ニュース
» 2018年01月25日 17時30分 公開

CES 2018:見た目変わらずいろいろ“進化”――第6世代「ThinkPad X1 Carbon」の注目ポイント (2/2)

[井上翔,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Webカメラ:一部構成で「物理シャッター」を用意

 第6世代X1 Carbonには「720p(1280×720ピクセル)Webカメラ」または「720p Webカメラ+赤外線カメラ」を搭載できる。

 前者の構成では、カメラを物理的に遮る「ThinkShutter(シンクシャッター)」もセットで搭載される。これは「使わない時にWebカメラを隠したい」「Webカメラで監視されている気がして不安」といった声が寄せられたことから搭載されたもので、ThinkPadの2018年モデルの一部で展開されている。

 一方、後者の構成ではWindows Helloの顔認証を利用できる。標準の指紋認証センサーと合わせて、シーンに合わせて都合の良い生体認証を選択できることが魅力だ。ただし、スペースの都合からWebカメラのThinkShutterは付かない。

 なお、どちらの構成でも「音声認識を使ったAIエージェント機能をより便利に使うため」(説明員)に内蔵マイクが無指向かつ高感度なものに変更されている。AIエージェントはWindows 10の「Cortana」の他、後日のソフトウェア更新で「Amazon Alexa」にも対応する予定だ。

ThinkShutter Webカメラのみの構成では「ThinkShutter」と呼ばれる物理的なシャッターが搭載される
赤外線カメラ 赤外線カメラを合わせて搭載する構成ではスペースの都合からThinkShutterは付かない

SIMカード:「Micro」から「Nano」に

 第6世代X1 Carbonでは、第5世代同様にLTE通信モジュール内蔵モデルも用意する。本体背面のSIMカードスロットも第5世代と一見すると同じだが、対応するカードのサイズが「Micro」から「Nano」サイズに変更されている。

 昨今のスマートフォンや携帯電話では、Nano SIM対応の端末が主流になりつつある。それを踏まえると、現実的な仕様変更ともいえる。

Nano SIM対応に LTE通信モジュール用のSIMカードスロットはNano SIM対応に変更された

日本発表はいつ?

 現在のところ、ThinkPad X1 Carbonの第6世代モデルの日本発売は未定だ。ただし、日本語の製品情報ページは既に用意されているため、日本でも販売する前提で準備が進められているものと思われる。

 第5世代の時は、米国発表から日本発表まで約1カ月かかっている。第6世代も同様だと仮定すると、2月上旬にレノボ・ジャパンから何らかの発表があると思われる。

 続報に期待したい。

取材協力:Consumer Technology Association

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう