ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「犯罪」最新記事一覧

世界を読み解くニュース・サロン:
中国人犯罪者はなぜQRコードを狙うのか
中国でQRコードの利用が爆発的に増えている。欧米ではさほど普及していないのに、なぜ中国で広まっているのか。そこには火付け役とも言えるIT企業の存在が見え隠れする。(2017/3/23)

病院だけに限らない、代表的な5つの理由
なぜ小規模病院やクリニックはサイバー攻撃に対して無防備なのか?
小規模病院やクリニックはサイバー犯罪の標的になることが多い。セキュリティ対策に慣れていなかったり、規制要件への標準化が遅れていたりと、セキュリティへの対応が弱いためだ。(2017/3/13)

スマホには、利用者のあらゆる情報が記録されている:
サイバー犯罪者が「スマホを狙う」10の理由
昨今のサイバー犯罪者が「スマートフォンを狙っている」のはなぜか。セキュリティ企業のESETが「10個の理由」を公式ブログで解説した。(2017/3/2)

FREETEL、遠隔で不正スマホ利用制限 犯罪防止で
不正入手された端末を遠隔操作でロックする。(2017/2/27)

特選ブックレットガイド:
サイバー犯罪者の魔の手は製造業にも――今後注意すべき脅威とは?
製造業にとってもサイバー攻撃による脅威は人ごとではありません。(2017/2/17)

Go AbekawaのGo Global!〜Abhijit Shanbhag編:
映像解析技術で世界をより良くする――エンジニア出身社長を突き動かすたった1つの想い
イメージや動画の解析技術を提供し、シンガポールの犯罪減少に寄与するソフトウェアを開発しているテクノロジー企業の代表が常に持ち続けている“純情”な想いとは――。 ※日本のエンジニアへのアドバイス動画付き(2017/2/15)

支持政党や年齢で意見が真っ二つ
全米が割れた「政府の暗号解読を許すか、許さないか」問題
「連邦政府のデータセキュリティは信頼できるか」「政府は犯罪捜査の一環として、暗号化通信を解読できるべきか」。米国の意見が大きく割れている。(2017/2/10)

中小企業のセキュリティ対策に支援策、10団体が共同実施
サイバー攻撃やサイバー犯罪など脅威に対する中小企業の取り組みを推進すること目的に、自発的な取り組みを促す「SECURITY ACTION」をスタートさせる。(2017/2/7)

特選プレミアムコンテンツガイド
犯罪に手を染めた“元極悪ハッカー”の採用は是か非か?
セキュリティ人材不足が深刻化する中、企業は十分なスキルを持った人材をどう探し、どう確保すべきか。一見極端に見える“元犯罪者”の雇用も含め、取り得る選択肢を検証する。(2017/2/3)

当面の対策は「不正なOfficeファイルを開かない」
Google スプレッドシートを悪用してマルウェア制御、サイバー攻撃の手口が進化
犯罪集団Carbanakがサイバー攻撃の手口を進化させており、マルウェアの制御インフラとしてGoogleのクラウドサービスを利用していた可能性がある。(2017/2/2)

「ネット検索の犯罪歴削除を」男性の求めを最高裁が棄却
「忘れられる権利」への言及はなかった。(2017/2/1)

半径300メートルのIT:
“ROI、1425%の素敵な商売”、サイバー攻撃を諦めさせる方法
投資対効果、1425%――。Trustwaveの調査によれば、サイバー攻撃のROIはこんなにも高く、犯罪が後を絶たないのもうなずけます。犯罪者を止める方法はあるのでしょうか……。(2017/1/31)

楽天が警視庁への定期的な情報提供を開始 ECサイトの不正事案抑止のため
犯罪との関連が疑われる取引について情報を提供。(2017/1/30)

北大図書館が女性専用席を設置 「不公平」の声に即日撤去
痴漢被害に対応するためだったそうです。(2017/1/26)

国内サイバー犯罪動向:
標的型ランサムウェアが日本企業を襲う!? IIoTシステムを狙った攻撃にも注意
もはや製造業にとっても人ごとではないサイバー攻撃による脅威。現在、国内企業において注意すべき脅威は何か? 2016年11月までの最新の調査データを基に、トレンドマイクロが2016年の国内サイバー犯罪の動向と、今後注意すべき動きについて解説した。(2017/1/19)

インテリジェントなIoTハブの必要性
コンシューマー向けIoTセキュリティはビジネスチャンス
コンシューマー向けIoTデバイスの悪用が問題になっている。IoTデバイスのデータが犯罪者に漏れると何が起きるのか? この状況はベンダーにとってチャンスでもある。(2017/1/18)

半径300メートルのIT:
便利な公衆無線LAN、犯罪者が狙うのはココ!
ネットの脅威は巧妙になる一方で、どんどん判別するのが難しくなっています。次々と出てくる新たな攻撃をかわす方法はあるのでしょうか。(2017/1/17)

2017年は標的型ランサムウェアや振り込め詐欺に注意、トレンドマイクロが予想
同社は2016年が「サイバー脅迫元年」だったと指摘。昨年のサイバー犯罪動向と2017年の脅威予想を解説した。(2017/1/10)

「Mirai」への予防策トップ5も掲示:
「2017年のオンライン不正/サイバー犯罪」予報、RSAが公開
RSAが「Quarterly AFCC NEWS」の2016年第4四半期版を公開。DDoSボット「Mirai」の詳細や、2017年に予想されるグローバルオンライン不正/犯罪の予測を取り上げた。(2016/12/13)

人工知能ニュース:
「ガシャン」などの音から事故や犯罪の状況を検知する技術を開発
NECは、音から今起きている状況を認識できる「音状況認識技術」を開発した。公共の場での犯罪および事故の検知や、生活音から高齢者を見守るといった活用が期待される。(2016/12/13)

NEC、音で状況を認識する「音状況認識技術」を開発 犯罪や事故の検知に期待
AIを活用して見えない場所で起きている事象を音から認識する技術を開発。雑音が多い広い範囲から収集した音からでも小さな音を逃さず高感度に検知するという。(2016/11/29)

先端AI技術群「NEC the WISE」:
AIで、周囲の“音”から起きている状況を認識する「音状況認識技術」、NECが開発
NECが、周辺環境の音を解析して、今起きている状況をAIで認識する「音状況認識技術」を開発。公共施設や観光地での犯罪/事故の検知や、高齢者宅での見守り能力の高度化が期待される。(2016/11/29)

NEC、目的音と環境雑音を分けて事象を判別する「音状況認識技術」を開発
犯罪・事故の検知などに活用されます。(2016/11/28)

Maker's Voice:
ATMのリスク、物理的なアクセスで攻撃も――Kasperskyの研究者らが指摘
サイバー犯罪者の動機の一つとして、「カネ狙い」が明確になってきたと指摘されて久しい。長年、不正送金マルウェアなどについて調査してきたKasperskyでは、ATMそのものを狙った攻撃手法についても調査し、さまざまな攻撃経路が考えられると警告している。(2016/11/17)

自分の顔写真で「犯罪者情報」と……身代金要求ウイルス、スマホで急増 顔を勝手に撮影も
ランサムウェアの標的が、スマートフォンなどのモバイル端末にも移行し急増している。(2016/11/14)

家電が犯罪の道具に? サイバー攻撃に悪用拡大 日本で発生も「時間の問題」
家電をウイルス感染させて操り、標的に危害を加えるサイバー攻撃が拡大の兆しを見せている。(2016/11/10)

ペイメントカードを狙ったサイバー犯罪への処方せん【前編】
電子商取引の犯罪被害を減らす、「オンライン詐欺検出システム」の仕組み
電子商取引が増えるとともに、サイバー犯罪の件数も増加の一途をたどっている。企業は「オンライン詐欺検出システム」を導入することで、犯罪の検出と阻止に取り組んでいる。(2016/11/1)

「やばくね?」ドラクエX「最強鍛冶職人」登場でネット炎上 止まぬ「チート犯罪」
ドラクエXなど人気ゲームをめぐるチート行為の摘発は後を絶たず、関係者は「重大な問題と認識してほしい」と頭を悩ませる。(2016/10/24)

漫画家・小路啓之さんが死去 自転車で転倒か 「メタラブ」「犯罪王ポポネポ」など
付近には小路さんのものと見られる自転車が倒れていたとのこと。(2016/10/21)

“バグハンター”共通の苦労も:
トリップワイヤの脆弱性調査チーム「VERT」が語る、脆弱性悪用の傾向
最近のサイバー犯罪に用いられるマルウェアや攻撃コードは、数年前に指摘された古い脆弱性がいまだに悪用されることが多いという。最近の脆弱性の傾向と、企業や組織が向き合うべき姿勢とは。トリップワイヤの脆弱性調査チーム「VERT」のエンジニア2人に話を聞いた。(2016/10/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
京都府警の「犯罪予測システム」が使えない、これだけの理由
京都府警が10月1日に、日本で初めて「犯罪予測システム」の運用を開始した。運用開始したばかりの京都府警には申し訳ないが、米国では今、犯罪予測システムそのものに批判的な見方が噴出している。なぜかというと……。(2016/10/6)

元受刑者を受け入れた地方都市を描く「羊の木」錦戸亮主演で実写映画化! 原作と全く異なるエンディングに
あなたの街のあの人は、もしかしたら「凶悪犯罪者」かもしれない。(2016/9/23)

半径300メートルのIT:
勝手に使われたメアドを取り返そうとして“犯罪者になりかけた”件
自分のGmailアドレスを使って他人がさまざまなWebサービスに登録するという“事件”に巻き込まれ、ある方法でメアドを取り返そうと思ったものの、そこには大きな問題が……。(2016/9/6)

記憶喪失のイケメンを隠しカメラで監視……!? カプコンの新作恋愛ゲームアプリ「囚われのパルマ」の犯罪臭がヤバイ
面会やメッセンジャー、監視を通じて、記憶喪失のカレを探究。(2016/8/31)

半径300メートルのIT:
わが子がネット犯罪に巻き込まれたら…… あなたは対応できますか?
今や子供が巻き込まれるのは現実の犯罪だけではなく、ネット犯罪にも配慮しなければなりません。でも、子どもが助けを求めてきたときに、あなたは対応する自信がありますか?(2016/8/16)

「五輪の入場券を300万円で申し込みましたね?」 「オリンピック財団」名乗る架空団体に注意、消費者庁が呼びかけ
「犯罪グループのリストから個人情報を削除する」等の名目で金銭を請求しているとのこと。(2016/8/3)

性犯罪者の「ポケモンGO」利用、ニューヨーク州で禁止に
ポケモン探しに夢中の子どもが、無意識に性犯罪者へ接近することを懸念しての措置。(2016/8/2)

仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」利用禁止──ニューヨーク州知事
ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏は、子どもたちを性犯罪者から守るため、仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」の使用を禁じると発表した。開発元のNianticにも協力を求めたとしている。(2016/8/2)

みんな便乗:
ポケモンGOを狙うサイバー犯罪 遠隔操作ツールは1ドル以下で売買
世界的に人気のスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」。話題に便乗するのはサイバー犯罪者にとっても同じようで……。(2016/7/29)

身代金を支払ってもデータは回復しない
偽ランサムウェアまで登場、仁義なきサイバー犯罪はどこまで“進化”する?
新種のランサムウェアが登場した。これはファイルを暗号化せずデータを消去するにもかかわらず、被害者をだまして身代金を支払わせようとするものだ。(2016/7/29)

安全にプレイするには:
ポケモンGOで犯罪に巻き込まれないために覚えておきたいこと
ポケモンGOをするなということではありません。屋外には、広大な冒険マップがあるのと同時に、危険も隣り合わせで存在します。(2016/7/27)

うまい話は、危ない:
「Pokemon GO」アカウントが高値で売買、専門家がセキュリティリスクに警鐘
トレーナーレベルの高い、あるいはレアなポケモンを持っている「Pokemon GOアカウント」などが売買され始めている。こうした取引はサイバー犯罪の温床になる危険が指摘されている。(2016/7/22)

気をつけよう:
「Pokemon GO」を狙ったサイバー犯罪 感染端末の遠隔操作も
Pokemon GOの話題性を利用したサイバー犯罪が増加しているとして、トレンドマイクロが自社のブログで注意を呼びかけている。(2016/7/21)

中国の犯罪集団、Androidマルウェア「HummingBad」で荒稼ぎ
中国の犯罪集団YingmobはHummingBadを利用して世界で1000万台のデバイスを操り、詐欺広告で月間30万ドルの利益を上げているという。(2016/7/7)

許される不祥事、許されない不祥事の違いとは
犯罪や企業不祥事など、その対応を一歩間違えると存続をも脅かしかねません。昨今の芸能人スキャンダルも、取り扱いを誤って炎上し続けている人もいれば、上手な火消しで早々と活動を継続再開している人もいます。これは、善悪の差ではありません。(2016/7/7)

「iOS安全神話」はもはや崩壊?:
PR:iOSアプリをリバースエンジニアリングから守る「難読化技術」とは
ビジネスでもプライベートでも、モバイル、スマートデバイスの利用は一般的になった。その結果、スマートデバイスを狙うサイバー犯罪も増加の一途をたどっている。特に脅威なのは「リバースエンジニアリング」を悪用し、機密情報の窃取などを行う攻撃だ。本稿では、これを防ぐ手法の1つとして、開発者にもユーザーにも負担の少ない「難読化」について解説しよう。(2016/7/5)

血液中の酵素から年齢を推定、犯罪捜査で活用へ 米研究
血液中の酵素から本人の年齢層を推定する方法を米大学が考案。犯罪現場の血痕から犯人の年齢を推定するなどの活用を見込む。(2016/7/4)

R25スマホ情報局:
修理に出すと犯罪に? 未登録スマホ修理店の実態
スマホの修理業者が登録修理業者でないと、ユーザーが電波法違反になる恐れ。(2016/6/14)

セキュリティ・アディッショナルタイム(8):
地雷を踏み抜き、失敗から学べ! 運用力を磨く「情報危機管理コンテスト」
「サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」の会場で同時開催される「情報危機管理コンテスト」は、技術力だけでなく、コミュニケーション能力やマネジメント能力も含んだ総合的な運用力を問うユニークな腕試しの場だ。昨年に続き、その模様をお届けする。(2016/6/3)

マンガ風「痴漢撲滅ポスター」に今年も新作 鉄道各社がキャンペーン
関東エリアのJRと私鉄、警察が6月6日から「痴漢撲滅キャンペーン」。漫画風の啓発ポスターも新作が登場。(2016/5/31)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。