ニュース
» 2020年01月14日 12時15分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:Windows 7終了特需で伸びるSSD、しかし値上がりが進む (2/4)

[古田雄介,ITmedia]

Windows 7終了特需で伸びるSSD、しかし値上がり傾向

 1月14日のWindows 7サポート終了の関係で、年始のアキバではブート用やバックアップ用として2.5インチSSDの売れ行きが伸びている。ただ、速報記事でお伝えしたように、既に一部のショップではフラッシュ系パーツ全般の値上がり傾向が見られるようになっている。

 テクノハウス東映は「SDメモリーカード関連とSSDは一部でもう値上がりしていますね。年末までにギリギリまで値下がりしていた反動という面もありますし、夏頃に向けて供給を抑えているといううわさもあります」と語る。

テクノハウス東映 テクノハウス東映のメモリカード売り場。既に値上がりの影響が出ている
テクノハウス東映 週末特価のSSDは年末から値段据え置きだが、「それもそろそろ限界」とのこと

 別のショップも「5G系の次世代スマホなどに使うフラッシュメモリが既に押さえられていると聞きますね。だから、NANDメーカー以外のところは受注を停止していたり、仕入れ値がグンと上がっていたりするところも少なくないです」とこぼしていた。

 そうした影響は2月の旧正月頃にピークを迎えるとの見方が多い。オリオスペックは「まだ各店や代理店の在庫でやりくりできている側面がありますが、そのうち吸収しきれなくなりますから。すると値動きが顕著になるでしょう」という。メモリやSSD、メモリカードなどが必要な人は早めに動くのが得策かもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう