ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コカ・コーラ」最新記事一覧

星8つ! コカ・コーラ「綾鷹にごりほのか」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラ カスタマーマーケティングの「綾鷹にごりほのか 525ml」(117円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/23)

星7つ! コカ・コーラ「爽健美茶」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラ カスタマーマーケティングの「爽健美茶 600ml」(91円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/23)

星3つ! コカ・コーラ「リアルゴールド ワークス」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラ カスタマーマーケティングの「リアルゴールド ワークス」(199円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/18)

コカ・コーライーストとウエストが経営統合へ
コカ・コーライーストジャパンとコカ・コーラウエストが経営統合に向けた協議を進めることで合意。(2016/4/26)

コカ・コーラが事業拡大 インドネシアに大型配送センター建設
インドネシアでコカ・コーラが事業拡大を図っている。(2016/4/22)

眠りをサポートする「グラソー スリープウォーター」 コカ・コーラシステムから機能性表示食品
コカ・コーラシステムは眠りをサポートするという機能性表示食品「グラソー スリープウォーター」を発売する。(2016/4/19)

スタンプを集めると1本無料! スマホと自販機が連携する日本コカ・コーラの「Coke ON」
無料チケットをスワイプすると、自動販売機からドリンクが出てくる仕掛けも。(2016/4/8)

アプリ対応自販機で「買う」「飲む」「楽しむ」の新体験:
日本コカ・コーラが新デジタルマーケティング戦略「Coke ON」を発表
日本コカ・コーラは、2016年4月7日、新デジタルマーケティングプラットフォーム「Coke ON」サービスと、Coke ONアプリと連動する新型の自動販売機を発表した。(2016/4/7)

コカ・コーラ、「スマホ自販機」展開 アプリ連携で“スタンプ”、たまると1本無料に
日本コカ・コーラは、スマホと連携する「スマホ自販機」を展開する。(2016/4/7)

“天才子役”として知られた女優・吉田里琴さん 学業専念のため芸能界引退を発表
最近では「あまちゃん」「リーガル・ハイ」などにも出演。(2016/4/1)

星6つ! 大塚食品「ベリーマッチ」をレビュー!
今回選んだのは大塚食品の「ベリーマッチ」(151円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/1)

「ギガビッグマック」登場 ビッグマックの2.8倍 きっかけは“あの最強男”
日本マクドナルドは、ビッグマックを大きくした「グランドビッグマック」と「ギガビッグマック」を4月6日から期間限定で販売する。(2016/3/31)

マクドナルド、「ビッグマック」の1.3倍の重量「グランドビッグマック」など販売へ
数量限定のビーフパティが4枚入った「ギガビッグマック」も登場。(2016/3/31)

星6つ! コカ・コーラ「コカ・コーラ オレンジ」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラ カスタマーマーケティングの「コカ・コーラ オレンジ」(91円/税込、店頭価格)だ。(2016/3/31)

ビッグマックに融解銅(1085度)をぶっかけてみたら、カラフルなドーナツができた
良い子はマネしないでね。(2016/3/27)

星満点! コカ・コーラ「いろはす サイダー」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラマーケティングの「いろはす サイダー」(91円/税込、店頭価格)だ。(2016/3/22)

「ジョージア」ブランドがコーヒーバッグ市場に参入 高齢者など取り込み
日本コカ・コーラは、缶コーヒー「ジョージア」の新商品「ジョージアカフェ コーヒーバッグ」シリーズを発売する。(2016/3/1)

星6つ! コカ・コーラ「日本の烏龍茶 つむぎ」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラ カスタマーマーケティングの「日本の烏龍茶 つむぎ」(140円/税別、希望小売価格)だ。(2016/2/26)

世界最大の音楽サービスSpotify、Google Cloud Platformを採用
7500万人以上のユーザーを擁する世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyが、オンプレミスのデータセンターからGoogle Cloud Platformに移行する計画を発表した。(2016/2/24)

星2つ! コカ・コーラ「ファンタ レモン+C」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラ カスタマーマーケティングの「ファンタ レモン+C」(129円/税込、店頭価格)だ。(2016/2/11)

ハルクとアントマンが夢の共演! 体格差最大のマーベルヒーローが1本のコーラを奪い合うCMが秀逸
お互いのキャラが立ってる。(2016/2/8)

「全力疾走」という病:
家電メーカー「アクア」の伊藤社長が業界の常識を破り続けてきたわけ
「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」の移動式冷蔵庫、中身がまる見えのスケルトン洗濯機……。家電メーカー・アクアに伊藤嘉明社長が就任して以来、次々と画期的な商品が誕生している。その常識破りとも言える取り組みには伊藤氏自身の人生が色濃く反映されているという。(2016/2/2)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(4):
SCMプロを証明する“免許証”「CPIM」とは
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。3回目は、SCMに関するグローバルスタンダードとなるAPICS資格制度の「CPIM」について解説する。(2016/1/29)

コカ・コーラ、7年ぶりにグローバルキャンペーン
日本コカ・コーラが新ブランド戦略を発表。全ての「コカ・コーラ」ブランドを統合させた共通のキャンペーンを世界で展開する。(2016/1/20)

ビジネスユーザー開拓は次のステージへ
「iPad Pro」アプリはどうなる? AppleとIBMの“iOS提携”に目を輝かせる人々
米IBMは米Appleとの提携の1つの成果として、iPhoneとiPad向けのビジネスアプリが100本に到達したと発表した。Appleはますます法人分野への注力を示し、IBMは次の展開にiPad Pro専用のアプリ開発を進めている。(2016/1/13)

自販機で五輪選手を支援 JOCとコカコーラ 「国民一丸となって応援したい」
JOCと日本コカ・コーラは「JOCオリンピック支援自動販売機」を設置し、「JOCオリンピック選手強化支援プログラム with コカコーラ」を実施することを発表した。(2016/1/8)

星4つ! コカ・コーラ「フレスカ レモン ジンジャーエール」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラカスタマーマーケティングの「フレスカ レモン ジンジャーエール」(129円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/30)

来週話題になるハナシ:
言葉の壁を超えた! 「EMOJI」に世界が注目
毎年、年末になると流行語大賞や番付などが話題になるが、実は海外でも似たような発表が行われている。オックスフォード・ディクショナリーが発表している「Word of the year」で、2015年に選ばれたワードは、なんと「EMOJI」だ。(2015/12/28)

星8つ! コカ・コーラ「い・ろ・は・す もも」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラ カスタマーマーケティングの「い・ろ・は・す もも」(85円/税別、店頭価格)だ。(2015/12/21)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

世界を「数字」で回してみよう(22) ダイエット:
万年ダイエッターにささげる、“停滞期の正体”
ダイエッターの心を蝕む最も大きな要素の1つに、「停滞期」があります。実際、停滞期から抜け出せずに挫折してしまったという方もいるのではないでしょうか。今回は、私たちダイエッターを悩ます“停滞期の正体”を、「超シンプル体重シミュレーション」という、エンジニア的な視点で探ってみましょう。(2015/11/30)

より多くの機器や通信環境に対応:
Facebook、静止画を組み合わせた軽量な動画広告「スライドショー」を発表
Facebookは、2015年10月30日、複数枚の静止画を組み合わせて軽量な動画広告を制作することができる「スライドショー」をリリースした。(2015/10/30)

Facebook、「スライドショー動画広告」を発表
Facebookが、7枚までの静止画をスライドショーのように表示する「スライドショー動画広告」の提供を開始した。特にモバイル接続の速度があまり高くない国のローエンド端末ユーザーを対象としたブランドキャンペーンに適するとしている。(2015/10/30)

いまさら聞けないNDAの結び方(3):
「特許で保護するには適さないノウハウ」をどうやって保護するか?
オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回は、NDAを活用して秘密情報を開示する際、「特許で保護するには適さない情報(ノウハウ)」をどのように保護したらよいかという点について解説します。(2015/10/26)

コカ・コーラ、自販機の温度を2度高く設定 ホット飲料をよりあたたかく
コカ・コーラは、全国の自動販売機の加温温度を従来より2度高く設定すると発表した。(2015/10/19)

「コカ・コーラ ライム」が日本初登場 この冬限定のフレーバーが飲める!
11月2日から。(2015/10/13)

石川温のスマホ業界新聞:
「そば打ちも良かったが、講師と出会えて楽しかった」――加藤社長がノリノリでそば打ち体験をアピール
NTTドコモが2015〜2016年の冬春モデルと新サービスの発表会を開催した。発表会後、同社の加藤薫社長が囲み取材に応じた。(2015/10/9)

サービタイゼーション:
アフターサービスは製造業のドル箱か!? フィールド技術者専門のクラウド上陸
フィールドサービス業務支援に特化したクラウドサービスを展開するサービスマックス(ServiceMax)は、日本語によるサービスを開始し、日本市場での導入拡大を本格化する。(2015/10/7)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第67回:
Coca-Colaもキャンペーンに採用、世界の共通言語となった絵文字(emoji)のチカラ
絵文字(emoji)を使ったブランドプロモーションが増えている。デジタルサイネージと連動したCoca-Colaの最新施策を中心に、海外の個性的な取り組みを紹介しよう。(2015/9/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか?
成功者の言うことはとりあえず黙って吸収してみる。それが大きく人生を変えるきっかけになった。(2015/9/3)

山田孝之、探偵になる? 「ジョージア」CMがまさかのコミカライズ
原作はマルチクリエーター・瀬名快伸、作画は伯林が担当。プロローグを含めた全4話を予定している。(2015/9/2)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
だからコンビニの店舗数は1位でなければいけない
ファミリーマートとサークルKサンクスの合併で、コンビニの勢力図が塗り替えられることになりそうだ。これでファミリーマートの店舗数は業界2位となり、ココストアとの合併が完了すれば、店舗数で日本一となるわけだが……。(2015/8/26)

よい子もまねしてね:
Maker Faire Tokyo 2015で発想のままに好き放題工作したらこうなってしまった
モノづくりを思いっきり楽しんでしまえと盛り上がるイベントリポートの第3弾。ダイオードコンピュータがLEDでチカチカ光り、屋外ではコーラが大噴出。(2015/8/13)

Google、YouTubeの360度動画広告をスタート
AdWordsのTrueViewとして、360度パノラマ動画広告を設定できるようになった。Coca-colaの360度動画広告は標準的なインストリーム動画広告よりビュースルーレートが36%高かったという。(2015/7/23)

4980円で30メートル防水、充電不要の活動量計「MISFIT FLASH」日本発売
スタイリッシュなデザインが特徴の活動量計「MISFIT SHINE」の廉価モデルに当たる、「MISFIT FLASH」の国内販売が7月30日から始まります。30メートル防水の性能を持ちつつ、価格は4980円と非常に安いのがポイントです。(2015/7/10)

マクドナルド、今年も「炭酸ドリンク全サイズ100円」実施 7月13日まで
今年ももうそんな季節に。(2015/6/23)

日本投入も計画中:
HPが“USB Type-C”搭載のWindowsモバイルPCを発表――「Pavilion x2」実機リポート
USB Type-Cコネクタ搭載のWindowsモバイルPC「Pavilion x2」がHPから登場。同社がシンガポールで開催したメディア関係者向けイベントにて公開された実機をチェックする。(2015/6/18)

シンガポールで巨大プリンタの実力を体感:
コカ・コーラ「ネームボトル250種」はHPデジタル印刷機で作られていた
最近、ドリンクやフードの商品でよく見かける期間限定などの特別パッケージ仕様。その裏には、デジタル印刷機の進化があった。(2015/6/17)

独自のデザイン哲学を製品に反映:
HPが「日本向け堅牢モバイルノート」や「3Dスキャン対応の新提案PC」をシンガポールで披露
HPがシンガポールに構えるグラフィックス事業の研究開発拠点にて、同社のデザイン哲学と、それに基づく最新のPCやプリンタが披露された。現地リポートをお届けする。(2015/6/10)

星6つ! コカ・コーラ「アクエリアス・ゼロ」をレビュー!
今回選んだのはコカ・コーラの「アクエリアス・ゼロ」(151円/税込み、店頭価格)だ。(2015/6/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。