レビュー
» 2021年07月15日 12時00分 公開

テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ4K? ウルトラワイド?(1/4 ページ)

在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。

[蓮上塁,ITmedia]

 新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入が進んだが、その長期化、常態化に伴って、新たな課題が浮上してきている。

 中でも多いのが、画面に起因する問題だ。テレワーク用としては持ち運びを考えてノートPCの支給が多いが、従来のオフィスで利用していたデスクトップPCに比べて画面が小さい。

 そのため、「画面が小さく見にくい」「表示を大きくすれば作業領域が狭くなり、ウインドウ切り替えなどの手間が増える」といった作業効率の悪化に加えて、「目が疲れやすくなった」「姿勢が悪くなり、肩こりや腰痛になってしまった」といった健康被害を訴える声も増えているようだ。

 この課題を解決するには、大画面の外付けディスプレイの導入が効果的だ。作業領域が増えて作業効率が上がることに加え、画面表示が大きくなるため見やすく、離れたところからも見やすくなって姿勢が悪くなることもなく、疲労もたまりにくくなるというわけだ。ここでは2種類の大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを取り上げ、その特徴や業務への適性を見ていこう。

mouse B5-R5 2875UHSU-1B XUB3493WQSU ノートPCと外付けの液晶ディスプレイの組み合わせは、作業効率が格段に向上するので在宅ワークでもお勧めしたい形態だ

1枚でデュアルに匹敵! 34型ワイドの「ProLite XUB3493WQSU」

 マウスコンピューターの液晶ディスプレイブランド「iiyama」シリーズに属する「ProLite XUB3493WQSU」はアスペクト比が21:9で、画面解像度が3440×1440ピクセルに対応する超ワイドかつ大画面の34型液晶ディスプレイだ。

 ウルトラワイドな大画面は圧巻の迫力で、情報量はフルHD(1920×1080ピクセル)の約2.4倍もある。画素ピッチは0.233mmで、21.5型のフルHD(0.248mm)よりも少し小さい程度だ。つまり、21.5型フルHDのパネルを横に2枚並べて使うのとほぼ同じ表示の大きさと作業領域を、1枚の画面でシームレスかつ省スペースに利用できる。

 21.5型の液晶ディスプレイを横に2枚並べると、スリムベゼルでも1100mm程度になるのに対し、本製品の横幅は約817mmで済む。これだけでもかなりのスペースを節約できることになるが、さらに電源ケーブル、ディスプレイケーブルもそれぞれ1本で完結するし、PC側の端子も1つで済む。

mouse B5-R5 XUB3493WQSU ProLite XUB3493WQSUは、アスペクト比が21:9、画面解像度3440×1440ピクセルに対応する超ワイドかつ大画面の34型液晶ディスプレイだ。非光沢の上にIPS方式で視野角は上下/左右とも89度と広く、輝度は400ニトと明るい。原稿執筆時の価格は税込み5万9800円前後だった
mouse B5-R5 XUB3493WQSU ボディーサイズは約817(幅)×230(奥行き)×418〜548(高さ)mmで、重量は約10.8kgある。横幅は1枚で20〜21型程度のフルHDの画面を2枚並べるのと同等の画面サイズで、フルHDの約2.4倍の作業領域がある。電源ケーブル、ディスプレイケーブルもそれぞれ1本で済むし、PC側の接続端子も1つ完結できるのはメリットだ
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 画面の高さは130mmの範囲で調整可能だ。机や椅子の高さに合わせて、最適な位置に決められる
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 左右各45度のスウィーベルに対応している
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 画面チルトに対応しており、角度調節範囲は上方向22度、下方向3度まで傾けられる
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 映像入力端子は、2基のHDMIとDisplayPortがある。USBハブ機能もあり、2基のUSB 3.0端子を利用できる
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 自動的にコンテンツに合わせたカラーモードを適用する「i-Style Color」、眼精疲労の原因と言われているブルーライトをカットする「Blue Light Reducer」機能も搭載している
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 電源やOSDの操作ボタンは画面の裏側にある

 このウルトラワイドな画面はどんな作業と相性が良いだろうか。特に相性が良いのが、Premiere Proなどのビデオ編集ツールだ。シームレスに横長の画面が使えるので、タイムラインを長く表示できるのが実に快適である。画面が狭いと何か作業をするたびにその作業に合わせてタイムラインの縮尺を頻繁に変えなければならないが、その手間は激減する。

 また、表計算やデータベースソフトとの相性も良い。在庫管理、販売管理など横のデータ量が多いワークシートの一覧性が良くなり、スクロールの手間も大幅に減るため、作業効率は間違いなく上がる。そういった膨大なデータを整理してレポートを作成したり、分析したりする用途にも向く。

mouse B5-R5 XUB3493WQSU 125%の拡大表示でExcelとWebページ、スタートメニューを表示させた画面。横長のぶん、後述する4K画面よりもさらに余裕が感じられ、複数アプリの画面を切り替えなしに同時表示可能だ
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 125%でPremiere Proを表示したところ。このようなビデオ編集ソフトはタイムラインを長く表示できるので、ウルトラワイドの画面と相性がとても良い。約5分のプロジェクト全体を表示させた状態で、調整なしに数秒のエフェクトをダイレクトに操作できるだけの長さがある
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 同じく125%でLightroom Classicを表示した状態。2画面分あるので、このような調整前と調整後の画面を表示させたまま修正するような作業も楽々こなせる
mouse B5-R5 XUB3493WQSU 膨大なデータを整理する在庫管理や顧客管理、管理データを参照しながらレポートを作成するような用途にも向くだろう

 次に、4K表示に対応した「ProLite 2875UHSU-1B」を見ていこう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう