ビジネスチャットツールの認知度と利用率は? モニタスが調査

» 2022年06月06日 14時58分 公開
[ITmedia]

 モニタスはこのほど、全国の会社員(20〜64歳の男女2836名)を対象に実施した「利用実態調査 ビジネスチャットツール編」結果を発表した。

photo ビジネスチャットツール全体の認知度と利用状況

 ビジネスチャットツールの認知/利用状況についてのアンケ―ト調査で、これによればビジネスチャットツールについての認知率は54.7%という結果となった。知っているツールの内訳は「LINE WORKS」が37.1%とトップで、次いで「Microsoft Teams」が32.7%、「Chatwork」が16.8%となっている。

 また、何らかのビジネスチャットツールを利用した経験があると回答したのは40.1%、現在利用中であると答えたのは38.6%となった。

photo
photo ツール別の認知度(上)、LINE WORKS/Microsoft Teamsの利用構造(下)

 利用されているツールとしては、従業員数1000名以上の企業では「Microsoft Teams」(21.4%)、「LINE WORKS」(10.3%)、「Workplace」(4%)がよく利用されていたのに対し、100名未満の企業では「Chatwork」(4.7%)、「Slack」(3.9%)、「LINE WORKS」(3.8%)が用いられているという結果となった。また従業員数の少ない企業では全てのツールの利用率が5%未満と、利用率が低い状態になっている。

photophoto ツール別利用率ランキング

関連キーワード

ビジネス | 企業 | Microsoft Teams | 実態調査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー