ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

2013年 に関する記事 2013年 に関する質問

「2013年」最新記事一覧

平成25年

エコカー技術:
「フィット ハイブリッド」5回目のリコール原因、ハイブリッドシステムと無関係
ホンダは、ハイブリッド車「フィット ハイブリッド」と「ヴェゼル ハイブリッド」、軽自動車「N-WGN」と「N-WGN Custom」のリコールを国土交通省に提出した。フィット ハイブリッドのリコールは2013年9月の発売から5回目。今回の不具合原因はハイブリッドシステムとは無関係だという。(2014/10/23)

電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン編集後記:
“つながる”時代のET展、その見どころ
CEATEC JAPANが終わり、朝晩に肌寒さを覚えると、それは「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET展)」の開催が近づいた証拠です。昨年、2013年のET展では各社が「IoT」「M2M」「クラウド」といった“つながる”技術を前面に押し出しましたが、今年はどうでしょう?(2014/10/23)

標的型サイバー攻撃対策市場が急成長 今後の行方は?
IDC Japanによれば、2013年の同市場では特に製品分野が前年比155.8%の急成長を遂げた。(2014/10/23)

Kindle(2014年モデル)とKindle Paperwhite(2013年モデル)を動画で比較
2014年モデルのKindleは画面解像度こそ見劣りするが、2013年モデルのKindle Paperwhiteと比べてもなかなかいい仕事をしてくれる。(2014/10/22)

「Microsoft Office」の選択を迷う人に贈る
ざっくり知りたい「Office 2013」「Office 365」、ユーザー別の本命製品はこれ
「Microsoft Office 2013」と「Office 365」はどちらがいいのだろうか? Office 2013には多くの利点があるが、クラウドベースのOffice 365には別の長所がある。(2014/10/22)

安心してサーバーを移行できるホスティングサービス:
PR:いまなら初期費用無料で専用サーバーを利用可能、手厚い移行支援サービスも用意
総合インターネットグループであるGMOインターネットでは、これまでのホスティングサービスの実績を生かし、「お名前.com」の専用サーバープランでWindows Server 2013サポート終了対策のキャンペーンを展開中。初期費用無料、安心の国内データセンター利用など、多くのメリットを持った専用サーバーを移行先としてお勧めしている。(2014/10/21)

2017年度には2000億円市場に――ICT総研の2014年度電子書籍市場予測
2013年度の電子書籍コンテンツの市場規模は963億円。ICT総研の2013年度予測の1010億円を下回る結果となった。(2014/10/15)

エコカー技術:
トヨタ自動車のハイブリッド車累計販売が700万台を突破、9カ月で100万台ペース
トヨタ自動車は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数(プラグインハイブリッド車の「プリウスPHV」を含む)が、2014年9月末時点で705万台になったと発表した。2013年12月末に600万台を突破しているので、約9カ月で700万台を突破したことになる。(2014/10/14)

CEATEC 2014:
岐阜県が取り組む、IoT時代を見据えた新しいモノづくり
岐阜県は2013年9月から、県内の製造業とITを掛け合わせて新たな地場産業を生み出す「コア・ブースター・プロジェクト」を推進している。「CEATEC JAPAN 2014」では、同プロジェクトから生まれた製品の試作が展示された。(2014/10/9)

「IS300h Fスポーツ」テストドライブ:
女性目線で感じた「IS300h Fスポーツ」の魅力──レクサスの繊細なハイブリッドスポーツセダン
2013年に発売された新型レクサスIS。ハイブリッドとスポーティな機能を兼ねたIS300h Fスポーツで東京の街をドライブした。(2014/10/3)

週間記事ランキング
「Office 365」って本当はどうなの?
「Office 2013」ではなく「Office 365」を選ぶときに考慮すべきポイントとは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/10/3)

ドキュメントやアプリケーションの使用状況を把握
あまり知られていない「Microsoft Office」監視ツールができること
「Microsoft Office」のドキュメントとアプリケーションの使用状況を把握する必要がある場合、「Office 2013」に搭載されている「Officeテレメトリ」を使用すれば、情報を収集することができる。(2014/10/3)

エコカー技術:
ホンダの「N BOX」「N-ONE」13万8000台がリコール、エンジンECUに不具合
ホンダは、軽自動車「N BOX」と「N-BOX+」、「N-ONE」のリコールを国土交通省に提出した。対象となるのは、2013年12月〜2014年8月に製造した13万8377台。(2014/10/2)

Windows TIPS:
Office 2013で、以前のOfficeと同じ操作でファイルを保存したり開いたりできるようにする
以前のOfficeと比べて、Office 2013でファイルを保存したり開いたりするのが面倒になった、と感じているなら、設定を変更してファイルオープンダイアログの挙動を変えてみよう。(2014/10/1)

プライベートクラウド市場、2018年に1兆6000億円規模に――IDC調べ
2013年の国内プライベートクラウド市場規模は前年比42.9%増の4368億円だった。(2014/9/30)

スマホ満足度ランキング、2位アップル、1位は?
買ったスマホ、あなたはどこを決め手にし、どれだけ満足していますか? オリコンが2013年度発売のスマートフォン利用者3661人に聞いた満足度ランキングを公表した。(2014/9/30)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第6回 Windowsアプリのデバッグ&リリース
バグはどうやってつぶせばいいのか? 完成したアプリケーションはどうやってリリースすればいいのか? VS 2013入門の最終回。(2014/9/29)

車両デザイン:
ダイハツの“ウルトラスペース”軽自動車、全高は1835mm/室内高は1455mm
ダイハツ工業は、「東京モーターショー2013」で出展したコンセプトカー「DECA DECA(デカデカ)」をベースに開発を進めている、車両の全高が1835mmに達する新型軽自動車の技術概要を発表した。2014年11月に車名などを含めて正式に発表する予定。(2014/9/29)

考え過ぎて分からなくなった人のための選択ガイド
みんな知らない「Office 2013」と「Office 365」のちょっと驚く違い
「Office 2013」ではなく「Office 365」を選ぶとき、SaaSだという点も理由の1つになるだろうが、ライセンス形態と更新頻度も考慮されるべきである。(2014/9/27)

2万3800円(税別):
マウスコンピューター、Office搭載で2万円台半ばの8型Windowsタブレット「WN801-BK」
マウスコンピューターから、Office Home and Business 2013付きで2万円台半ばの8型Windowsタブレット「WN801-BK」が登場した。(2014/9/26)

WAFで見つけたWebサイトへの攻撃状況は?
2013年後半からWebサイトの改ざん被害が増えている。シマンテックが国内サイトに対する攻撃の検知状況を明らかにした。(2014/9/26)

スマートシティ:
早くも自給率70%、長野県が再生可能エネルギーを2013年度に倍増
再生可能エネルギーの拡大と電力使用量の削減を推進する長野県で2013年度のエネルギー自給率が69.8%に達し、前年度から3.4ポイント高くなった。太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入量が2倍以上に拡大したことで、猛暑による最大電力需要の増加を大幅に上回った。(2014/9/25)

自然エネルギー:
太陽光発電の導入量が2年間で5倍に、北海道電力が2015年度に想定
北海道電力は電気料金の再値上げにあたって厳しいコストダウンを求められているが、再生可能エネルギーの買取量が増えれば燃料費を減らすことができる。2015年度には再生可能エネルギーによる電力が2013年度の2倍の規模になり、特に太陽光は5倍に拡大することを見込んでいる。(2014/9/19)

“レンズだけカメラ”の進化形、“マウントだけカメラ”「ILCE-QX1」を徹底解剖
2013年秋にソニーが発表した“レンズだけカメラ”「DSC-QX100」が、なんとEマウントカメラに進化。αシリーズの型番「ILCE」を冠して登場した“マウントだけカメラ”をいろいろなシーンで使ってみた。(2014/9/18)

電力供給サービス:
北海道電力が冬の節電を要請、万一の供給力不足に早めに備える
毎冬に電力不足の心配がある北海道で早めの節電対策が始まった。北海道電力は2012年度から取り組んでいるアグリゲータとの連携による需要抑制プログラムを今冬も実施する。供給力が不足する事態に備えて企業に節電を要請するもので、2013年度には0.3万kWの需要を削減した。(2014/9/18)

「アクティブラーニング」促進の武器に
庭園付き和室も完備、関西学院大学の学び空間「アカデミックコモンズ」に潜入
関西学院大学が2013年4月に開設した「アカデミックコモンズ」。電子黒板、プロジェクターといったIT機器に加え、和室などのユニークな設備を備え、学生の主体的な学びを促す。(2014/9/18)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第4回 Visual Studio 2013のひな型コードを理解する
開発環境が自動生成するWindowsアプリケーションのひな型コード。これをマスターして本格的なVisual Studio開発に乗り出そう。(2014/9/17)

国内電子書籍市場はコミックがメイン――今後はどうなる?
矢野経済研究所が「電子書籍市場に関する調査結果 2014」を発表。2013年度の電子書籍市場は前年度比19.7%増の850億円。2014年には、前年比23.4%増の1050億円を見込んでいる。(2014/9/11)

ユニットコム、Office 2013付属で税込み4万円台からの10.1型Windowsタブレット
ユニットコムは、Windows 8.1 with Bingを導入した10.1型タブレットPC「10P1100T-AT-FE」を発売した。(2014/9/5)

法制度・規制:
「エネルギー戦略特区」を新潟に、天然ガスと海洋エネルギーの開発促進へ
新潟県が「エネルギー戦略特区」を国に再提案した。2013年度に応募した提案内容に加えて、ガス火力発電所の新増設と海洋再生可能エネルギーの活用促進を盛り込んだ。日本海に面してロシアにも近い立地を生かして、天然ガスと再生可能エネルギーによる産業振興を目指す。(2014/9/5)

Kobo Aura H2OとKobo Auraはここが違う
異なるデバイスを動画で比較するGood e-Readerの名物シリーズ。今回は防水機能を持つ「Kobo Aura H2O」と、2013年に発売された「Kobo Aura」を比較していく。(2014/9/4)

ホワイトペーパー:
マカフィーのWebプロキシが世界で選ばれる3つの理由
世界シェアNo.1(※)のマカフィーのセキュアWebプロキシ「McAfee Web Gateway」が世界で高評価を得ている3つの理由とは?(※2013年3月11日、カリフォルニア州キャンベル 市場調査会社Infonetics Research調べ)(2014/9/2)

位置/空間情報分析ツールが高成長分野に――IDC調査
IDC Japanの調査によると、2013年の国内BAソフトウェア市場は前年比成長率7.7%で、中でもBIツールと位置/空間情報分析ツールが高成長分野となっていることが分かった。(2014/9/1)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第2回 Visual Studio 2013の基礎を知る
開発環境Visual Studioを使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!(2014/9/1)

ディスプレイ技術:
4K 有機EL時代が幕開け――LG電子「当分の間、これ以上の画質進化はないだろう」
LG電子は2014年8月、4K対応有機ELテレビ「ULTRA OLED TV」を発表した。2013年1月にフルHD対応有機ELテレビを発表して以来の戦略的製品として、“4Kパネル=有機EL”を世界に定着させるべく、攻勢を掛ける見込みだ。(2014/9/1)

鉄道の灯:
廃線危機を脱したJR姫新線に学ぶ、「地方鉄道浮揚」のヒント
兵庫県姫路市の姫路駅から岡山県新見市の新見駅を結ぶJR姫新線の乗客が、2013年に約295万人にまで回復した。ピーク時には年間約600万人の利用があったが、半数以下に激減。廃線の危機が噂された中で、どのようにしてピンチを脱出したのか。(2014/9/1)

4万5000円を切るAmazon限定モデルも:
MSI、キーボードカバーとOfficeが付いて5万円切りの10.1型Windowsタブレット
MSIの「S100」は、キーボード兼カバーとOffice Home and Business 2013を備えたコストパフォーマンスの高い10.1型Windowsタブレットだ。(2014/8/29)

電気自動車:
三菱自が「i-MiEV」をリコール、原因はまたブレーキ負圧電動ポンプ
三菱自動車は2014年8月28日、電気自動車(EV)「i-MiEV」と「MINICAB-MiEV」、スズキにOEM供給している「EV-エブリイ」のリコールを国土交通省に提出した。原因は、ブレーキ倍力装置に負圧を供給するブレーキ負圧電動ポンプの不具合。2013年1月に発表したリコールでも、原因はブレーキ負圧電動ポンプの不具合だった。(2014/8/29)

パリモーターショー2014:
スズキがコンパクトSUV「ビターラ」を初披露、「エスクード」の後継か
スズキは、「パリモーターショー2014」において新型SUV「VITARA(ビターラ)」を世界初公開する。ビターラは、「フランクフルトモーターショー2013」で発表したコンパクトSUVのコンセプトカー「iV-4」をベースに開発された。(2014/8/28)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第1回 初めてのVisual Studio 2013
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための連載スタート。(2014/8/27)

.NET TIPS:
Visual Studio 2013:タスクバーから管理者権限でIDEを起動するには?
タスクバーから、あるいはソリューションファイルをダブルクリックしたときに、常に管理者権限でVisual Studio 2013を起動する方法を解説する。(2014/8/26)

テストエビデンス取得自動化の秘技(後編):
スクショをExcelに張り付けるのに役立つ4つのテクニック
システム開発におけるソフトウェアテスト(結合テスト〜システムテスト)において重要視されるエビデンス(作業記録)。前後編の2回にわたって、エビデンスとしてスクリーンショットをキャプチャし、テスト仕様書や納品書に張り付けていく作業を自動化するためのVBA/マクロのテクニックを紹介する。後編は、画像ファイルをシートに張り付け、Excel 2013のメニューからスクショを直に張り付け、画像を縮小し、指定した時間にマクロを実行する方法を解説。(2014/8/26)

電力供給サービス:
7月の販売電力量は前年比3.1%も減少、7カ月ぶりの大幅減に
電力需要の減少傾向は今夏も続いている。電力会社10社が2014年7月に販売した電力量は前年と比べて3.1%の大幅な減少を記録した。家庭向けの電灯が4.1%減、企業が利用する業務用が4.9%減で、工場などの産業用も1.1%減だった。減少率が3%を超えるのは2013年12月以来である。(2014/8/25)

.NET TIPS:
Visual Studio 2013:IDEの既定の環境設定を変更するには?
Visual Studio 2013の初回起動時に指定可能な開発設定と配色パターンを、次回以降の起動後で変更する方法を解説する。(2014/8/25)

写真展:
日本の祭り写真コンテスト2013入賞作品展
(2014/8/21)

87%が満足と回答、反面利用者増で問題も――武雄市図書館アンケート
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となり、2013年4月にリニューアルオープンした武雄市図書館。利用者が望む改善点とは。(2014/8/20)

青山学院大学経済学部で進む電子教科書導入、その意図と課題――宮原経済学部長に聞く
大学における電子教科書の導入。青山学院経済学部では、2013年からの実験運用を経て、導入を拡大している。電子教科書の意義と課題について、青山学院大学経済学部長の宮原勝一教授に聞いた。(2014/8/20)

自然エネルギー:
国内の太陽光発電は2030年に1億kWへ、化石燃料を年間1兆円以上も削減
太陽電池メーカーなどで組織する太陽光発電協会が2030年度までの設置状況を予測した。2013年度末で太陽光発電の規模は累計1400万kWになり、さらに2030年度には7倍の1億kWに拡大する見通しだ。火力発電の減少に伴って化石燃料の輸入額が年間に1兆円以上も削減できる。(2014/8/20)

自然エネルギー:
日本初の下水熱利用、さらに性能高める東京
1994年に運用が始まった東京下水道エネルギーの地域冷暖房システムは設備が劣化してきている。そこで2013年から2017年までの4年間、新システムを開発、導入して省エネルギー性能を高める。2013年度の成果を紹介する。(2014/8/19)

海外での売上が国内超え:
小林製薬の「熱さまシート」、海外展開成功のウラに独自の販売戦略
小林製薬の額に貼る冷却シート「熱さまシート」が東南アジアを中心に売れている。2013年度は初めて海外の売上が国内売上を超えた。そこには各国の事情に合わせる独自の販売戦略がある。(2014/8/19)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。