ニュース
» 2011年08月03日 14時43分 公開

メールアドレスやTwitter IDだけで荷物を配送――「メルアド宅配便」に企業向けサービス

メールアドレスさえ分かれば相手に荷物を送れる「メルアド宅配便」が機能強化。Facebookアカウントに対応し、企業向けサービスがスタートした。

[ITmedia]

 ソフトバンクフレームワークスは、相手のメールアドレスやTwitter IDが分かれば送り主が住所を知らなくても荷物を発送できる「メルアド宅配便」に新機能を追加した。

 これまでのメールアドレスとTwitter IDに加え、新たにFacebookのアカウントに対応。Facebookで友達同士なら、相手がウォールに受け取りを諾否すると書き込んだ場合に、送り主が荷物を発送できるようになった。

Photo 「メルアド宅配便」のサービスイメージ

 さらに同社は、企業向けサービスとして「法人メルアド便サービス」の提供を開始。企業がキャンペーンなどで収集したメールアドレスやTwitter ID、FacebookアカウントなどのID情報をもとに、届け先の情報取得から荷物の発送までを請け負う。

 サービスの提供にあたっては、幅広い業種や業態、規模の企業が利用できるよう、新たな管理システムを開発。配送だけでなく、データの取り込みや配送先情報の管理、配送先情報の収集状況、送付物のステータス管理までをトータルサービスとして提供する。

 同社は企業が同サービスが企業にもたらすメリットについて(1)SNSサービス運営者が、会員の個人情報の管理業務を行うことなく、SNS会員間での物の配送が可能になる点 (2)キャンペーンなどを展開する際、Twitter IDやFacebookアカウント情報を収集するだけですみ、応募者の個人情報の集計管理業務などの負担が軽減される点 などを挙げている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう