ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャッシュカード」最新記事一覧

スマホでATM入出金 セブン銀が来春から まずじぶん銀向けに
キャッシュカードを使わずスマートフォンを使ってATMに入出金できるサービスを、セブン銀行が提携行のユーザー向けに提供する。まずじぶん銀行向けに来春からスタート。(2016/6/20)

じぶん銀行からau WALLETへのチャージ、キャッシュカード不要に
au WALLETアプリとじぶん銀行アプリが連携することで、キャッシュカードの番号を入力せずに、au WALLETへのチャージが可能になる。(2016/1/13)

デル、「DELL Point Card+」新規申し込みで「Venue 8 Pro」が7000円引きになるキャンペーン
デルは、同社製8型タブレット「Venue 8 Pro」の7000円引きクーポンをプレゼントするキャッシュカード新規申し込みキャンペーンを開始した。(2014/5/21)

ATM内部データを不正取得、預金引き出し 保守委託先の元社員逮捕
横浜銀行のATMの内部情報を取得し、キャッシュカードを偽造して預金を不正に引き出していた疑いがあるとして、保守管理を委託されていた富士通フロンテックの元社員が逮捕されていたことが分かった。(2014/2/5)

障害調査/復旧作業用のデータから暗証番号を取得:
NTTデータ、取引情報不正取得事件の調査結果を報告
NTTデータは1月17日、同社が運営する「地銀共同センター」で業務委託を受けていた技術者が取引情報を不正に取得し、それを元にキャッシュカードを偽造して現金を引き出した事件に関して、調査結果ならびに再発防止策を報告した。(2013/1/17)

導入事例:
大垣共立銀行、国内初の通帳やキャッシュカードが不要なATMサービスを開始
大垣共立銀行は富士通グループ製の手のひら静脈認証を用いたATMシステムの運用を開始した。(2012/9/26)

ワンタイムパスワード表示できるキャッシュカード
大日本印刷は、ワンタイムパスワードを券面上に表示できるキャッシュカードを開発した。(2010/3/5)

アナリストの視点:
発行から利用フェーズに――拡大するICカード市場
キャッシュカードや電子マネー、社員証をはじめとするICカードの利用が大幅に増えている。それに伴い、国内のICカード市場は新たな需要の開拓に乗り出すことが求められる。同市場の今をアナリストが分析する。(2010/1/20)

高いセキュリティで確実に受取人へお届け:
PR:カードや重要書類の発送には欠かせない――佐川急便「受取人確認配達サービス」
クレジットカードやキャッシュカードなど、確実に受取人本人に届けなくてはならない品物を発送する企業を中心に、最近採用が増えているのが佐川急便の「受取人確認配達サービス」だ。犯罪収益移転防止法に完全対応した、本サービスのポイントとは?(2009/10/19)

中国ビジネス最前線:
米国ATMの9割で銀聯カードが利用可能に
キャッシュカードおよびクレジットカードの機能を持つ中国の「銀聯カード」が米国でも浸透している。米国の36万台のATMで利用できるようになったという。(2009/7/7)

中国ビジネス最前線:
銀行カードの発行枚数、18億枚を超える
中国の中央銀行にあたる中国人民銀行の調べで、キャッシュカードをはじめとする銀行カードの総発行枚数が18億枚に上り、一人当たり1枚以上所有していることが分かった。(2009/4/15)

イーバンク、重複して入金・引き落としされる不具合
イーバンク銀行のキャッシュカード「イーバンクマネーカード」を使った一部の取引で、重複して入金したり、引き落とされる不具合が起こった。(2008/8/26)

キャッシュカードはどんな色?――色から分かるあなたの性格
キャッシュカードの色で人気なのはブルーやブラック。その色からはカードを持つ人の性格も推し量れるという。新生銀行の調べ。(2008/7/16)

金融庁調べ:
生体認証機能付きICキャッシュカードの普及率はわずか3%
金融庁の調査で、生体認証機能付きICカードの普及率はわずか3.1%であることが明らかになった。(2008/7/12)

特製ビットキャッシュカードがタダで手に入るチャンス――「アルテイル」公式大会
(2008/6/13)

不具合の原因は「カタカナでなく漢字だったから」――三菱東京UFJのシステム障害
三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードがセブン銀行のATMで使えなくなるシステム障害が発生した。原因は「カタカナで転送すべきデータを漢字で処理していたから」だった。(2008/5/12)

三菱東京UFJとセブン銀間のシステム障害が復旧
三菱東京UFJ銀行はセブン銀行のATMで、旧東京三菱銀行のキャッシュカードを使った取引ができなくなったことを明らかにした。障害は11時55分ごろに復旧したと発表している。(2008/5/12)

研修で教えてくれない!:
第33回「キャッシュカードの銀行口座を目的別に分ける」
「クレジットカードよりキャッシュカードの方が不安だな」「預金者保護法が成立したじゃないですか」「補償対象はあくまでATMでの取引のみ、ネットバンキングやデビットカードでの取引は補償されないこともあるんだぞ」――。(2008/1/30)

沖電気、ICカードをオンライン認証するサーバを開発
ATMで高いシェアを持つ沖電気工業は、オンラインでICキャッシュカードを認証するサーバを開発した。(2007/12/20)

「ネット犯罪の被害、30万円まで補償します」、トレンドマイクロが保険付きウイルスバスター限定版
トレンドマイクロは、キャッシュカードや個人情報の不正使用による金銭被害を最大30万円まで補償する保険をセットしたウイルスバスター2008を限定販売する。(2007/10/18)

インターネットバンキングの被害件数100%増、その理由は?
インターネットバンキングの被害件数が急増、その一方で偽造キャッシュカードの被害は減っている。被害を補償しなければならない金融機関は、“本物”か“なりすまし”か見極めることが難しいようだ。(2007/6/27)

貸金庫の本人確認、生体認証ICキャッシュカードで
(2007/3/29)

IC CARD WORLD 2007:
おサイフケータイがキャッシュカードに――第2世代のモバイルFeliCaだからできること
おサイフケータイを使って、ATMで現金を下ろしたり、振り込みをしたり――。IC CARD WORLDでは、第2世代のモバイルFeliCa端末だからできるサービスや、対応するリーダー/ライターが展示されている。(2007/3/9)

スーパーICカード+ビュー・スイカの多機能カードが登場
三菱東京UFJ銀行が発行するキャッシュカード+クレジットカード一体型カードと、JR東が発行するクレジットカードを一体化したカードが2月13日より発行開始に。手のひら静脈認証ももちろん利用できる。(2007/2/7)

郵貯ICカードに「Edy」機能を搭載、10月2日から
10月2日から発行される新しい郵貯キャッシュカードは、生体認証機能に加えて、電子マネーEdyを搭載。新規申し込みのほか、既存の磁気式キャッシュカードを切り替えることも可能。(2006/9/15)

「手のひら・指」に両対応した初のICキャッシュカード
手のひら静脈と指静脈の両認証方式に対応したICキャッシュカードを大日本印刷が初めて開発した。(2006/5/12)

「みずほSuicaカード」募集開始
JR東のクレジットカードと、みずほ銀行のキャッシュカードを1枚にしたカードが発行される。(2006/3/15)

指&手のひら両対応の静脈認証キャッシュカード
(2006/2/28)

十六銀行、日立の指静脈認証システムを導入
日立製作所は11月21日、同社の指静脈認証技術を用いた「ICキャッシュカード提供ソリューション」が十六銀行に採用されたことを発表した。12月26日から稼動する。(2005/11/21)

JR東日本と東京三菱銀行、カード事業で業務提携
JR東日本のクレジットカードと東京三菱銀行のキャッシュカードを一体にした提携カードが発行される。また2006年1月より、駅のATMコーナーで東京三菱銀行のキャッシュカードが利用できるようになる。(2005/11/9)

全銀協、カード不正利用の補償ルールを公表
「生年月日などを暗証番号に使い、免許証などと持ち歩いた場合は『過失』」──偽造・盗難キャッシュカードによる被害が生じた際、補償額を減額する場合などのルールを全銀協が公表した。(2005/10/6)

イーバンク銀行と外為どっとコム、Edy機能付きキャッシュカード
ネット銀行のイーバンク銀行が、外為どっとコムの顧客向けに、Edy機能を搭載したキャッシュカードを発行する。Edyへのチャージはイーバンク口座から行え、24時間手数料無料。(2005/4/8)

Survey Weekly Top10
持たざる者の強み
オンライン専業銀行のランキングがトップ10入り。「インターネットバンキングはセキュリティーが不安」などといわれてきたが、スキミングによる偽造キャッシュカードのトラブルが頻繁に報じられる昨今、ネットの安全性が低いとは必ずしもいえなくなってきた。(2005/3/23)

個人情報保護コラム:
ICキャッシュカードで自己防衛を
個人情報は、名前・住所・電話番号など、目に見える形で認識できると思いがちだが、身近なキャッシュカードの中にも個人を特定できる情報が存在している。事業者が個人情報に注意を払うことは当然だが、自己防衛することも忘れてはいけない。(2005/3/11)

「キャッシュカードに不安」9割も「対策を実行」は1割
マクロミルの調査によると、銀行キャッシュカード利用者のほとんどが、その安全性に不安を感じていながら、偽造などの被害対策を実行している人は1割程度であることがわかった。インターネットバンキング利用者も8割を超えたが、安全であると考えている人は半数に満たなかった。(2005/2/10)

キャッシュカードとSuicaの合体はミスマッチ?
C-NEWSによれば、Suicaユーザーのほぼ全員がSuicaを便利だと評価していることがわかった。しかし、今秋登場予定のSuica機能搭載キャッシュカードに魅力を感じる人は過半数に達せず、セキュリティに不安をおぼえる人が6割近くいた。(2005/1/27)

Suicaとキャッシュカードが一体化 新銀行東京とJR東が提携
Suica初の銀行提携は来年度開業予定の新銀行東京。Suicaとキャッシュカード、クレジットカードを一体化する新カードを発行する。(2004/10/15)

東京三菱銀、手のひら静脈認証キャッシュカードを発行
手のひらをかざして本人認証するキャッシュカードを10月から発行する。偽造カード撲滅の決定打になるか。(2004/9/27)

イーバンクが単体キャッシュカードを発行
(2004/9/10)

FeliCa携帯をキャッシュカードに 〜日立がATMを開発
FeliCa携帯を、キャッシュカード代わりにする取り組みが進行中。日立製作所は8月3日、FeliCa携帯に対応したATMを開発し、実証実験を実施していると発表した。(2004/8/3)

携帯がキャッシュカード代わりに〜NTTコム
携帯の赤外線通信機能を使って、ATMから現金引き出しが可能に。大垣共立銀行のATMに先行導入される。(2004/4/19)

ケータイをキャッシュカードに 大垣共立銀行がiモードで展開
(2004/2/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。