ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カシオ計算機」最新記事一覧

世界中どこでも正確な時刻:
PR:地球モチーフの立体インダイアルが動く! 魅力を増したEDIFICE「EQB-600D」
カシオ計算機は5月14日、EDIFICEのスマートフォンリンクモデルの新製品として、地球モチーフの立体インダイアルを搭載した「EQB-600D」を発売する。ワールドタイム機能を目で見て楽しめる新たな発想のモデルは、どのような狙いで開発されたのか。同社の開発陣に話を聞いた。(2016/5/13)

特選ブックレットガイド:
カシオが考える「スマートウォッチ」の方向性
Bluetooth Low Energy対応スポーツウォッチ「STB-1000」の開発秘話。(2016/5/11)

G-SHOCKを使ってた頃を思い出す カシオのスマートウォッチとアウトドアを楽しむ
カシオ計算機が満を持して開発したAndroid Wear搭載の「Smart Outdoor Watch WSD-F10」。個性的なこのスマートウォッチの使い勝手はどんなものか、カシオのフリースタイルデジカメ「Outdoor Recorder EX-FR100」と一緒に遊ぶとどう楽しいか、いろいろ試してみた。(2016/4/24)

PR:Outdoor Recorder EX-FR100は、アクセサリーを使ってその自由なスタイルを楽しむべし
カシオ計算機の新スタイルデジカメ「Outdoor Recorder EX-FR100」は、その自由な撮影スタイルが特徴の製品。豊富に用意されているアクセサリーを活用すると、さらに撮影の幅が広がる。(2016/4/15)

荻窪圭が直撃:
カシオはなぜ、今スマートウォッチを出すのか 樫尾和宏社長に聞く
3月25日、いよいよカシオ計算機からAndroid Wear搭載スマートウォッチが発売される。「カシオらしいスマートウォッチとは何か」を追求し、生まれたSmart Outdoor Watch WSD-F10は、なぜ今このタイミングで登場したのか。樫尾和宏社長に直撃した。(2016/3/18)

水深計を初めて搭載した「G-SHOCK FROGMAN」、その特徴は?
カシオ計算機は6月10日に、過酷な水中でのミッションを支える3つのセンサーを搭載したダイバーズウオッチ「G-SHOCK FROGMAN(フロッグマン)GWF-D1000」を発売する。(2016/3/18)

カシオのスマートウォッチ「Smart Outdoor Watch WSD-F10」、3月25日発売
カシオ計算機が、同社初のAndroid Wear搭載スマートウォッチを3月25日に発売すると発表しました。(2016/3/17)

売上2倍!:
PR:カシオの高機能クロノグラフ「EDIFICE」、なぜ欧州で絶好調なのか?
カシオの腕時計「EDIFICE」が売れている。特に欧州では絶好調だという。なぜ「EDIFICE」は欧州の人に支持されているのか。理由を聞いたところ……。(2016/3/18)

製造ITニュース:
中堅・中小規模製造業向け業務システムの分野で協業、新サービスを開始
日立システムズは、カシオ計算機と協業し、中堅・中小規模製造業向けに、ハンディターミナルとクラウドを活用して複数の工場に点在する在庫を「見える化」するサービスを開始した。(2016/2/29)

カシオのスマートウォッチ、「WSD-F10」がCP+ 2016で国内初の一般公開
CP+ 2016のカシオ計算機ブースに、「Smart Outdoor Watch WSD-F10」が展示されています。アウトドアレコーダー「EX-FR100」と連携するスマートウォッチ、というあくまでもオマケの位置付けですが、国内では初の一般公開です。(2016/2/27)

カシオ、待たずに投写できる“ハイブリッド光源”採用プロジェクター計8製品を投入
カシオ計算機は、電源投入から最短5秒で最大輝度に達する「レーザー&LEDハイブリッド光源」を採用したプロジェクター計8製品を発表した。(2016/2/9)

開発秘話に迫る:
PR:プロ登山家と共同開発! 「PRO TREK」の最上位モデル、その実力は?
2015年秋に発売されたPRO TREKの最上位ライン「PRX-8000T」が注目を浴びている。「PRO TREK」と聞くと、アウトドアウォッチをイメージする人が多いと思うが、新商品は大胆なデザイン変更に踏み切った。その狙いは何か。カシオ計算機のデザインと開発の担当者に話を聞いた。(2016/2/1)

CES 2016:
ぬるぬる動く? 画面は見やすい? 動画で見るカシオ「WSD-F10」
発表記事に対して「これは欲しい!」という声も多く寄せられたカシオ計算機のスマートウォッチ「WSD-F10」。CES 2016で発表されたこの製品、国内ではまだ情報が少ないので、現地を取材している記者や公式動画から、その魅力を探ってみました。(2016/1/11)

カシオ初のスマートウォッチは“アウトドア特化” Android Wear「WSD-F10」登場
カシオ計算機が、Android Wear搭載のスマートウォッチ「WSD-F10」を発表。アウトドア用途に特化し、高い防水性能・耐久性、各種センサー、アプリなどを盛り込んだ。(2016/1/6)

CES 2016:
カシオ、カラーとモノクロの2層液晶を採用したAndroid Wear搭載スマートウォッチ「WSD-F10」を発表
カシオが米国で開催中のCES 2016で、Android Wearを搭載するアウトドア向けスマートウォッチを発表した。(2016/1/6)

“カシオらしいスマートウォッチ”はアウトドア対応のAndroid Wear「WSD-F10」
カシオ計算機が、Android Wear搭載のスマートウォッチを発表。5気圧防水や高い耐久性を持ち、EX-FR100との連携機能や、消費電力を抑える独自の工夫などを盛り込んでいます。(2016/1/6)

“フリースタイルカメラ”がさらに進化 「Outdoor Recorder EX-FR100」登場
カシオの“フリースタイルカメラ”が、16ミリ相当のレンズと3型の液晶ディスプレイ、EXILIMエンジン HS ver.3を搭載してパワーアップ。アウトドアアクティビティの楽しさを高画質な写真で残せるカメラ「Outdoor Recorder EX-FR100」として登場した。(2015/11/19)

自撮りが楽しいカシオ「EX-ZR3000」を美女2人に使ってもらったら
自撮りとスマホ連携に強いカシオのEXILIM「EX-ZR3000」は、機能を逐一説明するより、実際に楽しく撮影しているシーンの方がその魅力が伝わると思う。そこで、実際に美女2人に秋の川越で撮影を楽しんでもらった。(2015/11/13)

デザイナーに聞く:
PR:“オシアナス・ブルー”を支えるデザイナーのこだわり、その舞台裏に迫る
カシオは10月、「OCEANUS(オシアナス)」の最新モデルを発表した。時計に施されている色は“塗られている”と思っているかもしれないが、オシアナスは違う。長い年月をかけて、美しいブルーを追求しているのだ。(2015/11/13)

カシオ、自動作曲アプリ「Chordana Composer」のAndroid版をリリース――演歌も可能に
カシオ計算機は、短いメロディーをもとにさまざまなジャンルの曲を自動作曲するアプリ「Chordana Composer」のAndroid版を発売した。新たに「演歌」も可能となった。(2015/10/30)

コンデジとスマホがスムーズに連携する技ありの1台――カシオのEXILIM「EX-ZR3000」
カシオ計算機のHISPEED EXILIMのラインアップに、新たに「EX-ZR3000」が加わった。快適なスマホ連携と、従来モデルよりさらに高画質になった点が大きな魅力だ。(2015/9/30)

デジタルとアナログを高次元で融合! カシオの腕時計が目指すモノづくり
カシオの腕時計が躍進している。売り上げが伸びているが、開発現場ではどのようなこだわりがあるのか。デジタルドライブやアナログムーブメントの企画を担当している小島直氏と、プログラムの仕様設計を担当している長谷川幸佑氏に話を聞いた。(2015/9/30)

カシオ、今秋に新作の時計を投入
カシオ計算機は9月から10月にかけて、新作の時計を3アイテム投入する。(2015/9/24)

カシオが秋冬の新製品を発表、注目の時計は?
カシオ計算機は9月初旬、2015年秋冬モデルの新作ウォッチを展示する「2015年Autumn/Winter CASIO時計新製品発表会」を都内で開催した。(2015/9/18)

