レビュー
» 2013年02月04日 17時30分 公開

Windows 8世代のスタンダードPCが見えてきた――「VAIO Tシリーズ15」実力診断Ultrabookでもタッチパネル付きの大画面フルHD液晶を搭載(1/4 ページ)

ソニーのUltrabook「VAIO T」シリーズに15.5型モデルが加わった。アルミ天板のフルフラットボディはそのままに、フルHDの大画面、タッチパネルを搭載。これぞWindows 8世代のノートPCだと納得できる使いやすさだ。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

ソニーから15.5型フルHD液晶を搭載したUltrabookが登場

15.5型フルHD液晶ディスプレイを搭載したソニーのUltrabook「VAIO Tシリーズ15」

 2013年春、「VAIO」のUltrabookは選べる4サイズに――。

 2012年夏モデルから投入された新しい「VAIO T」シリーズは、VAIO初のUltrabookとして注目を集めるスタンダードな薄型ノートPCだ。当初は11.6型と13.3型の2サイズを用意していたが、2012年秋冬モデルでは14型を追加、2013年1月29日に発表された2013年春モデルではさらに15.5型が登場し、ラインアップは4サイズ展開まで広がった。

 また、15.5型モデルはフルHD対応の液晶パネルを搭載すること、13.3型以上の3モデルはすべてタッチパネルを採用したことも大きなトピックだ。上位シリーズの「VAIO S」はいまだにタッチパネル非対応だが、VAIO TはWindows 8時代のUltrabookとして、着実に進化を続けている。

 今回は2月9日の発売に先駆け、新たに追加された15.5型の「VAIO Tシリーズ15」から、店頭販売向け標準仕様モデルの上位機「SVT15119CJS」を入手したので、じっくりと各部をチェックしていこう。

上質感のあるフルフラットボディは大画面でも健在

 先端から後端までフルフラットなボディのイメージは、従来のVAIO Tシリーズと共通だ。素材にアルミニウムを使用し、ヘアライン加工を施したシルバーの天板は重厚かつ高級感があり、ベースボディも丁寧な仕上げで、ソニーの製品らしい上質な存在感がある。これまでのVAIO Tシリーズと同様、剛性にも不安はない。

 しかし、画面サイズが15.5型ワイドで光学ドライブも内蔵するとあって、やはりボディは大きく、手で持つとずっしりとした重さを感じる。本体のサイズは379(幅)×255(奥行き)×22.8(高さ)ミリ、重量は約2.35キロだ。重量の実測値は2.271キロと公称値より軽かったが、当然ここまでくるとモバイルノートPCの範ちゅうには入らない。

 それでも、Ultrabookの要件(画面サイズ14型以上のタッチパネル搭載モデルは23ミリ以下)をギリギリでも満たすだけあって、15.5型ワイドの大画面を備えたノートPCとしては十分スリムで軽いほうだ。フラットなフォルムから可搬性は高く、社内や家庭内など、短い距離で場所を移動して使うのは苦にならないだろう。

天面はヘアライン加工のアルミニウムを用いており、なかなかの高級感だ(写真=左)。液晶ディスプレイ部のフレームとキーボードはブラックで、シルバーとのツートーンカラーになっている(写真=右)。大画面の15.5型ワイド液晶と光学ドライブを搭載したボディでも、VAIO Tシリーズの特徴となるフルフラットなデザインは保持している

Ultrabookにしては珍しくメンテナンス性も良好

 本体底面に装着しているリチウムイオンバッテリーの容量は43ワットアワー(11.4ボルト/3760ミリアンペアアワー)で、公称のバッテリー駆動時間は約5.5時間とされている。バッテリーはカートリッジ方式を採用しており、底面のコインネジを外すだけで、容易に交換可能だ(ただし、バッテリーの単体販売は行われていない)。

 また、底面からはSSD/HDD用の2.5インチベイ、2基のメモリスロットにも比較的容易にアクセスできる。薄型軽量に注力したUltrabookをはじめ、最近はこういったメンテナンスしやすい製品が少なくなってきているだけに、(メーカー保証対象外の行為であっても)自分でメンテナンスを行いたいユーザーにとっては貴重な存在に違いない。

 付属のACアダプタは、突起部を除くサイズが45(幅)×107(奥行き)×28(高さ)ミリ、重量が本体のみで215グラム、電源ケーブルを含めた総重量で260グラム(実測値)だった。15型クラスのノートPC用ACアダプタとしては小さく、旅行や出張などで持ち出しが必要な場合でも、特に邪魔になるようなサイズではない。

バッテリーはコインネジで固定されており、簡単に着脱できる(写真=左)。ACアダプタは、15型クラスのノートPC用としては小ぶりだ。底面にあるネジ止めされたカバーをドライバーで開けると、HDDベイや2基のメモリスロット(DDR3L SO-DIMM)にアクセスできる(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  4. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  5. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  6. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  7. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
  10. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー