FermiにはCUDAコアが512あったんだ──GeForce GTX 580で「本当の力」を知るイマドキのイタモノ(3/4 ページ)

» 2010年11月10日 00時00分 公開
[石川ひさよし,ITmedia]

「480」を大きく上回る。場合によって「5970」超も

 CUDAコアを512基搭載したGeForce GTX 580で、Fermiが当初から発揮するはずだった「本当の力」を検証してみよう。比較用のGPUには、GeForce GTX 480のほかにRadeon HDシリーズでシングルGPUの最上位モデルになるRadeon HD 5870と、デュアルGPU構成ながらシングルカードとしては最上位になるRadeon HD 5970だ。

 検証用のシステムは、CPUにCore i7-980X(3.33GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.6GHz)とIntel X58 Expressを搭載したASUSの「Rampage II GENE」を基幹とし、6Gバイトのトリプルチャネルメモリ、64ビット版のWindows 7 Ultimateで構成した。なお、ベンチマークテストに用いるゲームはDirectX 11対応するタイトルを増やしている。

ベンチマークテスト用システム構成
CPU Core i7-980X(3.33GHz)
マザーボード ASUS Rampage II GENE
チップセット Intel X58 Express
メモリ DDR3-1066(2Gバイト×3)
HDD WD5000AAKS(500Gバイト/7200rpm/16Mバイト)
OS 64ビット版 Windows 7 Ultimate

3DMark Vantage(Peformance:1280×1024ドット:noAA/noAN)
3DMark Vantage(Graphics Score)

3DMark06(nonAA、nonAniso)
3DMark06(4xAA、8xAniso)
3DMark06(8xAA、8xAniso)

The Last Remnant(DirectX 9)
BIOHAZARD 5 ベンチマーク(DirectX 10、Test B、標準設定)
TOM CLANCY'S H.A.W.X. 2(DirectX 10、VeryHeavy)

Unigine Heaven Benchmark Ver.2.1(DirectX 11、Tessellation:Extreme)
DiRT2(DirectX 11、Light)

Lost Planet 2(DirectX 11、Test B、High)
TOM CLANCY'S H.A.W.X. 2(DirectX 11、VeryHeavy)

 3DMark06の標準画質ではほとんど上限に近く、各GPU、各解像度の差もわずかだが、それでもGeForce GTX 580はGeForce GTX 480より高いスコアを記録している。また、アンチエイリアスと異方向性フィルタリングの設定を高くするとGPUごとの結果の差は広がり、GeForce GTX 580は明らかに優位になる。ただし、デュアルGPU構成のRadeon HD 5970にはまだ追いつかない。

 一方で、3DMark VantageではPerformance、Highの設定においてGeForce GTX 580がRadeon HD 5970をも上回る結果が確認できた。PhysXを有効としていたため、その点を考慮しGraphics Scoreで比較してみても、High設定では同様の結果になる。GeForce GTX 480との結果の差が3DMark06のそれより大幅に伸びていることも興味深い。

 DirectX 9に対応したゲームタイトルの検証としては、「The Last Remnant」を実行した。The Last RemnantではGeForce GTX 580が解像度1920×1200ドットまでトップだったが、2560×1440ドットでRadeon HD 5970に逆転を許した。しかし、その差は5fpsとわずかで、これをシングルGPUで実現していることを忘れてはならない。

 DirectX 10に対応したゲームタイトルの検証では、「BIOHAZARD 5」のDirectX 10版と「H.A.W.X.」のDirectX 10版を実行した。BIOHAZARD 5では、2560×1440ドットでもRadeon HD 5970とほぼ変わらないスコアを出している。H.A.W.X.ではすべての解像度でGeForce GTX 580がトップスコアをマークしている。

 DirectX 11に対応したゲームタイトルの検証では「DiRT2」、「LostPlanet 2」、「Unigine Heaven 2.1」、「H.A.W.X.2」をテストした。なお、DiRT2ではRadeon HD 5970の動作が安定しなかったため、グラフから除外した。この検証では、GeForce GTX 580の結果はRadeon HD 5870に対して200%超のスコアを出し、LostPlanet 2、Unigine Heaven 2.1、H.A.W.X.2では、GeForce GTX 580がRadeon HD 5970を上回る。この3タイトルはどれもテッセレーションの使用量がそれなりにあるタイトルだ。テッセレーションを多用するDirectX 11のゲーム環境を楽しむなら、GeForce GTX 580は現時点で最も力のあるGPUといっていいだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー