ニュース
» 2009年03月18日 14時59分 UPDATE

トリプルエンジンのLunascapeが正式版に、独自技術でGeckoも高速化

Lunascapeは、Webブラウザ「Lunascape5.0 正式版」を公開した。IEの「Trident」、Firefoxの「Gecko」、SafariやGoogle Chromeの「WebKit」といった3種類の描画エンジンを搭載。Geckoについては、独自技術で「特に高速化した」という。

[鷹木創,ITmedia]
st_luna00.jpg Lunascape5.0 正式版

 Lunascapeは3月18日、Webブラウザ「Lunascape5.0 正式版」を公開した。Windows 2000/XP/Vista、Windows Server 2003/2008に対応。無料で利用できる。また、Windows 98/Meに対応したAnsi版も後日リリースする予定だ。

 Lunascape5.0では、Internet Explorerの「Trident」、Firefoxの「Gecko」、SafariGoogle Chromeの「WebKit」といった各ブラウザのHTML描画エンジンを搭載。閲覧するサイトごとに自由にエンジンを切り替える機能も備えた。WebKit選択時も標準でマウスジェスチャーが使えるなど、3つの描画エンジン全てで統一したメニュー構成となっている。

 今回の正式版では、主要ブラウザとのJavaScript実行速度の比較で「最速を計測した」という。「特にGeckoエンジンについては、独自の技術により高速化に成功した」(Lunascape)。

st_luna01.png 計測環境は以下の通り。各ブラウザの正式版で3月13日に比較計測。2回の計測を行った平均値。計測機のOSはWindows Vista Enterprise SP1、CPUは、Celeron M 420(1.60 GHz)、メインメモリは1GB。TridentについてはIE7環境

 このほか、起動速度を従来のバージョン4.8に比べて3倍以上に高速化し、Geckoエンジン使用時のCPU使用率を約50%低減した。また、Webkit選択時に利用できるWebクリエイター向けチェックツール「Web Inspector」を日本語化。多段タブ固定機能や5ボタンマウス対応などの機能追加、改善を行っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -