ニュース
» 2012年04月07日 14時22分 公開

マザーだけで深夜販売……だと!? ツートップが7日の深夜23時に臨時開店週末アキバ特価リポート(2/2 ページ)

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

クレバリー秋葉原店にて、売価1万円の展示放出マシンを発見!

AMD E-350を搭載したスリムマシン「Express-PC Slim E35」。通常5万9800円のところを3万9800円で販売している

 リニューアルオープンした3月以降、クレバリー秋葉原店には同社BTOマシンの特価品が多数用意されており、今週末も1万円引きや2万円引きのマシンが置かれている。その中に、詳細なスペックが書かれていない段ボールが1つだけ紛れていた。

 段ボールには「展示BTO 大奉仕特価!?」と書かれたPOPが張られており、価格は1万円となっている。500GバイトのHDDを内蔵しており、「これにOSを入れるとあっという間に動くPCになるかも??」という。キーボードとスピーカーも同梱する。

 ショップスタッフは「POPに書かれている以上のことは言えないのですが……まあ、開けてからのお楽しみなジャンクPCと思っていただければ。ウチ、こういうこともたまにやるんですよね」と、アピール色を一切出さず、控えめに語っていた。ジャンクとして、わくわく感を楽しめる人におすすめだ。

ナゾの1万円マシン

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.