レビュー
» 2012年03月13日 11時00分 公開

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:真空管×3+外付け電源の独特仕様、女性ヴォーカルが引き立つ絶妙サウンドに──DONY AUDIO「DN-68351」 (2/2)

[野村ケンジ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

USBを含む計4系統の入力、インピーダンスも3段階に切り替え可能

 入力系は、USB(デジタル)、アナログRCA×2、ライン(ステレオミニジャック)×1の、合計4系統を用意する。フロントパネルには左に入力セレクター、右にボリュームの調整つまみがある。メインの電源スイッチは、本体でなく外付けの電源ユニット側に備わる。

photophoto リアにUSB、アナログRCA×2、ライン(ステレオミニ)、計4系統の入力端子、アナログRCA×1の出力端子を備える。このほか、ヘッドフォン出力用のインピーダンスを3段階に切り替えるスイッチもある。フロントは入力切替とボリューム、6.3ミリの標準ヘッドフォン出力端子、UVメーターが備わる

 出力系は、フロントのヘッドフォン出力のほか、リアにアナログRCA×1を用意する。このRCA出力はヘッドフォン出力と排他ではなく、本機でのボリュームコントロールが可能である半面、ヘッドフォンを接続しても音は出るままの仕様となる点は若干注意したい。ヘッドフォンからのみの出力にしたい場合は、RCAに接続したパワーアンプ(など)の電源を切る/ボリュームを絞るといった作業が必要がある。

 ヘッドフォンに関しては、ヨーロッパブランドのハイインピーダンス製品も対応可能とするよう、背面のスイッチによりインピーダンスをロー(32オーム)/ミドル(120オーム)/ハイ(300オーム)の3段階に切り替えられる。モニターヘッドフォンのAKG「Q701」(インピーダンス:62オーム)で試したが、“ミドル”の位置でしっかり対応できたので、たいていの製品においても問題はないと思う。

 真空管の交換も可能なようだ。本体の裏ふたを外し、基板の中央にあるネジを外すと真空管上側のカバーが外れるようになっている。

女性ヴォーカルはよりなまめかしく、アコースティックギターも絶妙で気持ちよく聞けるサウンドに

photo  

 では試聴しよう。

 サウンドの傾向は、真空管ならではの柔らかさと心地よい響きを持ちつつ、カッチリしたキレのよさもある。そのバランスはかなり良好だ。アコースティックギターなどが顕著で、カッティングの切れは鋭いが、胴鳴りの響きは柔らかで心地よいという、何とも絶妙で気持ちよく聴けるサウンドに仕上がっている。

 また、外付けとした電源ユニットが功を奏したのか、S/N感も悪くない。音のニュアンスをかなり細やかに感じ取れるのに驚いた。特に魅力的に感じるのが女性ヴォーカル。少しハスキー気味になる傾向はあるが、なまめかしい肉感をしっかり感じられるようになる。

 より生き生きとなる歌声により、聞き慣れた歌・アーティストの違った魅力を発見する──。DN-68351はそこそこ手ごろな価格ながら、そんな魅力的な音楽の楽しみ方を実現できる1台だ。


photophoto 本連載では、ブックシェルフスピーカーのELAC「BS52.2」とモニターヘッドフォンのAKG「Q701」を試聴のベース機器に用いている
音質評価  
解像度感 (粗い−−○−−きめ細かい)
空間表現 (ナロー−○−−−ワイド)
帯域バランス (低域強調−−−○−フラット)
音色傾向 (迫力重視−−○−−質感重視)



●「DONY AUDIO DN-68351」を上海問屋で購入する
3本の異なる真空管を搭載したヘッドフォン/プリアンプ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう