「日本でも流行ったらいいね」――Windows 7搭載タブレット「ICONIA TAB W500」の国内版がデビュー古田雄介のアキバPickUp!(1/2 ページ)

» 2011年05月23日 14時33分 公開
[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

アキバのショップで注目されるタブレット製品

エイサー「ICONIA TAB W500」

 フェイス秋葉原本店のショーケースで目立っていたのは、エイサーのWindows 7搭載タブレット「ICONIA TAB W500」だ。CPUとGPUを融合したデュアルコアのFusion「AMD C-50」を採用した10.1型液晶採用モデルで、32ビット版Windows 7 Home Premiumをインストールしている。32GバイトのSSDを内蔵し、バッテリー駆動時間は約6時間。重量は約0.97キロだ。価格は6万円弱。

 iPad 2やAndroid 3.0搭載端末が注目を集め、アキバ各ショップでもタブレット端末が話題を集めている。同店はICONIA TAB W500もその流れに乗ることを期待していた。「HDMI出力はもちろん、USB 2.0やSDメモリーカードスロットを搭載するなど、普通にPCとして使えるインタフェースを備えています。既存のマシンと連携して、手軽にマルチメディアコンテンツを再生できるのが魅力です。Windows系のタブレットは何度か出回っていますが、タブレット市場がここまで注目されたのは初めて。この流れに乗って祈願のブレイクとなったらいいですね。海外ではわりと受け入れられているようなので、それが日本にも来ればと期待しています」と語る。

 なお、4月には英語OSを搭載した直輸入版の「ICONIA TAB W500」も出回った。価格は7万円前後だったが、キーボードなどとの接続に使えるドッキングボードを付属するなど、国内版と仕様が異なっていた。

本体サイズは275(幅)×15.95(奥行き)×190(高さ)ミリ(写真=左)。左側面にHDMI端子やSDメモリーカードスロットを備える。右側面にはUSB 2.0端子が並ぶ(写真=中央)。Windows 7を起動したところ(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月14日 更新
  1. これを待ってた! ロープロ版GeForce RTX 4060搭載カードがASUSから登場! (2024年04月13日)
  2. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  3. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  4. 「SwitchBot ハブ2」と「ハブミニ(Matter対応)」のMatter機能がアップデート 多くの同社製デバイスがホームアプリで操作可能に (2024年04月13日)
  5. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  6. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  7. “みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた (2024年04月12日)
  8. Amazonのタイムセールが「スマイル SALE」に変更 4月19日からゴールデンウィークセール開催 (2024年04月13日)
  9. Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始 (2024年04月12日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー