ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電報」最新記事一覧

合格が祝えないGoogle翻訳さん「Sakura fence」
(2016/5/13)

2月25日:ロイター創業者の命日
(2016/2/25)

2月17日:東京・欧州間の国際電報が可能に
(2016/2/17)

水曜インタビュー劇場(ヒットの秘密公演):
ミドリムシが、この5年で6倍も売れたワケ
ユーグレナが提供する「ミドリムシ」の関連商品が売れている。ここ5年で、売上高は約6倍。生産現場で働く人たちは正月休みを返上して、フル稼働で生産していたという。それにしても、なぜミドリムシの商品が売れているのか。社長の出雲氏に話を聞いた。(2016/1/27)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【中編】
LINEを悪者扱いする前に「情報モラル」を学ぶべき
学習者にとって身近な存在となったSNSは、ときに“犯罪の温床”のような見方をされる。その考えは本当に正しいのか。「情報モラル教育」の重要性が高まっている。(2015/9/1)

届いたら胸がときめいちゃう! 「シンデレラ」のガラスの靴をモチーフに慶祝用電報がステキ
プリンセス気分が味わえそう。(2015/4/20)

リアルお菓子のマシュマロを使った電報でメッセージを送れる
そろそろホワイトデーの季節です(棒)。(2015/2/28)

頭脳放談:
第177回 「できたらいいな」が実現したら
核融合炉やニューロチップなど、実現したら非常に大きな影響が生じる技術がある。その確率は今のところ低いが、一歩一歩実現に動いているようだ。逆に磁気嵐のように、リスクが高まっている事案もある。(2015/2/25)

日本初、AR付き電報 KDDIエボルバが開発
KDDIエボルバが日本初のAR(拡張現実)付き電報サービスを30日に始める。(2014/10/15)

BiSに正式加入した新人が世界的すぎる“JK”でアイドル界激震
確かにJK。(2013/10/29)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第3回 まずやってみる
ウォンテッドの行動規範(3)は、「頭でっかちに考えず、まずは動く最小限のプロトタイプを作って、フィードバックをもらいながら改善していく」です。(2013/9/18)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
イノベーションを生み出すネットワーク組織の推進にモバイルは不可欠
モノ作りからコト作りへ。モノ作りは、製品を開発するための階層型の組織。コト作りは、人が中心でネットワーク型の組織による支援体制が必要。つまり社員の成長が会社の成長につながる「自律社会」となる。(2012/12/25)

新連載・リアリズムと防衛を学ぶ:
フォークランド紛争に学ぶ、領土問題
竹島や尖閣諸島の領有権問題で揺れる日本。しかし、領有権問題は世界の様々な地域で発生しています。1982年に起こったフォークランド諸島(マルビナス諸島)で、英国とアルゼンチンが領有権をめぐり戦争するに至った経緯を振り返ります。(2012/9/26)

中国だけの話じゃない!? 監視社会へようこそ
「テロとの戦い」という名のもとで、監視社会に向けてさまざまな技術が導入されている。それは国民の安全、国家の安全のためと言われるが、実際は誰が、何を監視するためなのだろう。(2012/6/5)

これからのことがよく分かるコラム:
なぜ“イケ婿”は登場したのか? 最新の結婚事情に迫る
「結婚式は女性のもの。男性の自分は関係ないや」と思っている人も多いのでは。しかし、その考え方は“古い”かもしれない。最新の結婚式事情について、ゼクシィの編集長が詳しく解説した。(2012/5/9)

「ほっと電報」がソフトバンクのキャリア決済に対応
ソフトバンクグループの電報サービス「ほっと電報」がキャリア決済に対応した。ソフトバンクのスマートフォンや携帯電話から利用できる。(2012/3/1)

お祝いの電報も動画で送ろう――「次世代電報 スグレター!」7月12日発売
CDジャケットサイズの本体を開くだけで動画が再生できる、液晶ディスプレイ搭載のグリーティングカード「次世代電報 スグレター!」が7月12日に発売される。(2011/7/8)

「ほっと電報」、ソフトバンク携帯電話から「115」で利用可能に
PSコミュニケーションズが提供している電報サービス「ほっと電報」が、ソフトバンク携帯電話から「115」にダイヤルして申し込めるようになった。通話料は無料。(2011/6/30)

いざというときに役立つ情報を収録「手帳の付録」
ビジネスの現場では、いろいろなマナーや常識が必要な場面がある。しかし、いざというときにどうしたらいいか分からないときも。そんなときに役立つのがこのアプリだ。(2011/5/17)

最強フレームワーカーへの道:
百花繚乱だからこそ、「ステーキを売るな、シズルを売れ!」
「iPhoneアプリだ!」「いやソーシャルだ!」――。最近、新規事業のブレインストーミングを行うとどうしても流行のキーワードに偏りがち。ですが、本当に顧客の欲しいものは何なんでしょうか。(2010/11/22)

社長のブックマーク教えてください!:
仕事以外で見ていたら問題だけど……中国下着サイトもブックマーク、三愛・和田社長
そのWebサイトをブックマークした時、どんな人生の岐路に立っていたのか。ブライツコンサルティングの高津竜司社長がビジネスの達人たちに聞く連載。初回は、三愛・和田敬三社長のブックマークを聞いた。(2010/10/7)

電報以外でメッセージを送るとしたら、どの方法?
(2010/7/21)

ソフトバンクグループ、電報に参入 NTT以外で初めて「115」使用
ソフトバンクグループが電報サービスに参入。ソフトバンクテレコムの直収電話に加入していれば、「115」番から直接利用できるようになる。(2009/11/20)

10万会員を突破したドコモコミュニティ──身近な人との気軽なコミュニケーションに
NTTドコモがiモード契約者向けに提供している、家族や友達を対象とした無料のコミュニケーションサービス「ドコモコミュニティ」が徐々に会員を増やしている。7月22日には10万人を超え、「特定の人にだけ見せたい」という情報を公開・共有する場として利用されている。(2009/7/27)

戦略プロフェッショナルの心得(3):
手強いライバル、成熟市場――あなたならどうする
「破壊的技術」がライバル企業に追いつき、追い越すための決定的な武器になる。模倣をしているだけでは自社の戦略が一貫性を欠くことになり、勝ち残ることは難しい。(2008/9/22)

KDDI子会社、国内電報に参入 ネットで申し込み
KDDI子会社のKDDIエボルバが国内の電報事業に参入する。国際電報サービス「でんぽっぽ」を7月1日から国内展開。専用Webサイトから申し込みを受け付ける。(2008/6/25)

花嫁姿のリカちゃん付きで「電報を“メッセージギフト”に」
「20代女性にも電報を使ってほしい」――ウェディングドレス姿のリカちゃん付き電報が3500体限定で登場した(2008/2/26)

科学なニュースとニュースの科学:
宇宙人に会ったらどうしよう? 〜地球外知的生命体探査
宇宙人の通信をキャッチした! 宇宙人が何かしているのを見た! などという場面はSFドラマや映画などでありがちなのですが、実際にそうした通信や宇宙人を見かけたりしたらどこに連絡したらいいのでしょう?(2007/11/2)

緊急特集「さらばポケベル」:
第1回 メッセージ文化を創造したポケベル
40年近くものサービスを続けたポケベルが3月31日で終了する。日本のメッセージ文化、モバイルコンピューティングの先駆けとなったポケベルの歴史を5回にわたり振り返る。(2007/3/26)

au携帯でNTT電報サービスの申し込みが可能に
(2007/1/30)

Focus on People:
2人の「お婆さんハッカー」にインタビュー(後編)
自他ともに認める実績を持ち、16年間、国家安全保障局に務めたベッキー・ベースさんは、自らを生まれながらのギークと語る。しかし、やはりその人生の節々で彼女をギークたらしめる出来事が起こっていた。(2006/9/8)

広告ツールとしてのブログはメディアミックス在りき――電通
業界を問わずマーケティングを幅広く担う電通。特集「Blog情報共有の未来」、関連企業インタビューの第3弾は、インターネット以外にもさまざまなマスメディアを知る電通に、Blog人気の効果を聞いた。(2005/6/22)

4日間同行レポート(後編)
「モバイル放送」を追いかけた2500キロ――『ワレ到着セリ』
福岡に到着したかと思ったら、その12時間後には来た道を戻るために出発である。何をやってんのかというツッコミもあろうが、当然答えは「モバイル放送を聴いている」ということになる。(2004/6/17)

車ごと未配達電報5通が盗難 NTT東
(2004/3/17)

IT Business フロントライン(123):
止まらぬ架空請求メール――メディアリテラシーをどう啓蒙するか
(2003/8/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。