される。バッテリーはバッテリーパックLL/同L/同Sをそろえ、駆動時間はCore 2 Duo搭載時で最長18/12/6時間、Celeron M搭載モデルで最長12/8/4時間(いずれもバッテリーパックLL/L/S搭載時)となっている。

 ほかにも、無線LANはIEEE802.11a/g/bとドラフト11n対応のIntel Wireless WiFi Link 4965AGNがあり、指紋認証ユニットとセキュリティチップの有無、内蔵ワンセグチューナーの有無、Webカメラ「MOTION EYE」の有無、日本語/英語キーボードが選べるなど、多彩なBTOメニューに注目したい。


左から店頭モデルの「ブラック」、直販モデル専用の「ボルドー」「プレミアムカーボン」「シャンパンゴールド」で、液晶ディスプレイ周りだけでなく、ワンセグチューナーのアンテナまで色分けがなされている


右側面奥に緑色のLEDランプを組み込んだ電源ボタンがある。アナログRGB出力やサウンド関連の端子も黒色にするなど、細かい部分での工夫が見られる


VAIO type T店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type T VGN-TZ50B 2スピンドル フルモデルチェンジ ULV Celeron M 443(1.2GHz) 1024MB 80GB(1.8インチ) Home Premium 24万円前後
VAIO type T店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type T VGN-TZ50B 11.1インチワイド 1366×768 Intel 945GMS 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 ワンセグ(内蔵) 約1.22キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう