レビュー
» 2022年09月26日 22時00分 公開

Zen 4アーキテクチャの“実力”は? 「Ryzen 7000シリーズ」の性能を先行チェック!9月30日19時発売(5/5 ページ)

[迎悟ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

Ryzen 7000シリーズの消費電力は?

 最後に、Ryzen 7000シリーズの消費電力を確認してみよう。

 今回登場したRyzen 7000シリーズは、モデル名に「X」が付くハイエンドモデルである。それゆえにTDP(熱設計電力)も高めで、Ryzen 5 7600XとRyzen 7 7700Xは105W、Ryzen 9 7900XとRyzen 9 7950Xはさらに高い170Wとなっている。170WというTDPは、過去のRyzenシリーズと比べてもかなり高い。

 それゆえに、Ryzen 7000シリーズを使って自作PCを組む場合は電源の容量をどうすべきか迷う所もある。そこで、今回のテスト機でRyzen 7000シリーズの消費電力を計測してみよう。Windowsにログインした後、10分間放置した状態を「アイドル状態」、3DMarkのTime Spy Extremeを実行している時を「高負荷時」として、それぞれの消費電力をワットチェッカーで確かめた結果は以下の通りだ。

  • Ryzen 9 7950X
    • アイドル状態:83W
    • 高負荷時:538W
  • Ryzen 9 7900X
    • アイドル状態:84W
    • 高負荷時:522W
  • Ryzen 7 7700X
    • アイドル状態:81W
    • 高負荷時:493W
  • Ryzen 5 7600X
    • アイドル状態:79W
    • 高負荷時:475W

 TDPが170WとなったRyzen 9は高負荷時の消費電力が500Wを余裕で超えている。GPU自体の消費電力が高め(定格値で最大300W)ということもあるが、Ryzen 9シリーズにハイエンドGPUを組み合わせる場合は少なくとも750W、できれば850W以上の出力を持つ電源ユニットを組み合わせるべきだろう。

 エントリークラスのRyzen 5 7600Xでも、高負荷時の消費電力は475Wとなっている。組み合わせるGPU次第だが、Ryzen 5 7600Xでも750W出力の電源ユニットを用意した方が安心できそうである。

消費電力を重視するユーザーは「AMD Eco Mode」もチェック!

 Ryzen 7000シリーズは、従来モデルと同様に省電力モード「AMD Eco Mode」に対応している。このモードでは、CPUのTDPをコントロールすることで、消費電力と発熱を抑制できる。AMDが行った自社テストによると、65WのTDPで稼働するように設定したRyzen 9 7950Xは、フルパワーの「Ryzen 9 5950X」と同等か、それを上回るパフォーマンスを発揮できるという。

 なお、Ryzen 7000シリーズの発売に合わせて、AMDはEco ModeをSocket AM5における標準的な機能と位置付けると同時に、設定方法を簡単にする。Ryzen Masterアプリも、その方針に合わせてアップデートされる予定だ。


消費電力 消費電力の計測結果

大きくパフォーマンスが向上 放熱にも気を付けよう!

 AMDのいう通り、Ryzen 7000シリーズは「最高のゲーミングCPU」といえるだけのパフォーマンスを備えている。2021年冬に登場したデスクトップ向けの第12世代Coreプロセッサに悔しい思いをしていたAMDファンにとって、ある意味で「反撃体制」が整ったともいえる。3〜4世代前のCPUを搭載するゲーミングデスクトップPCを愛用している人にとっても、買い換え(組み替え)先として理想的な選択肢の1つとなるだろう。

 ただし、先に触れた通りCPU自身の消費電力が大きめなので、電源ユニットの容量には余裕を持たせた方が良い。加えていうなら、消費電力が大きいということはCPUの発熱も大きいということでもある。

 今回は240mmラジエーターの簡易水冷システムを用意した上で、室温を24度まで下げてテストを行ったのだが、特にRyzen 9 7900X/7950Xでは、ピーク時のCPU温度が80度を超えることも多かった。冷却システムは「少なくとも簡易水冷」と考えて検討した方が良さそうである。

 電源容量と冷却に余裕を持たせることで、現状のRyzen 7000シリーズは“真の”パフォーマンスを発揮できる。そのことはぜひ覚えておいてほしい。

CPU近影
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  4. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  5. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  6. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  7. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
  10. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー