ニュース
» 2021年07月26日 12時00分 公開

「スティックPC的な需要にマッチするのかも」――MINISFORUMの超小型PCが話題に古田雄介のアキバPick UP!(3/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

CPU回りも冷やせるIn Winの水冷キットが店頭に並ぶ

 冷却パーツではIN WIN DEVELOPMENTから水冷キット「BR」シリーズが登場している。360mmラジエーターの「BR36」と240mmの「BR24」があり、価格は順に1万5000円強と1万3000円前後だ。

InWin BR36 IN WIN「BR36」
InWin BR24 IN WIN「BR24」
InWin BR36 ウォーターブロックにファンが組み込まれている

 ウォーターブロックの上部に100mm径のファンがあり、CPUを水冷で冷却しつつ、CPU回りの熱も空冷で処理する仕組みを採用している。ラジエーターに固定するARGBファン「Luna AL120」は単品でも売り出し中だ(1000円弱)。ファン3個とコンローラーのセットで3300円前後となる。

Luna AL120 IN WIN「Luna AL120」の3個パックと単品

 TSUKUMO eX.は「最近はM.2 SSDの高速化と、複数挿しが増えてきた関係で、マザーボード回りの熱処理がシビアになってきています。CPUだけの熱処理では追いつかない場合も増えているので、こういうハイブリッドなモデルはニーズがあると思います」と評価していた。

 単品ファンについても、「ARGBで1000円切っているので買いやすいですよね。ケースファンも同じ風合いでそろえたい人にちょうどいいと思います」(パソコンSHOPアーク)と、概ね好評な様子だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.