「ちょっとだけAMDのターン」――Phenom II X4&X6が価格改定古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

» 2011年02月14日 10時07分 公開
[古田雄介、吉川慧,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

極薄ディスプレイや最強HDD対応のHDDスタンドなど

 液晶ディスプレイで話題を集めたのは、LG電子の「FATRON E2290V-SN」だ。LEDバックライトを採用した21.5型ワイドのフルHD液晶で、最薄部7.2ミリのスリムなデザインを実現しているのが特徴。スタンド込みのサイズは551.4(幅)×135(奥行き)×399.3(高さ)ミリで、価格は2万8000円弱。入荷したフェイス秋葉原本店では、インパクトの強い横側からデモ機を観察するユーザーが多かった。「スタンドに電源コネクタや入力端子が集約されているので、多少ゴツくなっていますが、液晶自体の薄さに感動する方が多いですね。本当薄いので、リビングに置いても栄えると思いますよ」(同店スタッフ)。

LG電子「FATRON E2290V-SN」

 そのほかのジャンルでは、AREA(エアリア)からHDDスタンド「男の山脈 SD-U3HD1-S1」が登場している。価格は3000円弱で、マシンとはUSB 3.0で接続する。入荷したパソコンハウス東映は「USB 3.0接続で3TバイトHDDに対応するということで注目を浴びています。また、5インチや2.5インチドライブもセットできるので、SSDはもちろん、光学ドライブを外付けで使うこともできます。汎用性が高いので、入荷してすぐに売れていますよ」と話していた。

 5インチベイアイテムでは、サイズの「鎌キャビネットPRO」が人気だ。1300円弱で出回っており、バリエーションは4種類そろえている。アルミパネルタイプは黒とシルバー、黒メッシュの3種類で、プラスチックパネルの黒も用意。5インチベイにセットする小物入れだが、内部にLEDライト2基を内蔵しており、小物入れ内が照らされる仕組みとなっているのが特徴だ。

 低価格のため、目的のパーツのついでに購入するユーザーも多いということで、パソコンショップ・アークは「空いているベイがあるなら、便利かもしれません」とサラリとプッシュしていた。

AREA「男の山脈 SD-U3HD1-S1」(写真=左)。サイズ「鎌キャビネットPRO」(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月27日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー