ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「紅葉」最新記事一覧

紙の風合い:
道具不要、絶対に枯れない盆栽――「kami-bonsai」
立川紙業は、ペーパークラフトの盆栽「kami-bonsai」4種類を発売した。「松」「紅葉」「金豆(キンズ)」「桜」の4種類をラインアップ。印刷や紙以外の素材に頼らず、すべてのパーツを紙の風合いのみで表現した。(2016/5/26)

交換レンズ百景:
手ブレ補正付き大口径ズームで撮る東京の紅葉――ニコン「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」
全域F2.8通しの標準ズームといえば、光学メーカーにとっては自社ブランドを代表する顔であり、看板のような存在だ。ニコンの新しい看板レンズを使って東京の紅葉を撮ってみた。(2015/12/16)

紅葉の季節ならでは! 落ち葉で作ったリザードンがかっこいい
さくしゃの さいのうが ひをふいた。(2015/11/22)

週刊「調査のチカラ」:
6割の人が“生活の一部”と答える「LINE」、50代ユーザーも増加中
日本人は日本酒を飲んでいるの? 外国人は日本の食文化をどう思っている? 紅葉の似合う滝はどこ? 日本の秋を彩る、気になる調査に注目してみます。(2015/10/10)

秋だ! 紅葉だ! そうだ滝を見に行こう 日本の滝ランキング発表
雨量の多い日本には、全国各地に数多くの滝があります。(2015/10/4)

秋ビール、差別化のカギは「配色」にあり?
秋ビールの季節になりました。秋ビールと言えば紅葉がデザインされたパッケージが多いので、今まで似たり寄ったりでしたが、今年は差別化された商品が登場。色とデザインの視点から分析したところ……。(2015/9/1)

もみじかちかち 東方project・犬走椛の「ステンレスで作ってみた動画」が千里先まで輝く程度の能力
かっこいいぞー!(2015/7/16)

「広島東洋カープ」公式グッズにもみじ饅頭やうどんをデザインしたキャップが登場 持ってるだけで腹減るわ!
リアルな梅干しを全面にプリントしたトートバッグも。よだれが止まらん……!(2015/1/30)

電子工作“超”入門(3):
電子工作的な観点でコンデンサを知ろう
紅葉の季節も過ぎ、いよいよ本格的に冬へ入る季節になってきました。寒暖の差が激しい日が続いていますが、こういうときは体調管理が難しいですね。暖房器具を出そうか迷っていますが、とりあえずホットカーペットの電源を入れることにしました。(2014/12/16)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第181回 色と光と紅葉の関係
秋の被写体といえば紅葉。今年は例年より色づきが早いようで、すでに東京近郊でも木々が赤や黄色に染まってきている。今回はそんな紅葉をきれいに撮るためのポイントを。(2014/11/14)

Google Nowに「紅葉カード」 近くのスポット自動表示
Google Nowに「紅葉カード」。現在地近くに紅葉のおすすめスポットがあれば、カードが自動的に現れる。(2014/11/5)

「Yoga 2 Pro」ロードテスト:
第2回 「Yoga 2 Pro」はテツ趣味に適するか、フジサン特急に乗って確かめた
前回は13.3型3200×1800ドットの超高精細ディスプレイで紅葉を再現して見せてくれた「Yoga 2 Pro」。今回はズバリ「本当に自分の趣味に適合するか」を検証すべく、冬の河口湖駅まで行ってみた。(2014/2/7)

「Yoga 2 Pro」ロードテスト:
第1回 シビれる3200×1800ドット液晶──過ぎ去った紅葉を「Yoga 2 Pro」で再現
3200×1800ドットと13型クラスでトップクラスの高解像度ディスプレイを搭載。超高精細高さがシビれる「Yoga 2 Pro」はプライベートシーンでどう使えるか、趣味マシンとしてこれから何回かに渡って考えてみることにした。(2014/1/7)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第34回 紅葉を鮮やかにするiPhoto実践テクニック
都内も冷え込んできて、きれいな紅葉を手軽に楽しめるようになってきた。そこで、紅葉を脳内イメージのように鮮やかにするのである。iPhotoで。(2013/11/26)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第170回 自分らしい紅葉写真と一工夫の関係
ぐっと冷え込んで紅葉がきれいな時期になってきた。晴れた日の名所で撮ればカメラ任せでもキレイなんだけれど、一工夫して自分なりの紅葉を撮ってみよう。(2013/11/14)

タイムアウト東京のオススメ:
紅葉はライトアップで楽しむ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2013/11/12)

長期試用リポート:
「OLYMPUS OM-D E-M1」第1回――色にこだわって紅葉を撮る
紅葉の撮影は、どんな色を表現するかがポイントのひとつ。オリンパスのフラッグシップ機「OM-D E-M1」を使って、色にこだわりながら紅葉を撮ってみた。(2013/10/31)

旅行に行きたい紅葉3大スポットは「伊勢神宮 内宮」「兼六園」「宮島」らしい
秋です。(2013/10/26)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第385話 通話表
「あー、姓は松本、『マッチ』のま、『鶴亀』のつ、『もみじ』のも、『東京』のと、どうぞ」「りょーかいしましたー」(2013/10/8)

PR:「ARROWS Tab F-05E」を箱根紅葉ドライブに連れ出す
フルHD表示に対応した高精細な10.1インチディスプレイと、10080mAhの大容量バッテリーが大きな特徴である「ARROWS Tab F-05E」。今回はこれを、紅葉ドライブに持ち出してどれくらい使えるのか検証してみた。(2012/12/14)

セントラルパークの美しい紅葉をタイムラプス動画でどうぞ
もう冬だけど秋の光景をお楽しみください。(2012/12/9)

それはとってもおいしいなって:
「魔法少女まどか☆マギカ」の八ッ橋 京都限定で発売
紅葉の中、着物姿のまどかが笑いかける――。(2012/11/20)

コンパクトデジカメで楽しむ秋の紅葉撮影テクニック
思わずカメラを向けたくなる鮮やかな紅葉があちこちで見られるシーズンになりました。本格的な機材は使わずに、コンパクトデジカメ1台で実践可能な、紅葉を美しく撮るテクニックを紹介しましょう。(2012/11/13)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第158回 紅葉と彩りとピントの関係
秋らしくなった時期の定番被写体といえば紅葉。彩りを楽しみながら、構図を考えて撮ってみましょうという話。(2012/11/8)

モテ機 Vol.22:
シーズンまっただなか! 「紅葉鑑賞デート」で男の株を上げるアプリを集めてみた
そろそろ紅葉が見ごろとなる。「日光に紅葉見に行かない?」なんて誘いやすいのは、紅葉鑑賞が古き良き日本の伝統のようなものだから。デートで男子力を見せられる紅葉関連アプリをご紹介しよう。(2012/10/9)

Googleマップに嵯峨野トロッコ列車のストリートビュー 保津川渓谷の紅葉広がる
嵯峨野トロッコ列車から見える保津川渓谷の風景がGoogleマップのストリートビューで確認できるようになった。(2012/2/2)

中小企業にWebサイトを:
植木屋さんが「みんビズ」に決めたわけ
紅葉の季節、忙しい職種が植木屋さん。すなわち造園業である。伝統的な職種だが、Webサイトをオープンして新たな顧客を集めている人もいるのだ。その内の1人、「横濱大正殖林」を1人で運営する矢倉寛之さん(29歳)に話を聞いた。(2011/12/6)

スマートフォン向けWebサイト「ウェザーニュース」開始
ウェザーニューズが、スマートフォン向け「ウェザーニュース」をスタート。気象情報や地震・津波といった災害情報のほか、紅葉・桜などの季節情報も届ける。(2011/11/18)

紅葉見物にドコモスタッフ? タブレット講座付き観光ツアー始まる
ジャパトラとNTTドコモが「タブレット端末講座付き 紅葉観光バスツアー」を実施。タブレット端末の操作をレクチャーし、実践編として端末を活用しながら観光を楽しむ。(2011/11/9)

デジイチ初心者応援:
紅葉撮影を楽しむための7つのコツ・後編――構図とボケにこだわって撮る
美しく見えた紅葉が、写真に撮ると意外と見栄えしない。そんな経験はないでしょうか。ただ何となくカメラを向けるのではなく、紅葉をいっそう引き立てる撮り方について考えてみましょう。(2011/11/7)

デジイチ初心者応援:
紅葉撮影を楽しむための7つのコツ・前編――色と光にこだわって撮る
今年も紅葉の季節がやってきました。赤や黄色に染まったカラフルな木々は被写体として好適。そんな秋の紅葉撮影をより深く楽しむための、ちょっとしたコツとヒントを紹介しましょう。(2011/11/4)

「そうだ 京都、行こう。」がiPhoneアプリになった
JR東海の「そうだ、京都行こう。」キャンペーンがiPhoneアプリになった。紅葉の京都に行きたくなる。(2011/10/21)

今年の紅葉の見頃、北日本では例年より遅め
(2011/9/16)

リクルート、スマートフォン用検索アプリ「じゃらん紅葉特集」を配信
リクルートが運営する宿泊予約サイト「じゃらんnet」は、ホットペッパーグルメと提携し、紅葉狩りや周辺情報を検索できるスマートフォン用アプリ「じゃらん紅葉特集」を配信した。(2011/9/12)

期間限定セールもあり:
ウィブックスが、App Storeで水野克比古写真集「京都桜百景」を提供開始
水野克比古氏の撮影による写真集「京都紅葉百景」の続編にあたる「京都桜百景」がApp Storeで公開された。日本語、英語、中国語に対応する。(2011/2/10)

クローバー柄の高齢運転者標識、2月1日からスタート
高齢運転者がクルマに付けるマークに、クローバー柄の新デザインが登場、2月1日から施行される。旧「もみじマーク」も当分の間併用できる。(2011/1/31)

仕事耕具:
漆調の外観に桜や椿、紅葉を施したデザイン朱肉
マックスは、漆調の外観に金色の箔押しを施した朱肉「プレミオ デザイン朱肉」を12月10日に発売。価格は1575円。(2010/12/1)

iPad専用写真集アプリ「京都紅葉百景」がバージョンアップ
ウィブックスは、水野克比古氏の撮影によるiPad専用アプリ「京都紅葉百景」をバージョンアップした。中国向けの展開を想定した機能強化が図られている。(2010/11/5)

紅葉を撮影するコツ、プロ写真家が指南 「GANREF被写体別ワークショップ」
プロカメラマンが特定の被写体やテーマについて、撮影方法や作品の仕上げ方、機材選びを解説する「GANREF被写体別ワークショップ」の第1回。カメラマンの萩原史郎さんが紅葉や初冬の風景写真を撮影するテクニックを指南する。カメラ情報サイト「GANREF」の企画で、長野県の志賀高原からライブ配信する。配信は10月30日12時0分〜10月30日16時0分。(2010/10/28)

叡山電鉄の列車「きらら」の車窓を楽しんで 京都の紅葉も!?
叡山電鉄(京都市)が主催する「第6回 えいでんまつり」のUst。イベント列車「きらら」の運転席か車掌席から見える風景をライブ配信する。叡山本線の出町柳駅をスタートし、二軒茶屋駅を通過した後、引き込み線を通って、普段は一般客が乗車できない修学院駅から修学院車庫までを移動する。京都市北部の景色を堪能しよう。紅葉も見られるかも!配信は10月30日10時0分〜10月30日11時0分。(2010/10/22)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第133回 秋と草花と紅葉の関係
草花や木々がしっとりとキレイな秋は、カメラを手にぶらぶら散策したくなる。さあ、一眼レフを持って出かけよう。(2010/10/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2010年9月27日〜10月3日):
小型軽量マイクロフォーサーズ「DMC-GF1」がお買い得
小型軽量のマイクロフォーサーズ機「DMC-GF1」がお買い得の状況。交換レンズとあわせて購入し、紅葉を撮りに行くのも楽しそうだ。(2010/10/12)

水野克比古氏撮影の「京都紅葉百景」がiPadアプリに
ウィブックスは、水野克比古氏の撮影による「京都紅葉百景」をiPad専用アプリとしてリリースした。100カ所以上の名所などが位置情報と併せて提供される。(2010/9/13)

日々是遊戯:
漫画家・もみじ真魚さんによる「エクストリームラブプラス 南日本制覇編」いよいよ始動へ!
昨年、寧々さんとともに自転車で日本最北端の地・宗谷岬を目指して旅立ったもみじ真魚さんが、新たな「エクストリーム・ラブプラス」を計画しているようです。(2010/6/14)

VAIO 2009年冬モデルロードテスト:
第4回 「VAIO P」をお供に、“筑前の小京都”の紅葉で癒される
福岡県福岡市の近郊は、自然豊かな観光スポットが多い。今回は朝倉市の「秋月城趾」へVAIO Pと訪れ、紅葉で癒されてみよう。(2009/12/10)

杉山淳一の +R Style:
第20鉄 晴れた日は紅葉と夜景を楽しむ――丹沢・大山観光電鉄
紅葉の時期、そして初詣&初日の出にオススメなのが大山ケーブルカー。登山客で賑わう丹沢へ、ケーブルカーと美しい景観を目的に出かける休日はどうだろう。(2009/12/5)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第122回 紅葉と色づきの関係
春の桜と並ぶ“季節もの”被写体の代表は紅葉。しかし、この紅葉も実は結構難しい。きれいに染まった紅葉を鮮やかに撮るにはどうすればよいだろうか。(2009/11/20)

日々是遊戯:
25日間にわたった「エクストリーム・ラブプラス Road to the 宗谷岬」ついにゴールイン!
寧々さんと一緒に、自転車で北海道最北端の地・宗谷岬を目指していた漫画家のもみじ真魚さんが、このたびついに宗谷岬に到達したそうです! パチパチパチ!(2009/11/16)

杉山淳一の +R Style:
第18鉄 スハフ12形客車で行く紅葉の旅――わたらせ渓谷鐵道
春夏秋冬、いつ出かけても四季折々の車窓が楽しめるのが「わたらせ渓谷鐵道」だ。特に終点・間藤までの約36kmは大自然が作った庭園のようで、雨の日さえも風情アリ。東京から日帰りで行かれるところに、こんな極上の路線がある。(2009/11/14)

24時間モニターで「BMW X5」を“じっくり”試乗してみた
何年も乗る愛車を、数十分の試乗で選んじゃっていいんですか? 紅葉が美しいこの季節、BMWの「24時間モニター・プログラム」を利用して、気になるクルマ「BMW X5」を“じっくり”と試乗してみた。(2008/11/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。