ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「時事問題」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ニュース・時事問題→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でニュース・時事問題関連の質問をチェック

「おもいやり運転ハンパないって!」熊本県警がまたW杯クラスの秀逸標語 「ハンパない思い」4代目担当者に聞いた
標語に込めた思いもハンパなく深いものでした。マジで交通安全を。(2018/6/21)

いらすとやに「サイトブロッキングのイラスト」登場
イラスト素材サイト「いらすとや」に、「サイトブロッキングのイラスト」が登場した。Webサイトの前に警察官が立ち、両手を広げているイラストだ。(2018/4/24)

ミステリ好きが早口で語る! ドラマ「アンナチュラル」の面白さ(1〜4話)
まだ追い付ける!(2018/3/2)

「円高に期待」?:
5周年のDMM英会話 亀山会長「いまだに稼げていない」も、成長に期待
DMM.comのオンライン英会話サービス「DMM英会話」が5周年。DMM亀山会長は「いまだに稼げていない」と語るが、英語教育市場の伸びと“新たな需要”を背景に成長が期待される。(2018/2/22)

ふぃぎゅらぼ:
フリー素材「いらすとや」まさかのフィギュア化、味わい深いイラストがカプセルトイになって登場
フリー素材をフィギュア化する暴挙。(2018/2/18)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(4):
御社に決めた、なんて誰が言いました?――愛(AI)と追装の日々
正式受注を目指し、AIを活用したシステムのプロトタイプ制作に励むソフトウェア開発企業「マッキンリーテクノロジー」の面々。だが、顧客の要求は日増しに増え、もはや試作品の域を超えようとしていた。ところが……!(2018/1/19)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(1):
発注書もないのに、支払いはできません――人工知能泥棒
「間もなく上長の承認が下りるから」「正式契約の折りには、今までの作業代も支払いに上乗せするから」――顧客担当者の言葉を信じて、先行作業に取り組んだシステム開発会社。しかし、その約束はついぞ守られることはなかった……。辛口コンサルタント江里口美咲が活躍する「コンサルは見た!」シリーズ、Season2(全8回)は「AIシステム開発」を巡るトラブルです。(2018/1/15)

オートモーティブ 年間ランキング2017:
リターンライダーに“国産イタリア車”、夏には冷房で冷える仕組みが気になる
2017年にMONOistのオートモーティブフォーラムで公開された中から、最も読まれた記事を振り返ります。(2017/12/27)

「日ペンの美子ちゃん」、45年目でついにアニメCM化 美子ちゃんは平野綾、ニャンコ役に杉田智和
TOKYO MX「5時に夢中!」2018年1月8日放送回を皮切りに放送されます。(2017/12/7)

このフキカエはズルい 時事ネタを学べる漫画「北斗の拳イチゴ味フキカエニュース」がフジ「ホウドウキョク」にて配信開始
漫画「北斗の拳イチゴ味」とのコラボ企画漫画です。(2017/10/28)

上白石萌音&千葉雄大が「映画 妖怪ウォッチ」声優に決定! 上白石演じる新主人公はケータの娘
“チバVSジバ”の戦闘シーンも。(2017/10/18)

父ウサギ「始末したよ」 ブラックジョークさく裂で話題の“大人のシルバニア”が今度は動画で大暴れ!
本家アニメのオマージュが逆に胸を締め付ける……!(2017/10/15)

「スマートスピーカー」の今と近未来(3):
スマートスピーカーが、「スピーカー」と呼べなくなる日
スマートスピーカーは継続的なアップデートやエコシステムの進化により、できることがどんどん増えてくる点に面白みがある。スマートスピーカーに関する連載の第3回は、近未来に向けて日本のユーザーが期待できることをお届けする。(2017/10/13)

ごはんに海苔で書かれたダジャレにクスリ 夫を笑わせたい一心で作る「海苔文字弁当」に心和む
アイデアと愛情がたっぷりつまった「海苔文字弁当」がステキ。(2017/9/15)

「俺たちがシルバニアファミリーってこと忘れるなよ」 任侠臭が漂いすぎるシルバニアがどうみてもアウトレイジ
「何見てんだ! この野郎!」(2017/8/23)

「Flash終了」までの20年とはなんだったのか? ネット文化からアニメへ至るFlashの歴史を振り返る
「おもしろフラッシュ倉庫」とかいろいろあったなぁ(遠い目)。(2017/8/1)

ねっと部:
あの「いらすとや」が夏コミに 「中2病」シールなど販売
かわいらしいフリー画像素材を提供する「いらすとや」の公式グッズが、夏コミで販売される。(2017/7/24)

製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第2回】
製薬企業のMRが、ITツールを使いたがらない“残念な”理由
製薬企業のMR活動のIT化が進んでいます。Webサイトやメールなど多角的な情報提供ができるようになってきたものの、現場のMR(医薬情報担当者)がツールを積極的に使いたがらないのはなぜでしょうか。(2017/4/3)

セキュリティのアレ(最終回総集編):
サイバーセキュリティ人気動画連載“総集編”
2015年11月10日から続けてきた連載「セキュリティのアレ」。突然ですが、今回をもって最終回となります……。最後は「総集編」として、過去全回の中から、最も反響の大きかった記事トップ10を紹介します。(2017/3/30)

セキュリティのアレ(43):
どれだけ注意喚起しても「パスワードの安全な管理」が普及しないのはなぜなのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第43回は「パスワード」を切り口に、認証をめぐる最新動向について議論します。(2017/3/21)

セキュリティのアレ(42):
添付ファイルによるウイルス攻撃、「開かない」以外の有効な対策を考える
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第42回は、不正送金マルウェア「URSNIF(アースニフ)」の話を皮切りに、メールを使った攻撃への効果的な対策を考えます。(2017/3/13)

「けものフレンズってなんですか?」――のビクセン社長はその後無事フレンズになったのか、イベント会場で直撃してみた
動物観察に最適な双眼鏡もオススメしてもらいました。(2017/2/27)

「サーバルのイラストです」 いらすとやが“フレンズ”に飲み込まれる
君はイラストが得意なフレンズなんだね!(2017/2/14)

セキュリティのアレ(41):
「自社を騙るメールが出回っている……」――企業はどう“注意喚起”すべきか?
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第41回は、2016年10月ごろに出回ったICT-ISACを騙るメールを取り上げます。(2017/2/10)

「まさかの公式」 代替わりしたばかりの“日ペンの美子ちゃん”、さっそく「誰が美子太郎よ〜!」と時事ネタをかます
ペン1本で世界進出を図る美子ちゃんが何かをひらめいたようです。(2017/1/9)

セキュリティのアレ(40):
「フラット35」情報漏えい事件から学ぶ基本の大切さ
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第40回は住宅金融支援機構(優良住宅ローン)が10月に公表した情報漏えい事件を振り返ります。(2016/12/28)

セキュリティのアレ(39):
自社を守るための「ポートスキャン」活用術
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第39回のテーマは「ポートスキャン」です。攻撃をする側/守る側、どちらにとっても基本的で重要なこの技術について解説します。(2016/12/22)

検索結果を戦略的にコントロール:
サイト内検索エンジン「NaviPlusサーチ」で会員属性や季節要因を重視した検索結果を提供可能に
ナビプラスは、自社で開発・提供するサイト内検索エンジン「NaviPlusサーチ」に検索結果を戦略的にコントロールするマーケティング機能の実装を開始した。(2016/12/12)

ウチにも欲しい! 凛々しくかわいい「3匹の白黒ハチワレにゃんこ」が人気
動物の癒しの力は偉大だ。(2016/12/1)

セキュリティのアレ(38):
IoT機器を悪用するDDoS攻撃、打つ手はあるのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第38回のテーマは「IoT機器をめぐるセキュリティ」です。2016年9月に話題になったDDoS攻撃を中心に、一筋縄ではいかないIoT機器のセキュリティについて議論します。(2016/11/29)

ヒラリー勝利と予想していたアニメ「サウスパーク」 大統領選翌日放送のエピソードを急きょ作り変える超対応
通常の制作期間は1週間程度。(2016/11/11)

将棋・竜王戦のおやつに「パイパイナッポーアッポーパイ」なる新手が登場 丸山九段の食事伝説に新たな1ページ
なお、昼食は「味噌ラーメン+カツカレー」の2個食いでした。(2016/11/7)

真顔便所飯、鼻行類、水槽脳みそ 「いらすとや」が連日“濃い”イラストをぶっこんでくる
使い所が難しいイラストが多数。(2016/11/7)

セキュリティのアレ(37):
「セキュリティ診断」を受ける前に知っておきたい基礎知識
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第37回のテーマは「セキュリティ診断」です。業者にお任せにせず、セキュリティ診断を賢く受けるためのポイントを解説します。(2016/11/7)

ハイセンスなゲームが作られそうな予感……! 「いらすとや」さんの素材を使ったゲーム投稿イベントが開催
優秀作品への賞品も用意されています。(2016/11/5)

セキュリティのアレ(36):
Operation Killing Bayとは何か? 国際的なサイバー攻撃事情を専門家たちが語る
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第36回は2016年9月にも加熱した「Operation Killing Bay」をテーマに、さまざまなサイバー攻撃者たちの動向などについて解説します。(2016/10/24)

セキュリティのアレ(35):
脆弱性情報を読み解く際の必須用語、exploit(エクスプロイト)とは
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第35回はセキュリティ用語としての「exploit(エクスプロイト)」について解説します。(2016/10/11)

温めるとハゲるスマホカバーをプレゼント 「#Simejiさんの超変換芸」キャンペーン
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」で「クラウド超変換」にフォーカスした「#Simejiさんの超変換芸」キャンペーンがスタート。抽選で100人にトレンディエンジェルがデザインされた「温めるとハゲる!毛髪変換スマホカバー」をプレゼントする。(2016/10/7)

40代以上の社会人と高校生 知っている割合の差が最も大きい言葉は?
40代以上の社会人と高校生、知っている割合の差が最も大きい言葉は?――ベネッセホールディングス調べ。(2016/9/21)

セキュリティのアレ(34):
「ゼロデイ」とは何か?――情報セキュリティ用語解説シリーズ
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第34回は、セキュリティの世界でよく使われる「ゼロデイ」という言葉の意味を分かりやすく解説します。(2016/9/20)

セキュリティのアレ(33):
セキュリティ事故発生、企業はどこまで「情報開示」すればよいのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第33回は、情報漏えいなどのセキュリティ事故・事件を起こしてしまった企業における「情報開示」の在り方について考えます。(2016/9/12)

セキュリティのアレ(32):
「ポケモンGO」に「リオオリンピック」、セキュリティ専門家はどう見たか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第32回は、「ポケモンGO」や「リオデジャネイロオリンピック」など、2016年7、8月に注目を集めたイベントを、情報セキュリティの観点から見ていきます。(2016/9/5)

セキュリティのアレ(31):
LinkedIn、MySpace、Tumblrからの大量情報漏えいについて整理する
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第31回では、2016年5月に報道が相次いだ大規模なアカウント情報の漏えい事件について解説します。(2016/8/29)

セキュリティのアレ(30):
目に見えない「Webサイト改ざん」に気付く方法
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第30回のテーマは「Webサイト改ざん」です。改ざんの“4パターン”から有効な対策、対処方法まで、解説します。(2016/8/19)

夏季五輪の年しか目を覚まさないこち亀「日暮熟睡男」登場回10話が無料公開 モスクワからロンドンまで22年分
時事ネタが懐かしい。(2016/8/17)

「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」 Twitterの人気コンテンツ“月曜日のたわわ”はどうやって生まれたか、漫画家・比村奇石さんに話を聞いた
「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」でおなじみの“月曜日のたわわ”、作者である漫画家・比村奇石さんに取材しました。(2016/8/1)

セキュリティのアレ(29):
C2(C&C)とは
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第29回では用語解説シリーズとして、「C2(C&C)」を取り上げます。(2016/7/27)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(3):
ソーシャルエンジニアリングは予算獲得にも応用できる?
本稿では、@ITが2016年6月23日に東京・青山ダイヤモンドホールで開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートの第3弾をお届けする。(2016/7/21)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ラジオから聞こえた、自動運転に対する世間の感覚
「NHTSA」とラジオのスピーカーから聞こえてきたのも驚きでした。(2016/7/19)

リクルートの「スタディサプリ」、夏期講習のライブ配信を期間限定で実施――1コース4980円(税別)から
リクルートマーケティングパートナーズが提供する「スタディサプリ」で、夏期講習のライブ配信を実施。利用料金は1コース4980円(税別)から。(2016/7/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。