ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カシオ計算機」最新記事一覧

PR:“オシアナスブルー”誕生秘話――青き革命児のクロニクル
ギリシャ神話で“海の神”を意味する「オケアノス」にちなんで名付けられた、カシオ計算機のアナログウォッチ「OCEANUS」(オシアナス)。シリーズのアイデンティティにもなっている「ブルー」は、いかにして生まれ、育まれてきたのか。(2017/12/1)

ブーム再来「G-SHOCK」 90年代上回る売れ行き 復活の契機は?
カシオの「G-SHOCK」は発売35周年を前に、世界出荷個数が累計1億個を突破した。ブームに沸いた1990年代を上回る売れ行きだという。(2017/11/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
これがデジカメ? コンパクトの形をしたカシオのセルフィーカメラ LTE内蔵も希望
カシオのデジタルカメラ「TR」シリーズは、セルフィーに特化した製品ですが、なぜか日本では売られていません。そのTRシリーズの最新モデル、TR miniが登場。ファンデーションのコンパクトのような形をした円型デザインが特徴です。(2017/10/30)

カシオのエクストリームスポーツ向けタフカメラ「GZE-1」がヒーローチックでかっこいい
50メートル防水・IP6X準拠の防塵・4メートルの落下耐衝撃・-10度の耐低温を実現。(2017/10/12)

カシオの2.5Dプリントシステム:
試作品の開発費用や期間を50分の1以下に
カシオ計算機は、独自の新素材「デジタルシート」上に、より細かな凹凸を施しリアルな質感を表現できる2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」を、「CEATEC JAPAN 2017」に出展した。(2017/10/4)

カシオ、冬のアウトドア向けスマートウォッチを11月17日発売
カシオ計算機は、冬の登山やスキーなどで活躍するアウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F20X」を11月17日に発売。厚手のウェアの上からも着けられるロングタイプのクロスバンドを同梱し、ウオッチフェイスに新デザインを追加している。(2017/10/3)

メカ設計と試作:
カシオの2.5Dプリンタで触感を伴う試作品を手軽に製作
カシオ計算機は「CEATEC JAPAN 2017」で、紙上に微妙な凹凸を施した印刷ができる2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」を展示する。現在はユーザー企業に機器を貸し出ししながら評価と改善を実施しており、2018年2月発売を目標に開発を進めている。(2017/9/27)

PR:プロトレック初のスマートウオッチ、「WSD-F20」のデザインに込められた思い
カシオ計算機の“PRO TREK Smart”「WSD-F20」は、腕時計として、アウトドアツールとしての完成度を高めたスマートウオッチ。そのデザインはもとよりユーザーインタフェースやアプリにも多くの工夫とこだわりが詰まっている。同社デザインチームに話を聞いた。(2017/9/1)

女性の夢が詰まったコンデジ――カシオ「ZR4100」でメイクアップ!
もしスマホをすでに持っていてなおかつコンデジが欲しいといわれたら、わたしはこれを薦める。カシオの“ハイスピードEXILIM”シリーズの上位機「EX-ZR4100」だ。(2017/8/29)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
自動化に遅れたカシオ計算機が描く、現実的な「スマート工場」構想
カシオ計算機は、新興国の人件費高騰や人手不足などが進む状況を踏まえ、生産革新に取り組む。ロボットを活用した自動化を推進するとともに、工場間を結んだスマートファクトリー化にも取り組む。同社 執行役員 生産資材統轄部長の矢澤篤志氏に話を聞いた。(2017/8/21)

iPhoneと連携する“Bluetoothストップウォッチ”は何が便利?
今回紹介するのは、カシオのBluetooth搭載ストップウォッチ「HSB-100W-1JH」。測定したデータをiPhoneに送信し、アプリで管理できるこのストップウォッチ、スポーツや勉強など、さまざまな使い方ができるユニークな製品だ。(2017/8/20)

カシオ計算機:
生産効率を高めるため、山形カシオに新工場を建設
カシオ計算機は、国内生産拠点の山形カシオにおいて、時計の生産効率を高めるため、新工場を建設することを発表した。(2017/8/17)

懐かしのケータイギャラリー:
300万画素超のカメラを世界初搭載したケータイ「A5406CA」
ケータイでは世界初となる300万画素超のCCDを搭載した「A5406CA」。ケータイ初の200万画素搭載モデルを投入したカシオから、わずか半年で300万画素超えモデルの登場となり話題を呼びました。(2017/8/13)

スマートファクトリー:
スマート工場化の第一歩、カシオタイ工場で自動化ラインが稼働
カシオ計算機は、タイの関数電卓工場で自動化ラインを稼働させたことを明らかにした。人件費の高騰や人手不足に対応するため。2017年秋ごろには自動化ラインの設備情報を取得し遠隔監視を行う取り組みなども開始する。(2017/8/8)

工場ニュース:
山形にカシオが時計の新工場、クリーンルーム面積を1.5倍に
カシオ計算機は、基幹部品から完成品まで一連の工程で組み立てられる時計の新工場を建設する。(2017/8/7)

カシオ、割り算の余りを簡単に計算できる電卓を7月21日発売
いろんな現場で使える計算機。【訂正あり】(2017/7/12)

薬局、倉庫への導入見込む:
カシオ、「余り」を算出できる電卓発売 日数や時間も
カシオが、割り算の「余り」を算出できる電卓「余り計算電卓 MP-12R」を7月21日に発売すると発表。調剤薬局や、物流倉庫などを主なターゲットに想定する。(2017/7/12)

割り算の「余り」を出すことに注力した電卓、カシオが発売
「÷余り」キーを搭載。(2017/7/12)

DMS2017:
カシオの2.5Dプリントは「デジタルシート」に、「表面形状の試作に最適」
カシオ計算機は、「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」において、独自の印刷技術によって凹凸を持ったシートを出力できる「デジタルシート」を展示した。前回のDMS2016で発表した「2.5Dプリントテクノロジー」と技術的には同じだが、出力物である凹凸を持ったシートを主役にした点が異なる。(2017/6/22)

カシオ、Bluetooth搭載ストップウオッチを発売 iPhoneアプリでデータ管理可能
カシオ計算機は、測定データをiPhoneへ送信して管理できるBluetooth搭載ストップウオッチ「HSB-100W-1JH」を発売。専用アプリに保存したデータはCSV形式ファイルでメール送信可能だ。(2017/6/14)

PR:究極の“時刻精度”を持つ腕時計を実現、カシオの最新モジュール「Connectedエンジン3-way」とは?
カシオ計算機が新たに開発した「Connectedエンジン3-way」は、世界中どこにいても正確な時刻を刻み続ける、全く新しいモジュールだ。それは1974年の時計市場参入時から受け継がれてきた「完全自動腕時計」の実現に近づく一歩だった。(2017/6/1)

スキマ時間で英語が身に付く? カシオの「デジタル英会話学習機」を試す
通勤・通学などのスキマ時間を使って、紙の教材やスマホアプリで英語を学んでいる人は多いが、こんな専用ガジェットがあるのをご存じだろうか。今回はカシオが発売した最新モデルを実際に試してみた。(2017/5/31)

G-SHOCKの新モデルに搭載:
0.05mmの組み込みずれも許さない、カシオ新型モジュールへの挑戦
カシオ計算機は、耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」の新モデル「GPW-2000」を発売する。標準電波とGPS電波に加え、スマートフォン経由で接続したタイムサーバからも最新の時刻を取得する仕組みを搭載した。その肝となる技術が、カシオがGPW-2000のために開発した新モジュール「Connected エンジン 3-way」だ。同モジュールの開発にまつわる話を聞くと、腕時計に対するカシオのこだわりが見えてくる。(2017/5/19)

Microsoftのウェアラブル復活? カシオと特許ライセンス契約
米Microsoft Technology Licensingとカシオ計算機がスマートウォッチ関連のテクノロジーを含む新たな特許ライセンス契約を締結した。(2017/4/5)

カシオの関数電卓はどうやって作られるのか――開発者が見た教育現場と、そこから生まれた52種類の機体
開発の裏話を聞いた。(2017/3/13)

なつかしのゲーム電卓も! カシオの歴代製品が「学びと遊びの電卓・電子辞書展」に勢ぞろい
3月21日から5月10日まで。見学は完全予約制。(2017/3/11)

長年の苦労乗り越え商品化:
カシオのスマートウォッチ、開発の裏で何があったのか
2016年春に、カシオ史上初のスマートウォッチ「WSD-F10」が発売された。アウトドアファンから高い支持を集める同製品を手掛けたのは、新規事業開発部 企画管理室の坂田勝室長だ。数々の失敗があったというが、どのようにして商品が生まれたのだろうか。(2017/3/10)

カシオが歴代「関数電卓」「ゲーム電卓」「電子辞書」展示 約40年前の関数電卓を見てきた
ファンにはたまらないイベントだ。(2017/3/9)

「CASIO WATCH PREMIUM SHOP」担当者に聞く:
PR:大丸東京店の“時計のプロ”が語る、カシオウォッチの魅力
高級ラインを打ち出す、カシオの「CASIO WATCH PREMIUM SHOP」。大丸東京店の10階時計売場に2016年10月オープンした店舗もその1つだ。大丸東京店の“時計のプロ”は、カシオウォッチの魅力をどのように感じているのだろうか。(2017/3/1)

カシオが自撮り用デジタルカメラ「EX-FR100L」 画像処理技術とアウトドア仕様を融合
2000台限定発売。(2017/2/22)

懲戒解雇:
カシオ元従業員が4億4000万円横領
カシオの元従業員が4億4000万円を横領していたことが発覚。(2017/2/10)

ラーニングからコーチングへ、カシオが新機軸の英会話学習機「Lesson Pod」を発売
カシオ計算機は、新コンセプトの英会話学習機「Lesson Pod」(レッスンポッド)を発売する。自らユーザーに話しかけ、学習をリードする“コーチング”の学習機。英語を話すことに苦手意識を持っている人にも適しているという。(2017/2/2)

CES 2017:
カシオのスマートウォッチ「WSD-F20」を写真でチェック
カシオがスマートウォッチの新製品「WSD-F20」を発表。低消費電力のGPSを新たに搭載。CESのブースで実機を触ってきた。(2017/1/9)

CES 2017:
新たにGPSを搭載――カシオの「Smart Outdoor Watch」第2弾製品が登場
カシオがスマートウォッチの新製品「Smart Outdoor Watch(WSD-F20)」を発表。2016年3月に発売した「WSD-F10」に続く、第2弾の製品。GPSを内蔵しており、スマホと連携せずに位置情報の確認や記録ができる。(2017/1/5)

リラックマ仕様の「EXILIM」発売――写真にリラックマを合成できるぞ
カシオ計算機の公式ECサイト「e-casio」がリラックマファクトリーとコラボレーションしたデジタルカメラ“EXILIM”を発表した。レーザー刻印でさりげくリラックマをデザイン。さらに……。(2016/12/12)

PR:カシオのBluetooth対応「お天気情報お知らせクロック」が切り開く、クロック製品の未来
11月30日に発売したばかりの置き時計製品「お天気情報お知らせクロック」。その名の通り、液晶パネル上に天気予報の情報を表示してくれるというものだが、生まれるまでには意外な壁があった――。クロック開発の担当者に聞いた。(2016/12/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月24日〜10月30日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が9連覇
デジタル一眼ランキングは、前回とまったく変化がなかった。1位のキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」は10連覇にあと1週に迫った。コンパクトデジカメは、カシオの「EX-ZR210」が1位にランクアップした。(2016/11/7)

PR:「グローバルでも正確な時を」カシオこだわりの“3つの時刻取得システム”とは?
“先進のエレクトロニクス技術で、常に正確な時を追い求める”をモットーに掲げているカシオ。そのこだわりを実現する時刻取得システムが3種類あることを知っているだろうか。「電波」「電波+GPS」「スマートフォンリンク(Bluetooth)」それぞれの違いとポイントを担当者に聞いた。(2016/11/1)

自撮りに最適、ほわほわんなポートレートも撮れちゃう超広角コンデジ、カシオ「ZR4000」
コンデジは生き延びるためにセンサーサイズを大きくしたり、ズーム倍率を上げたりしているが、カシオ計算機が面白いアプローチを仕掛けてきた。望遠ではなく広角に振ってきたのだ。(2016/10/26)

PR:全天周って何? Outdoor Recorderってどういうこと? カシオの「EX-FR200」で遊んでみた
カシオ計算機の「Outdoor Recorder EX-FR200」というカメラが面白いと荻窪圭さんから教わり、どこがどう面白いのか、全天周が撮れるとはどういうことなのか、実際に公園で体験してみました。(2016/9/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月5日〜9月11日):
フルサイズハイエンド機キヤノン「EOS 5D Mark IV」が発売即ランクイン、その順位は?
デジタル一眼ランキングの6位に、9月8日発売のキヤノンのフルサイズハイエンド機種「EOS 5D Mark IV」が登場。コンパクトデジカメランキングではカシオ計算機「EX-ZS28」がついにトップに。(2016/9/19)

PR:魚眼レンズや2台同時接続でさらに楽しい! カシオの「EX-FR200」はこんなに遊べる
カシオ計算機のOutdoor Recorderのラインアップに、魚眼レンズを搭載し、前方180度や全天周が収められる「EX-FR200」が登場。2台同時接続などを実際に試してみると、とにかく面白いのだ。(2016/9/16)

カシオの企画・開発担当者に聞く:
PR:7年ぶり登場したG-SHOCK「FROGMAN」は、どう進化したのか
2016年6月、7年ぶりにG-SHOCK「FROGMAN」のニューモデルが登場した。これまでのモデルと違ってどのような機能が搭載されているのか。企画・開発に携わったカシオ計算機・時計事業部の担当者に話を聞いた。(2016/9/13)

カシオ、2016年秋冬モデルの新作時計を発表 「MASTER OF G」に「空・海・陸」の新作
カシオが16年秋冬モデルの新作ウォッチを展示する新製品発表会を開催した。(2016/9/12)

カシオ開発者に聞く:
PR:どのようにして開発したのか? G-SHOCKとPRO TREKに搭載されている「磁気センサー」
カシオの腕時計「G-SHOCK」と「PRO TREK」に最新の「磁気センサー」を搭載したモデルが登場した。タフな環境の中でも、方位計を正確に使いたい。そのようなニーズに応えるために、カシオの開発陣はどのような工夫を凝らしたのか。話を聞いた。(2016/8/5)

180度の全天周撮影に対応した「Outdoor Recorder EX-FR200」が登場
カシオ計算機から、フリースタイルでの撮影が可能な「Outdoor Recorder」の、180度全天周撮影対応モデル「EX-FR200」が登場。(2016/8/4)

「0から1を生み出す」とは――G-SHOCKの父から教わる“発明”の原点
G-SHOCKを開発したカシオ計算機の伊部菊雄氏が、樫尾俊雄発明記念館がある成城の明正小学校のワークショップに登壇。子どもたちに発明の極意を教えた。(2016/8/4)

DMS2016:
カシオから2.5Dプリンタ、紙の表面に微妙な凹凸を再現
カシオ計算機は、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、独自の印刷技術によって紙の表面に微妙な凹凸を再現できる「2.5Dプリントテクノロジー」を披露した。(2016/6/23)

なぜ今スマートウォッチ市場に? カシオの本気と確かな技術
なぜスマートウォッチ市場に参戦したのか? カシオならではの技術とは。(2016/6/16)

世界中どこでも正確な時刻:
PR:地球モチーフの立体インダイアルが動く! 魅力を増したEDIFICE「EQB-600D」
カシオ計算機は5月14日、EDIFICEのスマートフォンリンクモデルの新製品として、地球モチーフの立体インダイアルを搭載した「EQB-600D」を発売する。ワールドタイム機能を目で見て楽しめる新たな発想のモデルは、どのような狙いで開発されたのか。同社の開発陣に話を聞いた。(2016/5/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。