ニュース
» 2021年10月13日 11時58分 公開

ロジクール、スピーカーフォン機能を備えたType-C拡張ドックなど法人向け3製品を発表

ロジクールは、法人向けの在宅勤務ソリューション製品計3モデルの発表を行った。

[ITmedia]

 ロジクールは10月13日、法人向けの在宅勤務ソリューション製品を発表、2021年12月下旬から順次販売を開始する。製品ラインアップは、USB Type-C接続対応ドッキングステーション「Logi Dock」、有線イヤフォン「Zone Wired Earbuds」、完全無線イヤフォン完全ワイヤレスイヤフォン「Zone True Wireless」の3製品を取りそろえた(Logi DockとZone Wired Earbudsには汎用設計の“UC版”とMicrosoft Teams認定版の2タイプを用意)。予想実売価格はLogi Dockが5万1099円、Zone Wired Earbudsが1万580円、Zone True Wirelessが3万4500円だ(税込み)。

photo Logi Dock

 Logi Dockは、スピーカーフォン機能を備えた拡張ドックで、最大5台のUSB機器と最大2台のディスプレイ接続に対応。同社製アプリとカレンダーの連携を行うことで、ワンボタンで会議に参加することも可能となっている。

 6基のビームフォーミングマイクを搭載しており、声をクリアに捉えることができる。会議用スピーカーフォンとしての利用だけでなくBluetoothスピーカーとして用いることも可能だ。

photo
photo Zone Wired Earbuds UC版(上)、Zone True Wireless(下)

 Zone Wired Earbuds/Zone True Wirelessは、ともにMicrosoft Teams/Skype for Business/Zoom/Google Meet/Google Voice認定を取得したイヤフォン製品で、ノイズキャンセリングマイクを搭載。ワイヤレスモデルのZone True WirelessはQi充電に対応、バッテリー駆動時間は最大12時間となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.