ニュース
» 2020年01月10日 18時15分 公開

CES 2020:折り曲げられる「ThinkPad X1 Fold」や5G対応の「Yoga 5G」が登場 Lenovoの新型PCレポート (1/2)

「CES 2020」の開催に合わせて、Lenovoがいくつかの新製品を発表した。この記事では「ThinkPad X1 Fold」など実機展示があったものを写真を交えて紹介する。

[山口健太,ITmedia]

 1月7日(米国太平洋時間)から米ラスベガスで開催している「CES 2020」に先駆けて、Lenovoが新製品を多数発表した。

 同社は会場の一角に報道関係者やパートナー企業向けのプライベートブースを開設。フォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」や5G対応の「Yoga 5G」を始めとする新製品の実機が展示された。

 この記事では写真を中心に、Lenovoの主要な新製品の特徴をレポートする。

ThinkPad X1 Fold:フォルダブルでもThinkPadクオリティを維持

 Lenovoが2019年5月以降にプレビュー公開してきたフォルダブルPCが、いよいよ「ThinkPad X1 Fold」として正式発表された。ブースでは、実際に操作できる本体が展示された。ただし、キーボードやペンはモックアップだった。

ThinkPad X1 Fold ThinkPad X1 Fold(Windows 10で稼働)

 画面はLG Display製の折り曲げられる13.3型有機ELディスプレイで、解像度は2048×1536ピクセル、アスペクト比は4:3となる。1つの画面として使うだけでなく、9.6型の画面を2つ並べたマルチスクリーンとしても利用できる。

 背面はレザーカバーで保護されており、折りたたむと大型の手帳のような外観になる。カバーは簡易スタンドとしても機能し、本体を立てかけることでデスクトップPCのように利用できる。

簡易スタンドで立てる図 カバーにある簡易スタンドで本体を立てると、デスクトップPCのように使える(展示機のキーボードとペンはモックアップ)

 本体にはBluetoothキーボード「Bluetooth Fold Mini Keyboard」が1つ付属しており、画面の下半分に重ねることでノートPCのように利用できる。キーボードはマグネットで固定され、本体からのワイヤレス給電を受けられる仕組みだ。

 キーボードを画面上に置いたまま、ノートPCのように折りたたむこともできる。キーボードなしで折りたたんだ場合は、画面は完全には重ならず、すき間が少しできる。基本的にはキーボードを挟んだ状態で持ち歩くことを想定しているようだ。

キーボードを重ねた図 キーボードを重ねてノートPCのように使える
キーボードなしで折りたたんだ図 キーボードなしで折りたたむと完全には重ならず、すき間ができる
キーボードを挟んで折りたたんだ図 キーボードを挟んだまま折りたたむときれいに重なる

 フォルダブル端末で気になる中央の“折れ目”については、指で触れてみた限りでは凹凸感は感じられず、斜めから見ても目立たなかった。

 ThinkPad X1 Foldは、まずWindows 10をプリインストールして2020年半ばに発売される。その後、2画面PC向けの「Windows 10X」を搭載したモデルも提供するという。

 OSをWindows 10からWindows 10Xにアップデートができるかどうかは、Microsoftが情報を公開していないため、現時点では未定となっている。

折れ目 中央の「折れ目」はほぼ気にならない
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう