特集
» 2014年12月30日 09時00分 公開

2014年下半期で忘れられない「SSD」「小型ベアボーン」「ゲーミングキーボード」PC USERアワード(2/2 ページ)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

小型ベアボーン

2014年下半期のおすすめ「小型ベアボーン」――ITmedia PC USER編集部が選ぶ
GOLD ZBOX OI520(ZOTAC)
SILVER LIVA(ECS)
BRONZE XPC XH97V(Shuttle)

 ゴールドを受賞したZOTAC「ZBOX OI520」は、背面のインタフェース部分こそ四角い形をしているが、それ以外のケースはきれいな黒い球体だ。CPUは、Core i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz、2コア/4スレッド、TDP15ワット)を載せている。メモリスロットはDDR3L-1600対応の2基で最大16Gバイト実装可能。Serial ATA 6GbpsとmSATA 6Gbpsを用意するほか、映像出力インタフェースとしてHDMIとDisplayPortを備える。

「ZBOX OI520」

 シルバーを受賞したECSの「LIVA」は、ボディカラーを従来のブラックからホワイトに変えたほか、データストレージの容量を64Gバイトに増やし、CPUにBay Trail-M世代のSoC「Celeron N2807」(1.58GHz/2.16GHz、2コア2スレッド、最終レベルキャッシュ1Gバイト、TDP4.3ワット)を採用したモデルが登場したほか、組み立て済みのLIVAにWindows 8.1 with Bingを導入したモデルを投入している。さらに、12月には新デザインでシステムメモリを4Gバイトに増やしたほか、拡張スロットとしてmSATAも備えた「LIVA X」を発表した。

「LIVA X」

 ブロンズを受賞したShuttleの「XPC XH97V」は、Intel H97 Expressチップセットを搭載して4K映像出力に対応した。TDP 65ワット以下のHaswellやHaswell Refreshが搭載できるモデルで、5インチスリムドライブと3.5インチドライブを各1台、2.5インチドライブを2台載せることが可能だ。

「XPC XH97V」

ゲーミングキーボード

2014年下半期のおすすめ「ゲーミングキーボード」――ITmedia PC USER編集部が選ぶ
GOLD Gaming K95 RGB(Corsair)
SILVER RED dragon(上海問屋)
BRONZE METALCAPS(Thermaltake)

 ゴールドを受賞したCorsairの「Gaming K95 RGB」は、キーのスイッチに独メーカーZF ElectronicsのCherry MXを採用して5000万回の打鍵に耐える耐久性を持つほか、強い力で打ち込んでもキーボードのボディが破損しないようにアルミニウムのフレームを採用している。

 また、フルカラーが利用できるLEDイルミネーションでは、動的に対応するゲームタイトルで、プレイヤーキャラクターの体力ポイントが下がってきたり、撃たれて出血したりしたりなど、ゲームの状況に合わせたイルミネーションパターンが可能になる予定だ。

「Gaming K95 RGB」

 シルバーを受賞した上海問屋の「RED dragon」は、7色に光るLEDを搭載した英語配列のゲーミングキーボードで、ブレス機能をオンにすると、多段階でゆっくりと光が明滅する。また、FPSゲームで多用するA/S/D/Wキーが入れ替え可能だ。

「RED dragon」

 ブロンズを受賞したThermaltakeの「METALCAPS」は、Tt eSPORTS認証キー、およびCherry MXキースイッチに対応した交換用のキートップで、独特のキータッチを楽しめる合金削り出し素材を採用している。11月には、Project WhiteとThermaltakeのTt eSPORTSブランドとのコラボレーションモデルとして、ゴールドメタリックカラーを採用した数量限定の「METALCAPS GOLD SP」も登場している。

「METALCAPS GOLD SP」

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.