特集
» 2013年09月10日 11時00分 公開

「Nexus 7(2013)」の液晶を測色器でチェック――初代機やiPad miniと比較Nexus 7(2013)をもっと知りたい(1)(2/2 ページ)

[前橋豪, 撮影:矢野渉,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Nexus 7(2013)の液晶はどれだけ鮮やかな色が出せる?

 次にi1Proで作成した新旧Nexus 7のICCプロファイルをMac OS XのColorSyncユーティリティで表示し、それぞれの色域を比較した。

 結果は以下の通りで、グラフ内で色が付いた面積が広いほど、表示できる色の範囲が広く、鮮やかな発色が得られることを意味する。色が付いている部分がそのディスプレイで再現できる色域、薄いグレーで重ねて表示してあるのはsRGBの色域だ。

Nexus 7(2013)Nexus 7(2013)Nexus 7(2012) Mac OS XのColorSyncユーティリティで表示した各タブレットのICCプロファイル。左がNexus 7(2013)の1台目、中央がNexus 7(2013)の2台目、右がNexus 7(2012)のグラフ

 Nexus 7(2013)の2台は、sRGBの色域をほとんどカバーしており、タブレットとしては色域が広い。sRGBより色域がかなり狭いNexus 7(2012)と比較して、より色鮮やかな表示が可能だ。Nexus 7(2012)の発色も悪くはないが、Nexus 7(2013)と並べると、かなりあっさりした色味に見える。

Nexus 7(2013) 左がNexus 7(2013)、右がNexus 7(2012)のカラーグラデーション表示。Nexus 7(2013)のほうが広色域なので、全体的に色鮮やかだ
Nexus 7(2013) 左がNexus 7(2013)、右がNexus 7(2012)の写真表示。赤の彩度が大きく異なり、違う果物のようだ
Nexus 7(2013) 左がNexus 7(2013)、右がNexus 7(2012)の写真表示。Nexus 7(2013)はみずみずしい新緑が印象的だ
Nexus 7(2013) 左がNexus 7(2013)、右がNexus 7(2012)の写真表示。空と海の青がまったく違っている

全面的に表示品質が向上したNexus 7(2013)

 今回のテスト結果では、Nexus 7(2013)が単に高解像度・高画素密度になっただけではなく、最大輝度や階調再現力、色域も強化され、総合的な画質が大きく向上していることが分かった。現在販売されている7型タブレットでは、最高級の画質といえる。

 電子書籍などで細かい文字もつぶれず滑らかに表示できるほか、映像コンテンツを明るく色鮮やかに再生できるため、さまざまな用途で高画質化の恩恵を受けられるはずだ。

 特に画素密度の高いスマートフォンの表示に目が慣れて、既存の7型タブレットの表示が粗く見えて困っているような方には、Nexus 7(2013)を強くおすすめしたい。

オマケ――「Nexus 7(2013)」と「iPad mini」の液晶ディスプレイを比較する

Nexus 7(2013) 左が「Nexus 7(2013)」、右が「iPad mini」

 Appleの7.9型タブレット「iPad mini」とも画質を比較してみた。Nexus 7はモデルチェンジしたばかりで、対するiPad miniは2012年11月に発売された製品ということもあり、時期的にiPad miniが不利となる点はご留意いただきたい。

 テストしたiPad miniは、色温度が適正(6500K)に近い一方、画素密度、明るさ、ガンマカーブの正確さ、色域ではNexus 7(2013)が勝っていた。総合的な画質は、Nexus 7(2013)のほうが明らかに上だ。

 しかし、iPad miniはアスペクト比4:3の7.9型液晶ディスプレイを採用し、電子書籍やWebページの一覧性が高い点は覚えておきたい。また、年内に次期モデルが登場するとみられており、Retinaディスプレイの採用でNexus 7(2013)を一気に抜き去る可能性もある。年末に向けて、定番7型タブレッドの新モデル対決がヒートアップしそうだ。

Nexus 7(2013)、Nexus 7(2012)、iPad miniの液晶ディスプレイ
製品名 Nexus 7(2013) Nexus 7(2012) iPad mini
画面サイズ 7型ワイド 7型ワイド 7.9型
画面アスペクト比 16:10 16:10 4:3
液晶パネル方式 IPS IPS IPS
画面解像度 1920×1200ドット 1280×800ドット 1024×768ドット
画素密度 約323ppi 約216ppi 約163ppi
表面仕上げ グレア グレア グレア
Nexus 7(2013)Nexus 7(2012)iPad mini 左が約323ppiのNexus 7(2013)、中央が約216ppiのNexus 7(2012)、右が約163ppiのiPad miniでPC USERの右カラムにあるランキングの一部を同じサイズに表示した例(クリックすると拡大表示)。精細さの違いは一目瞭然だ
Nexus 7(2013)Nexus 7(2012)iPad mini i1Proの計測結果から抜き出したガンマ補正カーブ。左がNexus 7(2013)の1台目、中央がNexus 7(2012)、右がiPad miniのグラフ。ちなみにiPad miniの色温度は約6800K、輝度は約310カンデラ/平方メートルだった
Nexus 7(2013)Nexus 7(2012)iPad mini Mac OS XのColorSyncユーティリティで表示した各タブレットのICCプロファイル。左がNexus 7(2013)の1台目、中央がNexus 7(2012)、右がiPad miniのグラフ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう