ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コカ・コーラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コカ・コーラ」に関する情報が集まったページです。

「近くにあるから買う」からの脱却 利用者の行動を変えたコカ・コーラ「スマホ自販機」
(2018/5/25)

Adobe、小売りサイト構築パッケージのMagentoを約17億ドルで買収
AdobeがECサイト構築ツール提供のMagentoを買収し、企業向けクラウドAdobe Experience Cloudに統合する。買収総額は約17億ドルだ。(2018/5/22)

“ビールの代わり”だけじゃない:
「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ
サントリーが「透明なノンアルビールテイスト飲料」をコンビニ限定で6月19日に発売。職場でも気兼ねなく飲用できる「透明」かつ「ペットボトル容器」を採用し、“ビールの代わり”にとどまらない飲用シーンを提供する。(2018/5/11)

あらやだかっこいい! 「コーラの空き缶」で作られたF1マシン爆誕、これが暇を持て余した神々の遊びか
最高速度は無限大(脳内で)。(2018/5/10)

「誰が見てもきのこの山と分かる」:
「きのこの山」が立体商標に 「登録拒絶」乗り越え
明治の「きのこの山」が立体商標に登録。一度は登録を拒絶されたものの、「見ただけできのこの山だと分かる」識別力を有していることが認められた。(2018/5/10)

「Adobe Digital Experience Insights 2018」レポート:
デジタルはアナログを殺すのか? ドミノ・ピザ ジャパンCMOが語る「統合マーケティング」の考え方
「Adobe Digital Experience Insights 2018」におけるドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 CMO 富永朋信氏とアドビ システムズ STAACコンサルティング部 部長 櫻井秀一氏の対談要旨を紹介する。(2018/5/8)

「男性向けの缶コーヒー」からの脱却:
激動のコーヒー市場で「ジョージア」はどう変わる?
コーヒー市場がここ数年で大きく変化している。キーワードとなるのは「ちびだら需要」「カフェラテ」「ペットポトルコーヒー」。日本コカ・コーラの「ジョージア」ブランドはどのように変化するのか?(2018/4/25)

“直飲み”が広まる:
スカッと発散 強い刺激の炭酸水、競争激しく
炭酸水の新商品を各社が投入している。アサヒ飲料「ウィルキンソン」を筆頭に、炭酸水をそのまま飲む需要が増加。強い刺激がありながら健康的であるため、リフレッシュや爽快感といった需要を訴求し、競争が激しくなっている。(2018/4/19)

各社がシェアを奪い合う“激戦区”:
コカ・コーラ、小容量ペットボトルコーヒーに参入 「ジョージア ジャパン クラフトマン」
コカ・コーラが“激戦区”の500ミリリットルペットボトルに参入。「ジョージア」ブランドのブラックコーヒーとカフェラテで、若年層や女性層を狙う。(2018/4/18)

キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標として登録 文字がなくても何だか分かる
50年以上変わらぬデザインです。(2018/4/18)

文字や図形なし、容器のみ:
キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標に “ひと目見たら分かる”
キッコーマンが「しょうゆ卓上びん」が立体商標に登録されたと発表。1961年に世に出て以降、55年以上にわたって消費者に親しまれてきた。同社は「容器をひと目見ただけで“キッコーマンの卓上びん”と認識できることが認められた」としている。(2018/4/17)

ジョージア×週刊少年ジャンプ「コラボ缶」が数量限定で発売 人気キャラのコマがデザインされた全50種
抽選で当たる非売品コラボ缶も。(2018/4/16)

「檸檬堂」シリーズを九州限定販売:
コカ・コーラがお酒を発売 チューハイで“新たな挑戦”の狙いは
コカ・コーラシステムが5月28日に缶チューハイ「檸檬堂」シリーズを九州限定で発売する。男女問わず、20代以上の幅広い層がターゲット。350ミリリットル入りで、価格は150円(税別)。日本コカ・コーラの担当者に狙いを聞いた。(2018/4/13)

シャリシャリで冷え冷えのコーラ! 「コカ・コーラ フローズン レモン」発売
シャリシャリな「ファンタ フローズン」も登場します。(2018/4/13)

開発の狙いは?:
新感覚の「コカ・コーラ」登場 容器ごと凍らせる“フローズン”
コカ・コーラシステムが、フローズン飲料「コカ・コーラ フローズン レモン」を4月16日に発売する。容器ごと凍らせることで、シャーベット感覚で楽しめる。新たな顧客層を開拓する狙い。(2018/4/12)

“グランドサイズ”のサイドメニューも:
「ビッグマック」に新風味「ベーコン」「BLT」登場 生誕50周年を記念
日本マクドナルドが、特別メニュー「ビッグマック ベーコン」「ビッグマック BLT」を発売する。「ビッグマック」の生誕50周年を記念した企画の一環で、販売期間は4月18日〜5月上旬。日本市場で同商品が風味を変更するのは初。(2018/4/11)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
1位「トリバゴ」、2位「Y!mobile」 テレビCM出稿額をブランド別に見てみると──サイカ調査
サイカは、独自の調査方法によって推計したブランド別テレビCM出稿額ランキングを発表しました。(2018/3/28)

「つぶしやすいペットボトル」が水ばかりである理由
言われてみれば。(2018/3/24)

2位に大差:
テレビCM出稿額ランキング、トップはあのサイト
広告効果測定ツールなどを手掛けるサイカ(東京都千代田区)は3月22日、テレビCM出稿額が多いブランドのランキングを発表した。トップは宿泊施設の料金比較サイト「トリバゴ」で、出稿額は152.7億円に上った。(2018/3/22)

「アクエリアス」初の機能性表示食品 「アクエリアス S-Body」発売
柑きつフレーバー。(2018/3/18)

HI-Cやサンキストの自販機を朽ち果てたように再現 精密なミニチュアが忘れかけた思い出を呼び覚ます
日常の中であまり気にとめられない物をミニチュア化。(2018/3/16)

復調の紅茶市場に:
「甘さへの罪悪感」超えられるか コカ・コーラの新提案「紅茶花伝 クラフティー」
コカ・コーラが新ブランド「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりオレンジティー」を発売。復調の紅茶市場を背景に、“新しい紅茶”を提案する。(2018/3/8)

コカ・コーラ、2018年に日本で缶酎ハイを発売 グループ初事業で日本を選んだのはなぜか
125年の歴史の中でも、コカ・コーラ社のアルコール飲料参入は異例の取り組み。(2018/3/8)

低アルコールカテゴリーでの実験:
コカ・コーラ、日本市場で「缶酎ハイ」発売へ 初のアルコール飲料
米コカ・コーラが日本市場で缶酎ハイを発売する。ノンアルコール引力に注力してきたコカ・コーラが新たな領域へ。(2018/3/8)

やっぱりブルゾンちえみ!:
2017年、最も注目されたテレビCMは?
2017年 最も注目されたテレビCMは?――人体認識技術を活用してテレビ視聴者の視聴態勢からどのCMが注目されていたかを集計しているTVISION INSIGHTSは3月7日、「2017年 年間テレビCM注視度ランキング」を発表した。(2018/3/7)

い・ろ・は・す に「メロンクリームソーダ」が仲間入り 国産メロンエキスと天然水のハーモニー
透明なのにクリームソーダ。(2018/3/7)

働きたい企業、1位は「パナソニック」 外資は「Apple Japan」
日本で最も魅力のある勤務先はパナソニック――働きたい企業を世界共通基準で測る調査の結果が発表。外資1位はApple Japanだった。(2018/2/28)

「聖域なき見直し」:
リコー、コカ・コーラボトラーズ株式を売却 約560億円
リコーが、コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの全株式を約560億円で売却すると発表。商用・産業印刷事業の成長を図る狙い。構造改革遂行のための「聖域なき見直し」の一環という。(2018/2/21)

メントスがなくても、“アレ”の破片があれば「メントスコーラ」ができる理由
いつからメントスが必要だと錯覚していた?(2018/1/30)

来週話題になるハナシ:
苦戦が予想される「ダイエットコーク」に、立ちはだかる過去の壁
1982年に発売されたダイエットコークが岐路に立たされている。米国での炭酸飲料全体の売り上げが落ち込んでいることから大幅なリニューアルを行う予定だが、効果はどのくらいあるのだろうか。最大の壁は……。(2018/1/25)

創刊50周年記念「週刊少年ジャンプ展VOL.2」3月19日から 第2弾は発行部数653万部を記録した衝撃の90年代!
俺たちの90年代ヒーローが集結……!(2018/1/15)

コカ・コーラから初の桃フレーバー 「コカ・コーラ ピーチ」登場
パッケージのラベルもピンクに。(2018/1/15)

コミュニティー活用し、店舗開発:
「ローソンのこれからのお店をつくろうプロジェクト」、共創コミュニティー「Blabo!」で開始
生活者が企業の商品、サービス開発に参加できるコミュニティー「Blabo!」を運営するBlaboは、ローソンと連携し、「ローソンのこれからのお店を作ろうプロジェクト」を開始した。(2018/1/10)

期間限定「コカ・コーラ ピーチ」:
コカ・コーラ史上初「モモ」のフレーバーが登場
コカ・コーラに「モモ」のフレーバーが初登場。1月22日に全国で発売する。(2018/1/10)

第1弾は「きかんしゃトーマス」:
「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置、楽天データマーケティングが「RMP-Brand Gateway」を提供開始
楽天データマーケティングは「楽天市場」において、企業がブランドサイトを設置できる広告商品の提供を開始した。(2017/12/11)

日本酒をソフトドリンクで割る:
コカ・コーラがぐるなびと「飲食店支援」 若年層向けのレシピ提案
日本コカ・コーラはぐるなびと業務提携し、日本酒や焼酎などをソフトドリンクで割った低アルコール飲料のレシピを飲食店に提案していくと発表した。「若年層を集客できるレシピを提案することで飲食店を支援する」という。(2017/11/25)

マーケティングプラットフォーム主要3社が勢ぞろい:
Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。「Japan IT Week 秋」の講演のポイントを紹介する。(2017/11/22)

DX時代のDevOps/アジャイルヒーローたち(1):
Scrum Inc.に聞く、アジャイル開発がうまくいかない理由と、イノベーションを起こすために必要なこと
デジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンドが進展し、テクノロジーの力を使って新しい価値を打ち出す「企画力」と「スピード」が、ビジネス差別化の一大要件となっている。その手段となるアジャイル開発やDevOpsは企業にとって不可欠なものとなり、実践に乗り出す企業も着実に増えつつある。だが国内での成功例は、いまだ限られているのが現実だ。本連載ではDevOps/アジャイル開発の導入を支援しているDevOps/アジャイルヒーローたちにインタビュー。「ソフトウェアの戦い」に勝てる組織の作り方を探る。(2017/11/20)

スピン経済の歩き方:
なぜ「トクホ」はシニアよりも若者に人気なのか
働く人たちの間で「朝トクホ」なるものが定着してきている。体脂肪に頭を悩ますおじさん世代がこぞって買い求めているイメージを抱くかもしれないが、意外にもこの動きを後押ししているのは、「20〜30代」だという。(2017/10/31)

ディルバート(523):
会員プログラムは蟻地獄?
店員さんに会員プログラムを勧められたディルバート。そのやりとりは何やら怪しい雲行きに……。(2017/10/19)

しなの鉄道、「115系幻のコカ・コーラレッドカラー」復活プロジェクトが熱い
目指せ全色フルコンプ! ファンも社員も熱い。(2017/10/16)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
西尾・舞城・奈須を超えろ――重版童貞が名物編集者に言われた最高のアドバイス「ガンダムを1日で見ろ」
そんな無茶な……。(2017/10/2)

「い・ろ・は・す」初のホット飲料 津軽りんごエキスを加えた「焼きりんご」期間限定発売
寒い日に飲みたい。(2017/9/27)

認定資格制度や社員同士の教育も
Cisco、GE、Microsoftの「IoT向け技術トレーニング」はここまでやっている
モノのインターネット(IoT)普及に伴い、関連ソリューションを提供する大手IT企業が、次々とIoT関連教育プログラムを充実させている。Cisco、GE、Microsoftそれぞれの取り組みを通して、その意図を探った。(2017/9/26)

炭酸入りなのに振って飲む 「ファンタふるふるシェイカー」復活
あの、口の中でゼリーがシュワっと溶ける感覚が再び。(2017/8/22)

「い・ろ・は・す」に初の機能性表示食品 食物繊維入りの「無糖スパークリング」8月発売
脂肪の吸収や血糖値上昇の抑制といった効果に期待。(2017/7/11)

Advertising Week Asia 2007レポート:
日本における動画マーケティングのトレンドと成功法則
動画マーケティングで成功するにはどうすればいいのか。本稿ではFacebookで反響を呼んた動画広告コンテンツ上位5000件の分析結果から得られた知見を紹介する。(2017/7/5)

コカ・コーラもシーチキンもボタン一発で注文できる Amazon Dash Buttonのラインアップが100ブランド以上に拡大
アルコール飲料やオフィス文房具など新カテゴリが設けられ、幅広いラインアップに。(2017/6/28)

ボタン1つで商品届く「Amazon Dash Button」拡充 コカ・コーラ、ハッピーターンなど100種以上に
「Amazon Dash Button」に74種の新ブランドが追加された。(2017/6/28)

「ファンタ」のロゴデザインが7年ぶりに一新! パッケージも1年ぶり7回目のリニューアル
ロゴとパッケージを同時リニューアル。(2017/6/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。