プロナビ
連載
» 2020年04月20日 08時30分 公開

そろそろ会議やめませんか:「テレワークの新しいマナー」なんていらない (1/3)

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するための緊急事態宣言以降、仕事のスタイルが大きく変わり、テレワークの普及が著しい。しかし、新しい秩序には新しいマナーが必要……なのだろうか。

[西田宗千佳,ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、多くの人々が出社せず、いわゆるテレワークを活用するようになった。

 もちろん、物流や販売、工事の現場など、テレワークが導入できない職種もたくさんある。最前線である医療現場はいうまでもない。そうした人々が少しでも安心して働けるよう、「できる人は可能な限りテレワークを実現する」のが今のフェーズだと思う。

 一方で、テレワークについて「こうしなければいけない」というマナーについての議論が出始めているのが気になる。

 筆者は真剣にこう思う。

 「テレワークのための新しいマナーなんていらないんじゃないか」と。

 今回は、その意味と価値について考えてみよう。

Zoom 筆者はSnap Cameraを使い、多くのビデオ会議でバーチャル壁紙を使っている

テレワークに「無用なマナー」を持ち込むな

 現在のテレワークは完璧なものではない。

 テレワーク/テレイクジステンス(遠隔存在)を多数取材してきて、日常的に「どこでも仕事できる」ことを旨としてやってきた筆者のような自営業者の目から見ても、「実践してみるとやりにくい部分もあるな」とは思う。

 特にビデオ会議などでは、今までの「実際に会って行う会議」との違いから、やりにくさ/違和感を覚える人も少なくないだろう。それは、技術的/方法論的な面で、やはりまだ至らない点があるせい、ということもできる。

 ただ同時に、「オンラインだとマナーが欠けているから」という視点を持ち込まれることには、強い危惧も覚える。

 「オンライン会議を終わる時、取引先や目上の人がログアウトするまで出ない」

 「相手に不快感を与えないよう、背景はバーチャル背景を使わなければならない」

 「例え画面越しであっても、相手の目をしっかり見て話す」などだ。

 そんなことを主張する記事も出始めている。

 実に馬鹿らしい。

 もちろん、一緒に仕事をする相手に敬意を払い、お互いが快適な仕事環境を実現しよう、という努力をすることは重要で、否定すべきものではない。だが、「マナー」という謎のルールとして強制力を持つ形で定めていくことに、あまり意味があるとは思えない。そういう無形の圧力を減らしていくことこそ、働き方を楽にする上で重要なことなのではないだろうか。

 そもそも、「マナーであり、守るべき礼儀である」と思っているものの中には、テレワークの場合「無理だし無駄」なものも多い。

ビデオ会議では「相手の目を見て話せない」

 ビデオ会議を使ったテレワークのうち、「礼儀的に必要そうに見えて無理だし無駄」なのが「相手の顔を見て話す」ことだ。

 実際に人と会って話す際には、確かに重要で推奨されることだろう。だが、ビデオ会議においては意味が薄い。

 なぜなら「それはとても難しいこと」だからだ。理由は、「カメラの位置と画面の位置が違う」ためである。

 ほとんどの場合、カメラはPCの画面の「上」か「横」にある。いわゆる「カメラ目線」で話すには、画面の正面でなくカメラの方を見る必要がある。だが、画面は正面だ。「相手の目を見て」話すと、カメラから外れ、カメラを見ると相手からは目線が外れる。

 カメラの方を見て話すのも、相手の顔を見て話すのも、難しいことではないが、「相手の目を見ながらずっとビデオ会議をする」のは、現実よりもはるかに難しい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう