ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「血圧」最新記事一覧

健康志向高まり「ロカボ食」注目 食品メーカーやコンビニ、相次ぎ投入
適正な糖質量を摂取するためのメニュー「ロカボ食」への関心が高まっている。(2016/11/22)

ダイキン工業/NEC:
AI/IoT技術を活用して知的生産性を高める空気・空間を創り出す共同研究
ダイキン工業とNECは、知的生産性の高い空気・空間を創出するための共同研究に取り組むことで合意した。(2016/11/21)

医療技術ニュース:
酸化ストレスへの抵抗性を高めて腎臓病の進行を抑える仕組みを解明
東北大学は、「酸化ストレス」が腎臓病を悪化させ、慢性腎臓病の発症・進行につながることを明らかにした。マウスによる実験では、急性腎障害の発生から5日目までに酸化ストレスへの抵抗性を高める薬を飲むことで、腎臓病の進行を抑えられた。(2016/11/14)

製造マネジメントニュース:
AI・IoTを用いて知的生産性を高める空気・空間を創出
ダイキン工業とNECは、知的生産性の高い空気・空間を創出するための共同研究に取り組むことで合意した。ダイキン工業の持つ空調技術、空気・空間に関する知見とNECのセンシング技術、AI・IoT技術を活用する。(2016/11/10)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

Apple Watchが医療の質を向上させる
慶應義塾大学 医学部の循環器内科で、Apple WatchとiPhone、HealthKit対応のアプリが用意された血圧計などを用いて、外来患者の日常のヘルスケアデータを取得し、医療に生かす臨床試験が始まっている。(2016/11/9)

ルネサス DevCon China 2016:
スマート家電やIR46、中国市場の“今”が分かるデモ
ルネサス エレクトロニクスが中国で初めて開催したプライベートイベント「DevCon China 2016」では、組み込み機器設計プラットフォーム「Synergy」をはじめ、中国市場のトレンドに沿った77種類のデモが披露された。その一部を紹介する。(2016/11/2)

製造業IoT:
ノンプログラミングでIoTアプリを開発できる、DIY型のIoT開発も可能に
インフォテリアが、IoTソフトウェア基盤事業に参入する。第1弾製品となるIoTアプリをノンプログラマブルで開発/配布できる「Platio」を発表するとともに、Platioを用いた「DIY型IoT」開発環境の構築を目的にハードウェアベンチャーのCerevoとも協業した。(2016/10/31)

「眠くならない」「効率の上がる」オフィスを、AIで:
ダイキン工業とNEC、AI/IoTで「知的生産性を高める空間の技術」を共同開発へ
ダイキン工業とNECが、AIを用いて知的生産性を高める室内空間を実現するための共同研究に取り組む。室内の温度や湿度の変化を予測し、空調などの設備を制御して快適な空間を作るという。(2016/10/25)

FM:
AI・IoTで「人と空気」を分析、生産性が高まるオフィスを構築
ダイキン工業とNECは両社の空調制御技術やAI・IoT技術の活用により、知的生産性を高めるオフィス空間の実現に向けた共同研究を開始する。空気・空間が人に与える影響を分析し、最適なオフィス空間を構築する。(2016/10/25)

IoT技術などを活用:
知的生産性が高まるオフィスの空気とは? ダイキンとNECが共同研究
ダイキン工業とNECは10月24日、AIやIoTの技術などを使って、オフィスにおいて知的生産性の高い空気や空間を実現するための共同研究に取り組む。(2016/10/24)

東北大学 魔法の鏡:
「魔法の鏡」で血行状態をモニタリング
東北大学は、血行状態モニタリング装置「魔法の鏡」を開発した。鏡型ディスプレイにビデオカメラとコンピュータを内蔵し、その前に立つだけで血行状態や心拍数などを表示できる。(2016/10/20)

IoTで高血圧遠隔診療サービス ポート、年内に提供開始
遠隔診療は通院などの時間が不要で、医療費の節約にもつながることから成果が期待されている。(2016/10/19)

病院に横たわる不気味なロボットが治療中に「ハァ……ハァ」と荒い息遣い 福岡歯科大学で何が起こっているのか
病院で聞こえる「ハァ……ハァ」と荒い息遣い。その正体は……。(2016/10/18)

医療機器ニュース:
鏡型の血行状態モニタリング装置を開発
東北大学は、血行状態モニタリング装置「魔法の鏡」を開発した。鏡型ディスプレイにビデオカメラとコンピュータを内蔵し、その前に立つだけで血行状態や心拍数などを表示できる。(2016/10/10)

話題の卓球ロボットはギネスに認定!:
自動運転時代に向けたセンサー群、オムロン展示
オムロンは、「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日/千葉市幕張メッセ)で、車載環境下でも非接触で脈拍を測定できるセンサーと、人工知能を搭載した車載向けセンサーを展示した。(2016/10/5)

医療機器ニュース:
協定締結により、産学連携で医療や健康づくりの研究を推進
東芝メディカルシステムズは、国立循環器病研究センターと、医療・ヘルスケア産業に関わる機器、システム、サービスなどの研究開発および実用化に関する産学連携協力を行うため、包括協定を締結した。(2016/10/5)

オムロン 非接触脈拍センサー:
非接触で高精度に脈拍測定できる車載用センサー
オムロン オートモーティブエレクトロニクスは2016年9月、車載環境下においても高精度に脈拍測定できる非接触脈拍センサーのプロトタイプを開発したと発表した。同センサーは、2016年10月4〜7日まで幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2016」に展示されている。(2016/10/5)

大隅良典さんノーベル医学・生理学賞受賞:
「オートファジー」 医療への応用研究進む 神経疾患、がん治療に期待
ノーベル医学・生理学賞が決まった大隅良典氏が仕組みを解明した細胞の自食作用「オートファジー」。この働きを促進したり、阻害したりすることで治療法の開発を目指す研究が進んでいる。(2016/10/4)

産業、ヘルスケア、農業分野などに応用可能:
センサーハブ向け、ルネサスが小型汎用マイコン
ルネサス エレクトロニクスは、小型センサーハブ向けのローエンド汎用マイコン「RL78/G11」グループを発表した。24端子の小型パッケージ品ながら、最大13個のセンサーに対応することができる。(2016/10/4)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
会社が社員の体重管理、1フロアにゴミ箱1つ……タニタオフィスに潜入!
今回は、健康総合企業のタニタを訪問。しかし、驚いたというかさすがというか……訪問するや否やいきなり受付で“体重測定”されてしまった内山くん。芸能界屈指のデブタレント内山信二の健康状態やいかに? (2016/9/24)

医療機器 メルマガ 編集後記:
手術情報を見える化する「OpeLiNK」の立役者は工場から
「スマート治療室」のネットワーク技術のお話です。(2016/9/21)

医療機器ニュース:
通院せずに高血圧を治せる!? 「都市型遠隔診療」の実証研究がスタート
ポートと東京女子医科大学は、ネットワーク血圧計を活用した高血圧者の遠隔診療の実証研究を開始すると発表した。従来の遠隔診療の実証研究は、無医地区に住む高齢者を対象にすることが多かったが、今回は世界でも例のない「都市型遠隔診療」の実証研究となる。(2016/9/7)

夏野菜のゴーヤとズッキーニ、その効果と活用法
夏野菜の中でも、ちょっと異色のゴーヤとズッキーニ。それぞれの違いと活用法をご紹介します。(2016/8/29)

歯周病が全身疾患を引き起こす――専門医が語る“本当の怖さ”と対策
かつて「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれた歯周病だが、「もはや国民病といっても過言ではない」状況にあると専門医は指摘する。しかも症状が進むと全身疾患にもつながるという。歯周病の実態と対策とは?(2016/8/19)

みずほ銀など、ウエアラブル活用実証事業 栄養士が食事・運動面支援
みずほ銀行とみずほ情報総研、エス・エム・エスは、従業員が着用したウエアラブル機器から得られる歩数や血圧などの情報を活用し、管理栄養士が食事・運動面を支援する実証事業を始めた。(2016/8/16)

「脳血管疾患」の死亡率が最も低い香川県 その理由とは
脳内出血や脳梗塞などの死亡率が最も低い香川県。どうやらすぐれた食習慣に秘密が隠されているようです。(2016/8/10)

知っておきたい医療のこと:
認知症を予防するには
増え続ける認知症のコントロールは現代社会においては喫緊の課題であり、治療薬も開発されているが、一旦発症すると根治が難しい。確実とはいわないが期待できる予防法はある。(2016/8/3)

山歩きの健康効果が意外とすごかった!
今シニア世代の間でブームになっている山歩き。実は、ウォーキングやジョギングよりも優れた運動でもあったのです。(2016/8/2)

「ゾンビ体操」で痩せる?
テレビや書籍で話題になっている脱力系の「ゾンビ体操」。誰でもできる簡単な体操で、生活習慣病が予防できるほか、ダイエットにもいいとといわれています。(2016/7/29)

輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる
IoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由
医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。(2016/7/26)

知っておきたい医療のこと:
血管病の治療と予防のポイント
定期的な検査を行い、生活習慣病を予防するような心がけをしていたとしても、それだけで克服できるとは限らない。もし、「急変」に至った場合には、どうしたらよいのか。(2016/7/22)

「猫の写真を撮るときにフラッシュを使わないで」 失明の危険性を訴えた注意喚起が話題に
敷地内の飼い猫をフラッシュ撮影され失明する猫が出てしまったとのこと。(2016/7/19)

夏と冬ではどっちが危険?
気象庁の「向こう3カ月の天候の見通し」によると、今年の夏も暑いようです。そこで、温暖化による月別死亡率への影響について分析してみました。(2016/7/13)

運動不足はもっと簡単に解消できる! その意識のポイントは?
運動不足は思った以上に高リスク。ビジネスパーソンが日々の生活の中で、運動不足を解消する意識のポイントを紹介します。(2016/7/13)

これはもう“わが家の栄養士さん”、声で相談できる「ヘルシオ」がすごい
新型ヘルシオ「AX-XW300」は、季節や天気などの情報と調理履歴などを参照し、クラウド上に保存されている約1000種類のメニューからおすすめを提案してくれる。(2016/7/6)

5年契約:
通信と人工知能を搭載したマッサージチェアがファミリーイナダから登場
ファミリーイナダのマッサージチェア「ルピナス」は、通信により最新のマッサージプログラムを提供し、ユーザーの体重、血圧、脈拍、筋肉の形/硬さなどからユーザーに最適なモミを提供する、業界初のメディカルチェアだ。(2016/6/30)

PR:医療IoT機器、なぜ開発時にシミュレーションが欠かせないのか
2020年には200億台にまで増えると予想されている医療IoT機器。人体に直接接する電子機器であるため、形状の工夫はもちろん、軽量化や熱設計、電磁放射などを十分考慮する必要がある。満たさなければならない要件が複雑に絡み合っているため、人体に装着して試作・テストを繰り返す手法では、開発効率が悪い。設計手法としてエンジニアリングシミュレーションを導入すると、どのような効果が得られるのだろうか。(2016/6/30)

知っておきたい医療のこと:
がんと並び死亡の主原因となる血管病について
発病したら重症化する血管病だが、発症メカニズムを知り、注意しなければいけない生活習慣を実行し予防することができる。(2016/6/22)

いしゃまち:
二日酔いに効くって本当? 知らなかったトマトの効能
夏野菜の代表格のトマトはおいしいだけではなく、体に良い効果をもたらしてくれる成分がたくさん含まれている健康食材です。今回は、トマトが二日酔いの予防に効果的な理由について説明します。(2016/6/16)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(5):
生産現場の改善にIoTをどのように活用すべきか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第5回は、生産現場の改善にIoTを活用する考え方について説明します。(2016/6/7)

高井尚之が探るヒットの裏側:
業界首位を守り続けるマツキヨの“強み”とは
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は市場規模6兆円超のドラッグストア業界で首位を守り続ける「マツモトキヨシ」を読み解く。(2016/6/6)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
正しい歯磨きが楽しく身につくスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」
スマート家電の可能性を語る上で「ヘルスケア」分野の製品を検証しないわけにはいかない。ということで、今回は日本を代表するオーラルケアブランドのサンスターから発売された“スマート歯ブラシ”「G・U・M PLAY」(ガム プレイ)に体当たりしてみよう。(2016/5/27)

来週話題になるハナシ:
世界中で“悪者”に! 炭酸飲料の衰退が止まらない
米国で、炭酸飲料の消費量が減少し続けている。米国のカルチャー的アイコンとして君臨してきた「コカコーラ」や「ペプシ」などが、存続の危機に瀕しているという。いったい、どうなっているのか!?(2016/5/27)

良い仕事は良い食事から? ワーク・フード・バランスとは
食事と仕事のバランス、取れていますか? この機会に見直してみましょう。(2016/5/26)

なぜ飲酒後すぐの入浴はいけないのか? ヒントは“血行”
飲んで帰ってきた後、お風呂に入ってゆっくりしたい……。実はこれ、大きな危険があります。(2016/5/24)

Raspberry Piがテレヘルス普及を加速
心不全患者を守るテレヘルスシステムを実現したRaspberry Pi
遠隔地に医療サービスを提供するテレヘルスの課題はコストだ。HSCICが開発した「MediPi」は、Raspberry Piをベースとすることで大幅なコストダウンを実現。テレヘルス普及の原動力となるか?(2016/5/23)

運転中に意識を失う前に! 知っておきたい“予防策”とは
自動車の事故データから、運転中の事故リスクと予防法をご紹介します。(2016/5/22)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/05/19
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年5月19日)(2016/5/20)

知っておきたい医療のこと:
がんを克服するためにすべきこと
治療が困難ながんも存在するが、誰にでも日常的に発症し得る疾患であること、早期に発見して適切な治療を施せば治すことができる疾患であることを認識して対応して欲しい。(2016/5/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。