ニュース
» 2020年07月13日 14時31分 公開

Apple、“カメラカバー”装着状態でのMacBookの利用に警告 ディスプレイが傷つく恐れあり

Appleは、同社製ノートPCに別途カメラカバーを取り付けたまま利用することでディスプレイが傷つく恐れがあるとの注意喚起を掲載した。

[ITmedia]

 Appleはこのほど、同社製ノートPCに別途カメラカバーを取り付けたまま利用することでディスプレイが傷つく恐れがあるとの注意喚起を同社Webページ内に掲載した。

 同社製ノートPCは設計上ディスプレイとキーボードとの間にごくわずかな隙間しかないため、カメラカバーを取り付けたままディスプレイを閉じるとディスプレイが傷つく恐れがある、としている。また内蔵カメラを覆うことで環境光センサーに干渉し、輝度の自動調節やTrue Tone機能の妨げになる可能性もあるという。

photo 画像はMacBook Pro 16インチモデル

 同ページでは基本的にはカメラカバーを用いないことを推奨しているが、職場などでカメラカバーの常時着用が求められている場合には、通常のコピー用紙1枚の厚さ(0.1mm)程度以下の薄いものを用意するよう呼びかけている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう