ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「映画配給会社」最新記事一覧

ネット上に「パシフィック・リム2」製作中止の噂が流れる 配給会社との不和やオリジナル新作が影響との憶測
現段階で正式な製作中止の発表ありません。(2015/9/17)

フランス映画社が破産 「勝手にしやがれ」「ベルリン・天使の詩」など配給
欧州の作品を中心に映画配給を手がけてきたフランス映画社が破産。(2014/11/19)

ヨーロッパ映画配給で知られるフランス映画社が破産開始決定 「ベルリン・天使の詩」「勝手にしやがれ」など配給
近年は業績が低迷していたそう。(2014/11/19)

ソフトバンク、「GODZILLA」手がけた米映画会社に270億円出資
ソフトバンクは、ハリウッド版「GODZILLA」などを手がけた映画会社・Legendaryに2億5000万ドル(約270億円)を出資する。(2014/10/3)

「ヒックとドラゴン2」日本公開を求める署名運動にまさかの監督本人降臨 → 突然のサプライズにファン大歓喜!
配給会社さああああああん!(2014/9/8)

Twitter、トレーラー動画投稿機能をテスト中か
iOS版公式Twitterアプリでツイートに「#+映画のタイトル」と入力すると、一部の映画では映画会社が提供するトレーラー動画を添付するよう促されるようになった。(2014/5/26)

単館系作品もピックアップ:
“配給会社ならでは”の動画配信「GAGAシアター」
ギャガはPCやタブレット、スマートフォンを対象とした動画配信サービス「GAGAシアター」を開始した。過去の優良タイトルをはじめ、単館系作品を独自の視点でラインアップ。(2012/8/8)

「Hulu」が邦画を拡充、映画配給会社6社と提携
Hulu Japanは、日本国内の映画配給会社6社とコンテンツ提携・パートナー契約を交わした。「ゲゲゲの女房」「亡国のイージス」なども視聴できる。(2012/2/1)

オルタナティブな生き方 高橋誠さん:
チャンスの生かし方
クイズ常連優勝者からアイドル雑誌の編集者へ、その後米国に渡り出版プロデュースや映画配給を手掛ける――そんな激動の人生を、オルタナティブ・ブログ「点をつなぐ」筆者の高橋誠さんは、偶然訪れたチャンスを生かしてきただけだと言う。(2011/11/8)

映画配給のアスミック、メールセキュリティをSaaS化
アスミックはメールのセキュリティ対策をシマンテックのサービスに移行し、一部運用コストを3割削減した。(2011/9/30)

『東のエデン』『ピンポン』のアスミック・エース社長が語る劇場配給ビジネス
『ピンポン』などの実写映画の配給で知られるアスミック・エース エンタテインメント。同社は『茄子 アンダルシアの夏』以降、アニメ映画も積極的に手掛けているが、配給面から見たアニメ映画のメリットとは何なのだろうか。配給ビジネスの裏側を豊島雅郎社長が語った。(2011/5/27)

「007」など制作の米映画会社MGM、破産法適用申請
MGMは「ロッキー」「007」シリーズなどを制作した老舗の映画制作会社。ソニーも出資している。(2010/11/5)

せかにゅ:
ポルノ業界の3D対応は? 「やりたいけれど……」
家電メーカーや大手映画会社の間で盛り上がっている3D。ポルノ業界も「窃視感覚が高まる」と評価しているが、制作コストなどの理由から慎重な姿勢を取っている。(2010/1/18)

GE、メディア事業NBC UniversalをCATV大手に売却
NBC UniversalのComcastへの売却で、CATV、映画会社Universal Pictures、NBC、テーマパークなどを擁する巨大企業が誕生する。(2009/12/4)

ソニー、映画館のデジタル化支援 Disneyらと契約
ソニーは国内映画館のデジタル化を包括的に支援するサービスを始める。大手映画会社と日本市場を対象に契約を結び、10月からシネマコンプレックスにシステムを導入する。(2009/8/25)

ParamountやLionsgate、DivXを映画配信に採用
映画会社やオンライン映画サービスが、映画のダウンロード配信にDivXフォーマットを採用する。(2009/8/6)

映画配給・製作のムービーアイが自己破産 「夜のピクニック」など
「ミリオンダラー・ベイビー」の国内配給や「夜のピクニック」の製作を手がけたムービーアイが自己破産を申し立てた。(2009/8/5)

米Amazon、ストリーミングサービスにHDコンテンツ
Warner Bros.、Sony Picturesなどの大手映画会社やテレビ局の映画と番組500作以上をHDで提供する。(2009/4/23)

オンデマンド映画サービス「epix」、米大手映画会社の合弁が発表
米大手映画会社による合弁会社が、映画のオンデマンド配信事業を年内にスタート。「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」などの最新作を提供する。(2009/1/30)

RealNetworksの「合法的」DVDコピーソフト、著作権侵害で提訴される
PCのHDDにDVDコンテンツをコピーできるソフト「RealDVD」が著作権侵害であるとして、映画会社がRealNetworksを提訴した。(2008/10/1)

Microsoft、ソニーなど21社、デジタルメディア標準策定を目指す業界団体を立ち上げ
大手映画会社と家電メーカー、家電販売店らが、デジタルメディアの取得・再生に関する標準を推進する業界団体「Digital Entertainment Content Ecosystem」を設立した。(2008/9/16)

本田雅一のTV Style:
テレビ向けの映像配信サービスについて考えてみよう(3)
ネットを介したコンテンツ流通は、今後もさらに増えていくだろうが、だからといって光ディスクビジネスがしぼむわけではない。映画会社でも新しい試みが始まっている。(2008/7/14)

Apple、新作映画をDVDリリースと同時にiTunes Storeで発売
米国のiTunes Storeで、大手映画会社の映画をDVDの発売当日にダウンロード購入できるようになった。(2008/5/2)

「男はつらいよ」などネット公開 松竹、自前で有料配信
松竹は、自社サイトで映画の有料ストリーミング配信を始める。映画会社ならではのサービスを付け、一般の映画サイトと差別化する。(2008/4/28)

本田雅一のTV Style:
家庭における3D映像の可能性を考える(1)〜映画とAVの密接な関係〜
近年、多くのハリウッド映画会社が3D映画に注目している。「市販のビデオパッケージが劇場に近い画質を実現し始めたら、次の差別化は3D化しかない」というわけだ。では、増えてきた3D映画を家庭のAVシステムで楽しめる時代はくるのだろうか?(2008/2/29)

東芝とMS、HD DVD推進コンソーシアムを設立
「Advanced Interactivity Consortium」にはUniversal StudiosやWarner Bros.など大手映画会社も参加を表明している。(2007/10/5)

Joost、独立系映画会社らとコンテンツ供給で提携
Joostが、CBS、MSNなどに続き、独立系映画会社ら数社とコンテンツ配信で提携。さらに配信コンテンツを追加した。(2007/4/17)

BitTorrent、合法的なビデオ配信サービスを開始
BitTorrentが「BitTorrent Entertainment Network」を立ち上げた。大手映画会社の映画などを合法的に供給する。(2007/2/27)

iTunesで「ターミネーター2」「氷の微笑」などが視聴可能に
Appleが映画会社Lionsgateと提携、同社の映画150タイトル以上がiTunesでダウンロード可能となる。(2007/2/13)

Wal-Mart、HPの新技術で映画ダウンロード販売に参入
Wal-Martが、HPの技術を採用した動画のダウンロードサイトのβ版を公開した。大手映画配給会社の作品を多数揃えており、HD DVDやBlu-rayにも対応している。(2007/2/7)

Macworld Expo 2007:
Paramount、iTunesで映画コンテンツを販売
大手映画配給会社Paramountが、iTunesでの映画コンテンツ販売に乗り出した。(2007/1/10)

「iPodに映画DVDをコピー」で映画会社が訴訟
MPAA会員の映画会社が訴えたのはiPodとDVDを売る業者だが、EFFは「個人のフェアユースも対象になる」と警告している。(2006/11/18)

AOL、映画ダウンロード販売にParamount Picturesの映画も追加
Paramount Picturesの映画のほか、TV番組配給会社との提携も併せて発表。AOLのビデオポータル「AOL Video」のラインアップを拡充する。(2006/10/24)

Movielink、インディーズ系映画会社と映画配信で提携
Movielinkが、複数のインディーズ系映画会社と契約。新たに100タイトル以上の映画を配信サービスに追加した。(2006/9/9)

映画館が減った? ネットに活路を求めた映画会社
ハリウッドのメジャー作品ばかりを上映するシネマコンプレックスが台頭したことで、国内の映画産業が打撃を受けている。国内で制作される映画は増加傾向にあるものの、上映館が限定されてしまうのだ。そんな状況の中、ロードショーと同時にネット配信を開始する映画会社が現れた。(2006/9/7)

AOL、映画配給会社大手4社と映画販売で提携
ビデオクリップやテレビ番組に加え、長編映画のダウンロード販売も開始する。(2006/8/25)

米Sony Pictures、「YouTube型」ビデオ共有サイトを買収
映画会社とビデオ共有サイトが組むことで、Sony Pictures映画のパロディー動画が公認されるかもしれない。(2006/8/23)

BitTorrent、独立系配給会社のビデオ配信
BitTorrentはWarner Bros.に続いて独立系のビデオ配給会社4社とのライセンス契約を獲得。ドキュメンタリー、短編映画、音楽ライブなどのビデオを配信する。(2006/7/12)

SamsungのBlu-rayプレーヤー、6月25日に米で発売
Samsungのプレーヤーと合わせて、主要映画会社からBlu-rayタイトルがリリースされる。(2006/6/15)

次世代DVDへの挑戦:
1年後にはBDタイトルの充実ぶりに驚くだろう――ディズニー
ハリウッドメジャーの中でもディズニーは、次世代光ディスクにもっとも多くの容量、機能、性能を求めている映画会社だ。Blu-rayを支持する理由も全く同じで、BDタイトルの販売計画は非常にアグレッシブ。ディズニーとブエナビスタに話を聞いた。(2006/3/10)

西正:
放送局、映画会社が本当に苦労する広告宣伝は?
映画館で映画を見るのは有料だし、NHKの番組を視聴するには受信料を払うべきだということになっている。広告宣伝が関係するのは民放のこと、CM製作は広告会社の役割だと思われている。しかし、放送局や映画会社は全く別の意味での広告宣伝に苦労している。(2006/2/10)

映画配給大手、Blu-ray映画のラインアップ発表
Blu-ray映画の第一陣として「フィフス・エレメント」「トゥームレイダー」などの作品が大手映画配給会社から発売される。(2006/1/5)

SBIとフジテレビのVC、ワインスタイン兄弟の映画会社などに出資
(2005/11/25)

連載:次世代DVDへの飛躍
「BDに負ける要素は見あたらない」――東芝・藤井常務に聞く
応用範囲の広さが強調されるBlu-ray Disc(BD)に対し、“映画会社のためのコンテンツ販売メディア”という印象が強いHD DVD。多目的展開という点について東芝はどのように考えているのか。前回に続き、東芝の執行役上席常務でデジタルメディアネットワーク社長の藤井美英氏に話を聞いた。(2005/2/10)

HD DVD陣営、ハリウッド4社の支持を獲得――次世代ROMメディア統一の可能性も
東芝はワーナーブラザーズなどハリウッドの映画会社4社からHD DVD規格についての支持を得たと発表した。次世代ROMメディア統一の可能性がでてきた。(2004/11/29)

Philips、トリプル対応のBDレコーダー試作機――BDパッケージは2005年後半の見通し
Blu-ray Disc Association(BDA)は、映画会社の20世紀フォックスがボードメンバーに加わったと発表した。また、PhilipsはCD/DVD/BDトリプル対応のBDレコーダーを参考展示した。(2004/10/4)

映画配給大手、デジタルシネマ仕様を完成
(2004/9/10)

「HDTVを携帯デバイス/PCで」が可能に――ビデオコンテンツ共有技術採用で大手映画会社などが合意
Warner Bros. Studios、Walt Disneyなど大手映画会社を含む8社は共同で7月14日、Advanced Access Content System (AACS) というコンテンツ管理技術を導入する計画を発表した。これにより、一般の利用者が、ビデオなどの録画済みデジタルコンテンツを複製し、ネットワークまたはポータブルデバイスで共有できるようになる。(2004/7/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。