ニュース
» 2020年10月21日 12時07分 公開

エイサー、4K液晶モデルも用意したクリエイター向け2in1ノート「ConceptD Ezel」

日本エイサーは、クリエイター向けをうたった2in1機構搭載ノートPC「ConceptD Ezel」シリーズ2製品を発表した。

[ITmedia]

日本エイサーは10月21日、クリエイター向け2in1機構搭載ノートPC「ConceptD Ezel」シリーズ2製品を発表、「Makuake」にて10月22日11時から予約販売を開始する。ラインアップはCore i7/フルHD液晶を搭載する「ConceptD 3 Ezel Pro」とXeon/4K液晶を搭載する「ConceptD 7 Ezel Pro」の2製品を用意。一般販売予定価格はそれぞれ29万9800円/69万9800円だ。

photo
photo ConceptD 3 Ezel Pro(上)、ConceptD 7 Ezel Pro(下)

 ともにクリエイター向けをうたった2in1設計のノートPCで、PANTONE認定を取得した忠実な色再現を実現。ディスプレイに仕様は下位のConceptD 3 Ezel ProはsRGB比100%/Corning Gorilla Glass 5を、上位のConceptD 7 Ezel ProがAdobe RGB比100%/Corning Gorilla Glass 6を採用している。

 独自のダブルヒンジ機構“Ezel Hinge”を採用しており、タブレットスタイルなど4種類のモードに切り替えて利用が可能だ。また付属スタイラスペンによる手書き入力にも対応している(ConceptD 7 Ezel Pro 付属にはWacom製 EMR テクノロジー対応スタイラスペンが付属)。

photo モードチェンジのイメージ

 本体スペックは、ConceptD 3 Ezel Proが第10世代Core i7/Quadro T1000(Max-Q)/メモリ16GB/1TB NVMe SSDを、ConceptD 7 Ezel ProがXeon/Quadro RTX 5000(Max-Q)/メモリ16GB/2TB NVMe SSDを搭載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう