ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AFP」最新記事一覧

「怖すぎ」「人間でもビビる」 イノシシ撃退オオカミ型ロボ、世界で話題に
農作物荒らし対策の“切り札”として試験的に導入されたオオカミ型フィギュア「スーパーモンスターウルフ」。その姿に「怖すぎる」「人間でもビビる」という衝撃の感想が広がっている。(2017/10/12)

リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンが死去 自殺か
11月には来日公演を予定していた。(2017/7/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

映画「ワンダーウーマン」の日本の宣伝がTwitterで酷評 女性戦士を「男も恋も知らない天然キャラ」とうたう
「下品すぎる」「私の知るワンダーウーマンはヘテロセクシャルじゃない」と批判を集めています。(2017/3/25)

全米を旅してビールを飲む仕事がある? 
旅とビールは人生の友。それを楽しむだけで年俸約650万円がもらえる仕事があるとしたら――。(2016/9/5)

ホーキング博士の微博デビューで中国ネット界は大騒ぎ
「これはビッグバンだ」――多数の称賛と、最も人気を集めた、説教めいたコメントとは。(2016/4/19)

暗号化技術がパリ同時多発テロ事件を引き起こした?
テロリストが暗号通信を使えば、事前の発見が困難になる。それは当然の話だが――。(2016/2/26)

パリ市内で相次ぎ発砲、爆発 死者100人以上か オランド大統領「前例のないテロ」と非常事態宣言
フランスでは非常事態宣言、国境封鎖も。(2015/11/14)

透明マント、ついに開発成功か 米研究
モノを外から見えなくする「透明マント」の開発に成功した――そんな研究成果が発表された。(2015/9/25)

「心理学の研究成果」は6割以上が再現不能 海外研究
心理学や社会学の「研究成果」として発表されたものは6割以上が再現できない――そんなショッキングな実験結果が発表された。(2015/8/28)

1分間「無音の曲」が異例のヒット中? オーストリアのiTunes Storeチャートで1位に
1分間の“沈黙”だけの曲が欧州で異例のヒットを記録しているようだ。AFP通信などが伝えている。(2015/8/26)

YouTubeパスワードを張り紙で共有していた様子が映る サイバー攻撃受けた仏テレビ局
サイバー攻撃を受けたフランスの国際放送局「TV5Monde」で、番組中にパスワードが映し出されていた。[修正](2015/4/13)

「スマホの使いすぎで小指が変形=テキストサム損傷」は誤用? いつから誤解が広まったのか調べてみた
本来の「text thumb injury」はスマホの使いすぎによる親指の腱鞘炎などを指す言葉でした。(2015/3/10)

伊吹太歩の時事日想:
世界から「児童ポルノ帝国」と呼ばれるニッポン
衆議院で可決した「児童買春・ポルノ禁止法」改正案。日本では大きく報じられていないように見えるが、海外では大きな話題になっている。規制が強化された格好だが、海外メディアの反応は厳しい。その内容とは……?(2014/6/12)

伊吹太歩の時事日想:
結局、オバマと安倍は、仲がいいのか悪いのか?
米国のバラク・オバマ大統領が3年半ぶりに日本を訪問した。最大限の「おもてなし」で迎えた安倍首相だが「オバマ氏は仕事の話ばかり」と、空振り感が漂う。果たして、訪問を通じて2人は仲良くなったのだろうか。(2014/5/1)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
レッドブル、4Kテレビに翼をさずける?――「miptv」リポート(後編)
試験放送のアナウンスで注目を集めている4K。しかし4Kコンテンツの制作は、日本人の知らない場所でも徐々に進行していた。前編に続き、オーディオ・ビジュアル評論家・麻倉怜士氏が仏カンヌで開催された「mip tv」をリポート。えっ、あの会社も?(2014/4/25)

伊吹太歩の時事日想:
なぜ「楽天」が世界中で叩かれているのか?
英語の社内公用語化など、グローバル企業への成長を目指して動き出した楽天。だが、本当に必要なのは「国際企業ごっこ」ではない。国際社会に対する社会的な貢献が求められる。(2014/3/27)

伊吹太歩の時事日想:
佐村河内氏を叩くメディアは、ゴーストライターだらけだという矛盾
「現代のベートーベン」と呼ばれた作曲家によるペテン師騒動を海外メディアはどのように報じているのか? 記事に寄せられる読者のコメントも読んでみると興味深い。(2014/2/27)

iOS 6地図アプリは使わないで──豪の州警察が警告「命に関わる」
オーストラリア・ビクトリア州の警察当局が、州内を自動車で移動する際はiOS 6用地図アプリを使用すべきではないと警告。地図上の街の位置が誤っており、実際にドライバーが救助されるケースが相次いでいるという。(2012/12/10)

ビジネスニュース:
フランス政府、AppleやGoogleにインターネット税の導入を検討か
フランスは、「十分な税金を納めずにビジネスを行うインターネットベースの企業」に対し、インターネット税の導入を検討している。対象となる企業の中には、AppleやGoogle、Facebook、Amazonなども含まれている可能性があるという。(2012/7/18)

「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
6月11日から、東京・恵比寿の東京都写真美術館で「世界報道写真展 2011」が開幕した。8月7日まで。(2011/6/17)

ねとらぼ:
バレンタインデー、いろいろあった
今年もやってきたバレンタインデー。いろいろあったらしい。(2011/2/14)

Twitter、ユーザー保護の姿勢を強調――エジプト混迷を受け
エジプトで反政府デモの混乱が深まる中、Twitterが「The Tweets Must Flow(ツイートは流れ続けるべき)」と題したコメントを公式ブログに掲載した。(2011/1/31)

ロイター、朝日新聞ほか7社が配信する「ビジネスプレミアムネットワーク」とは?
ロイター、朝日新聞、時事通信、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、プレジデント社など7社が、アドネットワーク事業で業務提携する。ライバルともいえるこれらの企業が提携する理由は。そして仮想の共通敵は……?(2009/2/12)

AFP記事データベースを大学向けに提供 来春から
AFP通信の記事や写真、ニュース動画のデータベースを大学向けに提供するサービスが来年春にスタートする。(2008/11/26)

科学なニュースとニュースの科学:
本当は怖い流れ星の話? 〜小惑星衝突の危険性はどれくらい?
つい先日、南米ペルーの荒野に隕石が落下してクレーターができ、発生したガスで住民に被害が出たというニュースが流れました。もっと大きな小天体が地球に落ちてきたら……と考えると心配になりませんか。(2007/9/28)

竹内結子の写真を“合法に”ブログ貼り付け
(2007/6/14)

AFPとGoogleが和解――コンテンツをGoogle Newsに掲載
AFPが、同社が配信するニュースなどのコンテンツを、Google Newsに掲載することを認めた。(2007/4/7)

AFPの写真ニュースをブログに引用 JUGEMなど11サービスで
ニュースサイト「AFP BB」で公開している写真ニュースを、JUGEMやSeesaaブログなど外部のブログ事業者が運営するブログに簡単に引用できるサービスが始まった。(2007/4/4)

バンダイネット、iチャネル向けにスポーツニュースを配信
(2005/9/26)

アジアの通信各社、スマトラ沖地震の被災地に結集
インドネシア・スマトラ沖地震被災地で、アジア諸国の通信業者がサービス復旧や無料電話センターの設置などに奔走している。(IDG)(2005/1/6)

excite、アテネの名場面を即日&大量アップする「アテネ最強写真館」
エキサイトは、アテネオリンピック開催期間中に1日200枚から400枚もの大量の写真を公開する「アテネ最強写真館」を、8月12日(木)にオープンする。(2004/8/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。