ニュース
» 2021年05月17日 18時00分 公開

「M.2 SATA SSDは既に下火」の中、2TBで2万円台前半のM.2 NVMe SSDが登場古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

キングストンからM.2 NVMe SSDで最安クラスとなる「NV1」シリーズが登場して話題となっている。安価なM.2 SSDという位置づけもNVMeが担えている陰で、レガシー化する存在も……。

[古田雄介,ITmedia]

 ストレージ関係で目立っていたのは、キングストンのM.2 NVMe SSD「NV1」シリーズだ。2TBと1TB、500GBの3タイプがあり、価格は順に2万3000円前後〜2万5000円弱、1万2000円前後、7000円弱となる(税込み、以下同)。

キングストン NV1 キングストン「NV1」シリーズ

リード毎秒最大2100MBのNVMe SSD「NV1」がデビュー

 先着で特製バッグをプレゼントしたり、専用サイトで最大2万円分のQUOカードが当たるキャンペーンを展開したりと、販売促進も積極的に行われている。

キングストン NV1 キングストンの特製バッグ

 NV1シリーズはNVMe PCIe 3.0 x4接続に対応し、QLC NANDを採用する。シーケンシャル速度は読み出しで毎秒最大2100MB、書き込みで毎秒最大1700MBとなる。ヒートシンクはなく、メーカー保証は3年だ。

 簡易パッケージに封入した同社のNVMe SSDとしては、2020年7月登場の「A2000」もコストパフォーマンスの高さで人気を集めたが、NV1シリーズは1TBモデルで比較しても安く、さらに大容量の2TBモデルも加わっている。

 TSUKUMO eX.は「初回入荷の時点でNVMe最安クラスですし、キャッシュやボリューム用などいろいろな用途で選ぶ人が出てきそうですね」と評価していた。

キングストン A2000 2020年7月に登場したキングストン「A2000」シリーズ

 安価なM.2 SSDとしては少し前まではSATA接続が定番だったが、現在は急速に存在感が薄くなっているとの声も聞く。パソコンSHOPアークは「ラインアップしているメーカーがどんどん減っています。店頭でも2.5インチSATA SSDの需要はありますが、M.2接続ならNVMeが当たり前になってきていて。既に下火になっているといいますか、急速にレガシー化している感がありますね」と話していた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう