連載
» 2012年08月16日 11時00分 公開

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8」:速報! Windows 8 RTMがやってきた! (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

企業ユーザーのための“期間限定体験版”

 このほか、企業導入を検討しているユーザーや「ちょっとだけ試してみたい」と考えているユーザーのために、「Windows 8 Enterprise Editionの90日間無料トライアル」というオプションも用意している。MSDNに「Download Windows 8 Enterprise Evaluation」というWebページがあり、ここからWindows 8 Enterprise EditionのISOイメージ(32ビット版と64ビット版)が入手できる。英語版だけでなく日本語版もあるので、実質「Windows 8 Pro」の上位互換にあたるエディションの試用版といえる。ただし、利用条件が厳しく、次の点に注意が必要だ。

  • 90日間限定のトライアル版であり、通常版へのアップグレードはできない
  • クリーンインストールのみ
  • 利用期間は最長で2013年8月15日まで
  • 未アクティベート期間が10日を過ぎる、あるいは90日間の試用期間を過ぎると1時間ごとに自動シャットダウンが始まる


 あくまで「ユーザーの環境がWindows 8に合致しているかテストしたい」「購入前に試用したい」といった用途以外で導入するのは難しい。今後も使い続ける予定があるなら、TechNetやMSDNの利用を勧めたい。

 また、Windows PCではなく、「Mac OSにWindows 8をインストールしたい」と考えているユーザーもいるだろう。これに関する情報が、Appleのサポート掲示板内にまとめられている。「How To Install Windows (8) On Mac」というスレッドには、Windows 8をMacにインストールするためのノウハウがリンクでまとめられている。

 Boot Campを使った例では、「(光学ドライブのないPCで)USBフラッシュドライブからのインストール」といった情報もある。Boot Camp以外では、Parallelsなどの仮想化ソフトウェア上へのインストール成功例もいくつか報告している。まだ動作は不完全なようだが、Boot Campでのインストールが面倒と考えているユーザーはこちらの方法も試してみるといいだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう