ニュース
» 2007年04月10日 15時00分 公開

2007年夏 Vista搭載PC特集:Core2 Duo搭載モデルの拡充と低価格モデルが登場──VAIO type F

新しく4モデルが登場する汎用2スピンドルノートは、TVチューナーを省略した低価格モデルを投入するなど、価格競争力を高めたのが特徴だ。

[ITmedia]
VAIO type F

 エントリークラスのVAIO type Fは夏モデルで4機種が登場する。春モデルで最上位機種だけが搭載していたデュアルコアCPUを「VGN-FE53B」「VGN-FE53HB」の上位2モデルに拡大。CPUも従来のCore Duo T2300からCore 2 Duo T5500に変更された。下位モデル「VGN-FE33HB」「VGN-FE33H」はCeleron Mを搭載しているが、こちらもCeleron M 430(1.73GHz)から動作クロックの速いCeleron M 440(1.86GHz)に変わった。

 チップセットは上位2モデルがIntel 945GM、下位2モデルがIntel 943GMLを採用。無線LANも上位モデルがIEEE 802.11 a/g/bをサポートするのに対して下位モデルはIEEE 802.11 g/bにとどまる。搭載するメインメモリはVGN-FE53Bのみが1Gバイト、VGN-FE53HBが512Mバイト(メモリバスクロック667MHz)、VGN-FE33HBとVGN-FE33Hが5512Mバイト(メモリバスクロック533MHz)となる。

 すべてのモデルで15.4インチワイドのクリアブラック液晶ディスプレイとDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載。最大解像度は1280×800ドット。また、HDD容量もすべてのモデルで従来の80Gバイトから100Gバイトに増えた。導入するOSは最上位モデルのVGN-FE53BのみがWindows Vista Home Premium、ほか3モデルはWindows Vista Home Basicとなる。

 VAIOオーナーメードモデルでは、春モデルと同様にグレー筐体を選択可能。この場合、CPUはCore 2 Duo以上、GPUにGeForce Go 7600を選択するようになる。また、HDDの最小容量が従来の60Gバイトから80Gバイトに増やされた。

 出荷は4月21日からの予定で、予想される実売価格はVGN-FE53Bが約18万5000円、VGN-FE53HBが約17万円、VGN-FE33Hが約15万円、VGN-FE33HBが約13万円となる。

VAIOノートPC店頭モデルの概要(その1)
タイプ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type F VGN-FE53B 2スピンドル マイナーバージョンアップ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 1Gバイト 100Gバイト Home Premium 約18万5000円
VGN-FE53HB 2スピンドル マイナーバージョンアップ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 512Mバイト 100Gバイト Home Basic 約17万円
VGN-FE33HB 2スピンドル マイナーバージョンアップ Celeron M 440(1.86GHz) 512Mバイト 100Gバイト Home Basic 約15万円
VGN-FE33HB 2スピンドル マイナーバージョンアップ Celeron M 440(1.86GHz) 512Mバイト 100Gバイト Home Basic 約13万円

VAIOノートPC店頭モデルの概要(その2)
タイプ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type F VGN-FE53B 15.4インチワイド 1280×800 Intel 945GM 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 2.8キロ
VGN-FE53HB 15.4インチワイド 1280×800 Intel 945GM 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 2.8キロ
VGN-FE33HB 15.4インチワイド 1280×800 Intel 943GML 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 2.8キロ
VGN-FE33HB 15.4インチワイド 1280×800 Intel 943GML 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 2.8キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう