ニュース
» 2009年07月21日 14時25分 公開

ウィルコムとフェイス、XGP対応の家庭用情報端末を共同開発

ウィルコムとフェイスが、高速モバイルデータ通信「XGP」を搭載した家庭用情報端末を共同で開発。XGP回線を利用した地域情報の提供をサポートする。

[ITmedia]

 ウィルコムとフェイスは、次世代PHS「XGP」を搭載する家庭用情報端末の共同開発に着手したと発表した。合わせて、情報端末を利用した自治体向け地域活性化サービスの開発も開始する。

 家庭用情報端末は、テレビに接続して利用するスタイルで、テレビの画面上で地域情報や生活情報を取得できるようにするもの。フェイスは情報端末とコンテンツサービスプラットフォームを提供し、ウィルコムはXGPとXGPを活用した次世代無線ネットワークを提供する。

Photo 家庭用情報端末の利用イメージ

 両社が開発する地域活性化サービスは、地方自治体が各家庭に配布する情報端末に、XGPの基地局を通じて防災情報や地域情報、医療情報、エンタテインメントコンテンツを配信するというイメージ。ほかにも区報の配信、議会放送、地域講座への申し込み、学校・病院と連携したサービスなどを検討する。

 ウィルコムはこの家庭用情報端末を、地域活性化について連携協定を締結している沖縄県金武町で活用する予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう