未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2021年11月25日 16時00分 公開

学校向けノートPC「Surface Laptop SE」は11月30日から出荷 価格は3万580円から

Microsoftが教育機関(学校)向けに投入する「Surface Laptop SE」の出荷が11月30日から始まる。CPUとその他スペックの異なる2モデルが教育機関限定で販売されるという。

[井上翔,ITmedia]

 日本マイクロソフトは11月30日から、教育機関向けノートPC「Surface Laptop SE」の教育機関向けの出荷を開始する。最小構成モデルの想定販売価格は3万580円(税込み、以下同)だ。

Surface Laptop SE Surface Laptop SE

CPUによってスペックは決め打ち

 Surface Laptop SEは、教育機関向けの新OS「Windows 11 SE」をプリインストールしており、このOSと同じく主に義務教育課程(※)の児童や生徒が利用することを想定した仕様となっている。

(※)小学校、中学校、義務教育学校(小学校と中学校を一体化した学校)、中等教育学校(中学校と高等学校を一体化した学校)の前期課程(中学校に相当)、特別支援学校の小学部/中学部

 日本ではCeleron N4020(1.1GHz〜2.8GHz、2コア2スレッド)を搭載するモデルとCeleron N4120(1.1GHz〜2.6GHz、4コア4スレッド)を搭載するモデルを1つずつ用意している。仕様は以下の通りとなる。

  • Celeron N4020モデル(想定販売価格3万580円)
    • メインメモリ:4GB(DDR4、換装/交換不可)
    • ストレージ:64GB eMMC
  • Celeron N4120モデル(想定販売価格4万480円)
    • メインメモリ:8GB(DDR4、換装/交換不可)
    • ストレージ:128GB eMMC
特徴 日本における義務教育課程の児童/生徒が使うことを想定して、高いセキュリティやメンテナンス性と低コストを実現したという
特徴 Webカメラを搭載することでオンライン学習もしやすい。ボディーは故障時の部品交換をしやすい設計となっているという
日本向けモデル 11月25日の説明会で初公開された日本向けモデルの全景
キーボード 日本向けモデルにはSurface独自要素を加えた日本語キーボードが搭載される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.