キーワードを探す
検索

「観光」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

「また変なカタカナ言葉が出てきたぞ……」いきなり出てきたように思える言葉「ワーケーション」って一体何なのでしょう。ちょっとした誤解を解消し、「あぁ、そういうことなのね」と思えるよう、観光分野にも詳しい乗り鉄・書き鉄の筆者が解説します。

()

IDCは、2020年9月末時点のCOVID-19による影響を考慮して、国内IT市場の地域別予測をアップデートした。2020年は、インバウンドや観光需要の消失、製造業の停滞の影響を大きく受けて地域別で見ても各地域でマイナス成長だった。2021年どう改善されるのだろうか。

()

 目の前に浮かび上がった地球儀。右手をかざして動かすと、地球儀は回転し、太平洋上の《Oahu(オアフ島)》の文字をタッチすると、美しいビーチの映像が流れ、観光情報を手軽に得ることができる。

()

 新型コロナウイルスの感染拡大による人の移動の変化を機に、カーシェア業界が対応を模索している。テレワーク普及などもあって都市部を中心とした法人利用や観光客利用が振るわない一方、自宅を活動拠点とする会社員を含めた個人会員は増加。公共交通機関を敬遠したカーシェア通勤など新たな利用シーンも登場しており、各社が取り組みを加速させている。

()

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の全国一律停止が決まり、関係業界からは「どう穴埋めするか頭を抱えている」(宿泊事業者)など嘆き節が聞かれた。日本航空は減便を検討する方針を示しており、交通事業者各社も調整に追われそうだ。一方、全国一律の停止が1カ月続けば経済損失は5千億円に達するとの試算も出るなど影響は甚大とみられ、関連事業者への新たな支援策の必要性が増している。

()

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、観光支援事業「Go To トラベル」について、東京都と名古屋市を目的地とする旅行を対象から一時除外する方針で調整に入った。札幌、大阪両市向けの旅行についても、15日に期限を迎える除外措置の期間を延長する方向。各都道府県知事の意見を踏まえ、14日夕に新型コロナ対策本部を開いて対応を決める。

()

富士山登山鉄道構想について、運賃収入年間約300億円、運賃は往復1万円という試算が示された。LRTなどが検討されている。現在の富士スバルラインと比べると5倍の運賃はアリなのか。国内外の山岳観光鉄道を見ると、決して高くない。富士山の価値を認識する良いきっかけになる。

()

JR九州の新型観光列車「36ぷらす3」に試乗した。観光列車先駆者である同社の新型車両は、車窓を楽しむ列車ではない。窓が小さく、景色を見せられない分、車内でのおもてなしに力を入れている。観光都市間を移動する空間を楽しくする、これまでとは違う列車だ。

()

沖縄県南城市およびうるま市は、NECソリューションイノベータらと共同で、MaaSを利用して両市内の世界遺産などを巡る2泊3日のパッケージツアーを企画し、観光型MaaSの有効性を探る実証実験を行う。期間は2021年2月5日から3月28日まで。2020年11月20日から参加者の募集を開始した。

()

全国の新規感染者数は2300人を超え、過去最多を更新し、先が不透明な旅行業界。「ポストGoToトラベル」が大きな課題となっている。日本と世界のコロナ感染対策の状況や違いなどについて、国際保健・医療政策のスペシャリストである慶應義塾大学 医療政策・管理学教室 特任助教の坂元晴香氏に取材した。

()

 観光支援事業「Go To トラベル」を利用した宿泊者が増えている。国土交通省によると、7月の事業開始から10月末までの宿泊者は延べ3976万人(速報値)。東京発着旅行が追加された10月の宿泊者数は延べ1458万人で、9月(同1012万人)の約1.5倍に達した。

()

「子供たちに修学旅行をプレゼントしたい」。新型コロナウイルスの影響で修学旅行が中止になったり延期になったりした小学生に対し、クラウドファンディング(CF)で資金を募って「オンライン修学旅行」をプレゼントしている。

()

神奈川県横浜市中区にある旧市庁舎の隣接地で、オフィスとマンションが混在する複合ビル建設の再開発プロジェクトが始動した。旧庁舎跡地で2021年に着工するイノベーションオフィスビルと星野リゾートのホテルの計画と合わせ、JR「関内」駅前に、国際的な産学連携のビジネス拠点に加え、観光スポット及び高級賃貸住宅で地域の賑わいを創出する象徴的なツインタワーが誕生する。

()

外国人観光客の増加などでホテルの建設ラッシュが続いた。しかし、新型コロナウイルスの影響でその計画は大きく変わり、宿泊業界は苦境に立たされている。「Go Toトラベル」により国内の観光需要は持ち直しつつあるが、各施設も「宿泊にとらわれない」新たな需要喚起を図ろうと、さまざまな施策を打ち出している。

()

H.I.S.ホテルホールディングスが展開する「変なホテル東京 浅草田原町」と「アイドルマスター」が期間限定でコラボする。変なホテルが1棟全てを使ってキャラクター展開するのは初めての試み。遠方からの旅行客や、浅草エリアへの小旅行を予定する関東在住者の観光拠点としての需要を見込む。

()

昨今注目の「ワーケーション」だが、「観光」「遊び」というイメージも強く、興味はあってもなかなか手を出せない、という人も多いのではないだろうか。そんな中、新潟県妙高市が、「バケーション」ではないワーケーションを提供し始める。いったいどんなプログラムなのだろうか?

()
キーワードを探す
ページトップに戻る