レビュー
» 2016年06月21日 06時00分 公開

黒いアルミボディーに1680万色キーバックライト――男心をくすぐる12.5型Ultrabook「Razer Blade Stealth」をひもとく4Kディスプレイも選べる、外付けGPUも接続できる(2/6 ページ)

[鈴木雅暢, 撮影:矢野渉,ITmedia]

13.1ミリのフルフラットボディは質感も抜群

 フラットなフォルムの薄型軽量のボディは、高精度CNC加工により、アルミニウムを削り出して製造されているというだけあって質感が高い。天面にはRazerのシンボルであるトリプルヘッドスネーク(三つ首のヘビ)のロゴがあり、電源オン時には鮮やかな緑色に点灯して存在感を強烈に主張できる(ユーティリティで光らせないことも可能)。

 ボディの具体的なサイズは、約321(幅)×206(高さ)×13.1(奥行き)ミリ、重量は約1.25キロ(実測1247グラム)だ。横に少し長いが、それ以上に13.1ミリの薄さが際立つ。ブリーフケーススタイルのビジネスバッグにもすっきりと収まる。

Razer Blade Stealth 天面にはRazerおなじみの三つ首のヘビをモチーフにしたロゴは透過素材となっており、電源オン時には鮮やかな緑色に光る
Razer Blade Stealth 底面もシンプルだ。前部と後部のゴム足で支えている。グリップ力は十分だが、摩耗しやすく見た目も良いとはいえず、素材には改良の余地があるように思える
Razer Blade Stealth 左側面には奥に充電用端子を兼ねるThunderbolt 3対応USB 3.1 Type-Cポート、USB 3.0(Type-A)ポート、ヘッドセット端子がある
Razer Blade Stealth ディスプレイを最大まで開いたところ。右側面には奥側にHDMI1.4出力とUSB 3.0(Type-A)がある
Razer Blade Stealth 前面
Razer Blade Stealth 背面
Razer Blade Stealth Thunderbolt 3/USB Type-Cポートを充電端子として利用する出力45ワット仕様のACアダプターが付属する。大きさは45ワット仕様としては標準的な部類だろう。ACケーブルは3ピンで少し太めだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう