プロナビ
ニュース
» 2021年05月19日 13時01分 公開

パナソニック、耐環境性能をさらに高めた堅牢Androidタブレット

パナソニックは、過酷な現場での利用を想定した堅牢設計のAndroidタブレット端末「TOUGHBOOK FZ-S1」を発表した。

[ITmedia]

 パナソニックは5月19日、過酷な現場での利用を想定した堅牢設計のAndroidタブレット端末「TOUGHBOOK FZ-S1」を発表、5月20日から順次販売を開始する。

photo TOUGHBOOK FZ-S1

 堅牢筐体を採用する“TOUGHBOOK”シリーズの最新モデルで、IP65/同67に準拠した防塵/防滴/防水機能を装備。MIL規格に準拠した落下/耐振動試験を実施している他、独自の落下試験(動作時150cm、6方向、コンクリート落下)もクリアしている。また耐低温/高温性能も向上しており、操作可能温度は−20度〜50度、保管温度は−30度〜70度を実現した。

 プロセッサとしてQualcomm SDM660(8コア)を採用し従来モデルからパフォーマンスを引き上げているのも特徴だ。メモリは4GB、ストレージは64GBを内蔵。OSはAndroid 10。ディスプレイは1280×800ピクセル表示対応の7型液晶を搭載、スタイラスペンおよびタッチ操作(手袋操作、雨天での操作も可能)を利用できる。

photo

 製品ラインアップはWi-FiモデルとワイヤレスWANモデル(NTTドコモ対応モデルとKDDI(au)モデル)を用意。またそれぞれ大容量バッテリー搭載モデルも取りそろえた。いずれも価格はオープンだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.