電卓にも“持つ喜び”を――カシオ計算機が常識外れの高級電卓「S100」を発売する理由
カシオ計算機が発表した「S100」は、同社電卓のフラグシップモデル。オーディオ機器を想起させるような高級感のあるデザイン、PCの技術を取り込んだキーなど、「持つ喜び」を提供するという。商品企画担当者に詳しい話を聞いた。(2015/9/16)

カシオ、電卓のフラッグシップモデル「S100」発売 アルミボディに上質キー 電卓発売50周年記念
カシオが電卓発売50周年を機にフラッグシップモデル「S100」を発売する。(2015/9/16)

“自然の情報”を計測! PRO TREK「PRW-3500」の実力を試してみた
カシオから新たなPRO TREKシリーズ「PRW-3500」が発売された。新製品は「水回りのアウトドアシーンでも安心して使うことができる仕様」というが、実力のほどはいかに? 福島県の桧原湖に行って、試してみたところ……。(2015/9/11)

水曜インタビュー劇場(G-SHOCK公演):
この機能って必要? そう感じても「G-SHOCK」が欲しくなる理由
カシオ計算機のG-SHOCKが売れている。パンフレットをみると、さまざまな機能が搭載されているが、スーツを着ているサラリーマンには「これ必要なの?」と思えるようなものばかり。それでも、売れている理由を探っていくと……。(2015/9/9)

国内最安:
“アキバ発”のSIMフリースマホ「UPQ Phone」とは? 新感覚の関連アイテムも注目
秋葉原に誕生したUPQ(アップ・キュー)は、カシオ出身の中澤社長が設立した家電ブランド。お披露目された新製品の中から、国内最安をうたうスマホと関連グッズをチェックする。(2015/8/10)

過酷なシーンで活躍する、G-SHOCKの新製品「MUDMASTER GWG-1000」
カシオ計算機は8月7日、G-SHOCKの新製品「MUDMASTER(マッドマスター)GWG-1000」を発売した。(2015/8/7)

海外出張、旅行に:
実は業界初、タイ語・ベトナム語辞典を収録した電子辞書がカシオから
カシオ計算機は、電子辞書「EX-word」(エクスワード)の新製品として、タイ語・ベトナム語辞典を収録した「XD-CV810」など6機種を発表した。(2015/8/6)

外国人観光客も増えてますし:
いつでもどこでも英会話、カシオからポケットサイズの学習ツール「joy study」登場
カシオ計算機は、英会話のデジタル学習ツール「joy study」を発売する。通勤や移動時間などちょっとした空き時間に英会話を繰り返し聞くことで各種フレーズを学習できるという。(2015/7/30)

デジカメ界の異端児カシオ:
「QV-10」発売から20年、カシオのカメラは「技術競争に興味ナシ」
カシオ計算機が1995年に発売した世界初の液晶付デジタルカメラ「QV-10」。発売から20周年を記念し、同社のカメラ史を振り返る対談イベントが行われた。(2015/7/24)

撮影した写真をスマホに自動転送するEXILIM 「EX-ZR3000」「EX-ZR60」を発売
バッテリーは節約しつつ、撮った端から写真をどんどんスマートフォンに転送できてしまう便利なデジカメ、EXILIM「EX-ZR3000」と「EX-ZR60」がカシオ計算機から登場する。(2015/7/23)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
防水・防塵のタフな奴、キーパッドを外して丸洗いできるカシオの電卓「WM-320MT」
今回紹介するのは、カシオの防水・防塵電卓「WM-320MT」。水回りやホコリの多い場所でも問題なく使える電卓で、濡れた手で操作してもOK。太陽電池と補助電池の併用で、さまざまな状況下に対応できる電卓として魅力的な製品だ。(2015/7/23)

カシオの自動作曲アプリ「Chordana Composer」がバージョンアップ、YouTube公開機能などを搭載
カシオ計算機のiOS向け自動作曲アプリ「Chordana Composer」がバージョンアップ。作曲時に設定できるジャンルを拡大し、曲をYouTubeで公開する機能などを搭載した。(2015/7/17)

鼻歌から自動作曲、YouTubeで公開 カシオのiPhoneアプリ「Chordana Composer」
鼻歌を入力するだけで、1曲まるごと自動作曲するカシオのiPhoneアプリ「Chordana Composer」に、作った曲をYouTubeで公開できる機能が加わった。(2015/7/16)

カシオの腕時計が頑丈すぎる!! 20年前に無くした腕時計がボロボロになりながらも動いていた
20年の庭先放置などチャメシ・インシデントなのだ。(2015/6/23)

樫尾俊雄発明記念館:
現代のスマートウォッチよりスゴイ?――カシオの歴代多機能時計はこんなにユニークだった
6月10日から7月24日まで「樫尾俊雄発明記念館」、カシオ計算機の歴代多機能時計が展示される。ゲームができる腕時計、放射温度計がついた腕時計、心拍数を測れる腕時計など、数々のユニークな製品を見ていきたい。(2015/6/6)

「次世代スマートウォッチ」をにらむカシオの過去と未来
現在、時計メーカーらしいウェアラブルデバイスを開発しているというカシオ計算機。同社が手がけるのは、どうやら新しいスマートウォッチのようです。樫尾俊雄発明記念館で開催される「時の記念日」特別展示の説明会で、スマートウォッチへの考え方が示されました。(2015/6/5)

スマートウオッチなんて目じゃないぜ! 今見ても斬新すぎるカシオの歴代多機能時計をまとめて展示
DATABANKとか、めっちゃ懐かしいんですけど。(2015/6/3)

Apple Watchをカシオの計算機付き腕時計風にするアプリ「Geek Watch」
Apple Watchのディスプレイで、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも登場した昔懐かしい計算機付き腕時計を再現するアプリ「Geek Watch」が120円で発売された。計算機機能とストップウォッチ機能が一応使える。(2015/5/24)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
25年の歳月をかけて誕生 カシオの自動作曲アプリ「Chordana Composer」とは?
鼻歌から作曲できるカシオのiPhone用アプリ「Chordana Composer」が高い人気を博している。実現まで25年の歳月を要したというこのアプリについて、開発者に話を聞いた。(2015/5/22)

軽量化と堅牢性を実現:
ベゼルに64チタンを採用した、G-SHOCK「GPW-1000T」を発売
カシオ計算機は6月12日に、G-SHOCKの新製品「GPW-1000T」を発売する。(2015/5/21)

カシオ、「EXILIM EX-FR10」の機能を強化するファームウェアVer.2.00を公開
新ファームウェアでは、インターバル撮影の間隔を今までより短く設定できたり、タイムラプス撮影ができるようになったりと、機能が強化される。(2015/5/20)

カシオのフリースタイルカメラ「EX-FR10」に「QV-10」カラーの限定モデル
カシオ計算機から、同社のデジタルカメラ事業20周年を記念した「QV-10」カラーの「EX-FR10」が、2000台限定で発売される。(2015/5/13)

新戦略は1年後:
カシオが27年ぶりに社長交代 父・樫尾和雄氏から長男・和宏氏へ
カシオ計算機は5月12日、樫尾和宏取締役専務執行役員が、6月26日開催予定の株主総会後の取締役会で社長に就任することを発表した。(2015/5/12)

社長交代会見で明言:
カシオ、“時計メーカーらしい”ウェアラブルデバイスを開発中 2016年1月のCESで発表
カシオ計算機が、代表取締役の異動を発表。新社長には樫尾和宏氏が就任する。その席上で、同社が「時計メーカーらしい」端末を開発しているとの発言があった。2016年1月のCESで披露するという。(2015/5/12)

“スマホとつながる時計“はいろいろ:
クロノグラフがスマホとつながる意義――カシオ開発者インタビュー
Apple Watchの発売もあり、腕時計に改めて注目が集まっている昨今。Appleとはある意味真逆のアプローチで「スマホとつながる時計」を作っているのがカシオ計算機だ。4月24日に発売された「EDIFICE EQB-510/ECB-500」の開発者に、製品のコンセプトとその思想を聞いた。(2015/4/26)

新世代カメラを楽しむ:
カシオの行楽コンデジ「EX-ZR1600」は、自撮りから風景まで、楽しさを簡単にシェアできる
カシオ計算機が発売した、自撮りとスマホ連携に強いEXILIM EX-ZR1600は、行楽にぴったりの楽しいカメラ。女の子のかわいい表情を撮るなら、積極的に自撮りしてもらうのがいいのかも。(2015/4/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。