プロナビ
ニュース
» 2019年05月10日 16時07分 公開

日本マイクロソフト、オフィス向け大画面デバイス「Surface Hub 2S」国内予約受付を開始

日本マイクロソフトは、Windows搭載大画面デバイス「Surface Hub 2S」の予約受付開始を発表した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは5月10日、Windows搭載大画面デバイス「Surface Hub 2S」の予約受付開始を発表した。予想実売価格は99万9800円(税別、以下同様)。出荷開始時期は2019年9月となっている。

photo
photo Surface Hub 2S

 3840×2560ピクセル表示に対応した50型タッチパネル液晶ディスプレイを備える大画面デバイス。OSとしてWindows 10を導入しており、各種アプリケーションの動作などを行うことができる。Office 365やデジタルホワイトボードアプリのMicrosoft Whiteboard、Microsoft Teamsのグループチャットなどを自然に使えるよう設計されており、ホワイトボードを用いた議論をスムーズに行える。

photophoto


 また本体の発表に合わせ、アクセサリー製品の「Surface Hub 2 カメラ」「Surface Hub 2 ペン」も合わせて発売される(予想実売価格はそれぞれ1万6800円、2万2800円)。

photophoto Surface Hub 2 カメラ(左)、Surface Hub 2 ペン(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう