ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「麻薬」最新記事一覧

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ世界各地の都市で「夜の市長」が注目されているのか
世界各地の都市で、新しい役職の存在が注目されている。「ナイト・メイヤー(Night Mayor)」だ。直訳すると「夜の市長」になるわけだが、彼らはどのような仕事をしているのだろうか。(2016/6/23)

酒井法子、デビュー30周年記念で約16年ぶりの単独コンサート
7月1日にはオフィシャルファンサイトも復活!(2016/6/22)

Microsoftがマリファナビジネスに協力?
米国では個人向けのマリファナ販売が一部解禁され、今後の成長が見込まれている。(2016/6/20)

国内では利用できない?:
悪質なドローン見つけ、制御不能に追いやる技術
ローデ・シュワルツは、2016年9月にドローンの検知/監視/対策できるソリューション「ARDRONIS」を国内で展開する。ARDRONISはアンテナやレシーバーで構成され、ドローンを検知するだけでなく、操縦者の居場所を方位で特定し、電波にノイズを付加する「ジャミング」を行うことで制御不能にできる。しかし、同社によると、国内でジャミングは利用できないという。(2016/6/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
大物IT起業家がハルク・ホーガンを利用してメディアを潰しにかかったワケ
今、米国で物議を醸している裁判がある。プロレスラー、ハルク・ホーガンのセックス・スキャンダルをめぐる裁判だ。W不倫の暴露記事をめぐって争われているが、この裁判の裏には“陰謀”があった。それは……。(2016/6/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原被告の“復帰”は難しい、これだけの理由
プロ野球界の“元番長”に審判が下った。覚せい剤取締法違反の罪に問われていた清原被告は、国側の手助けを受けることなく、今後は自力で更生の道を歩むことになった。しかし、本人が望んでいるプロ野球界に復帰することはできるのだろうか。(2016/6/2)

水だけに:
話題沸騰中の日本トリムに「水素水」のリリースについて詳しく聞いてみた
「電解水素水」と「水素水」は違うそうです。(2016/5/27)

MVNOの深イイ話:
MVNOと本人確認の話
MVNO(格安SIM)の音声サービスを契約する際、「本人確認」が義務付けられています。これは携帯電話を使った犯罪を防止するためです。今回は、この本人確認の手続きについてご説明します。(2016/5/18)

清原被告に「いろんな思いはある」けど 「かっとばせ!キヨハラくん」の漫画家・河合じゅんじさんが休載から現在までを振り返る
「諸般の事情」により休載、そして新作でのアンサー漫画は何を思って描いたのか。そして現在は……?(2016/5/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新車が売れない時代に出口はあるか?
今の日本は新車が売れていない。そんな中で消費税率が引き上げられれば、自動車業界はちょっとしたパニックに陥る可能性がある――。(2016/5/9)

エンタメよもやま話:
米国で「上映中スマホ」解禁、中国は映画に“ニコ動”!? 新ビジネス「公開日に自宅で鑑賞」の波紋
映画館での封切りと同じ日に自宅のテレビで最新映画を楽しめるというサービスが米国で話題に。映画館離れが進む中、業界は打ち手に悩んでいる。(2016/4/28)

米司法省、「麻薬犯のiPhoneもロック解除できたのでAppleへの協力要請は取り下げる」
米司法省が、サンベルナルディーノの事件に続いてブルックリンの事件でも、捜査のためのロック解除ツールを第三者から入手したため、Appleの協力は必要なくなったとして要請を取り下げた。FBI長官は、これまでにiPhoneのロック解除ツールのために100万ドル以上を第三者に支払ったと語った。(2016/4/25)

設定変更でプライバシーは守れる
「Windows 10」の“気味の悪さ”、ユーザーデータ収集に不安は?
「Windows 10」は大量のユーザーデータを収集している。Microsoftに言わせれば、その目的は全て、ユーザーに最適な使用感を実現することにある。その背景と、設定の変え方のポイントを解説する。(2016/4/22)

セガールの、セガールによる、セガールのためのドラマ! TOKYO MXで「S・セガール劇場」スタート
最強のオヤジが帰ってくる!(2016/4/20)

Twitterで「面白い邦画あげてけ」タグが加熱! 新旧面白そうなオススメ邦画が集結中
ゴールデンウィーク中に見まくりましょうか。(2016/4/13)

米司法省、「麻薬犯のiPhone 5sではやっぱりAppleの助けが必要」
カリフォルニア州でのテロ事件捜査では「購入したロック解除ツールでiPhone 5cのデータにアクセスできた」としてAppleへの協力命令の要請を取り下げた司法省だが、ニューヨークで係争中のiPhone 5sのロック解除については引き続きAppleの協力が必要だという文書を地裁に提出した。(2016/4/11)

これは見逃せねえ! テレ東「ありえへん∞世界」の吹き替えを神谷浩史、小野大輔、鈴村健一ら豪華声優が担当
アニメ「おそ松さん」の3人が共演。(2016/4/5)

FBI、Googleにもアンロック要請?
AppleのiPhoneで注目された捜査当局によるアンロック要請だが、GoogleのAndroid端末に関しても同様の要請が出されている模様だ。(2016/4/4)

Hulu、映画「死霊のはらわた」シリーズのドラマ版「Ash vs Dead」を独占配信
動画配信サービス「Hulu」を運営するHJホールディングスLLCは、米Starz Digitalと第2弾となる独占配信契約を締結。映画「死霊のはらわた」シリーズのドラマ版「Ash vs Dead」(原題)を独占配信する。(2016/3/29)

エグゼクティブインタビュー
プライバシーか安全か、Microsoftと米国政府が全面対決
顧客データへのアクセスを要求する米司法省に対し、Microsoftは越権行為であるとして政府を訴えた。クラウドにある顧客データの「不入権」は認められるのか?(2016/3/22)

Computer Weekly:
プライバシーか安全か、Microsoftと米国政府が全面対決
顧客データへのアクセスを要求する米司法省に対し、Microsoftは越権行為であるとして政府を訴えた。クラウドにある顧客データの「不入権」は認められるのか?(2016/3/16)

PR:WikiLeaksがデータ検閲対策に用いた“地下要塞”とは――「インターネットの知られざる闇」を暴く
(2016/3/14)

心機一転? 「清原亜希」、ファッションブランド立ち上げを機に「亜希」へと改名
ブログの名前も「亜希」に。(2016/3/8)

攻防が続くApple vs FBI:
iPhoneのセキュリティ問題は“パンドラの箱”
「iPhone」のセキュリティ解除問題について、AppleとFBIの攻防が続いている。Appleは、もし一度解除を許せば、それは“特定の1台”だけにとどまらない危険性があると主張する。さらに、セキュリティ解除用のソフトウェアを開発すれば、犯罪者や敵国政府などの手に渡ってしまう恐れがあり、「悪意を秘めた“パンドラの箱”を開けることになる」との見解を示した。(2016/3/8)

クマ、ライオン、トラ 自然界で無敵の3兄弟「BLT」は友情もカワイさも無敵だった
今年15年を迎えるクマ、ライオン、トラの3兄弟「BLT」。仲良しです。(2016/3/6)

田代まさしが覚せい剤についてラップする「リハビリマーシー」リリース ラッパーたちにディスられて「大丈夫だぁ」を連呼
そんなラップして大丈夫か?(2016/3/4)

梅宮アンナ、田村淳のWeb番組で育児放棄疑惑を否定 田村「次回はぜひベッキーを」
インターネットらしい番組が始まりました。(2016/3/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルが「iPhoneロック解除」に応じることができない理由
米国で「iPhoneロック解除」をめぐって大きな論争が起きている。騒動を詳しく見ていくと、この問題は米国だけのものでなく、私たちの生活にも影響を及ぼすかもしれないことが分かってきた。(2016/2/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた
元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/2/18)

「かっとばせ!キヨハラくん」休載 「諸般の事情」
「コロコロアニキ」に連載中の「かっとばせ!キヨハラくん」は次号休載に。(2016/2/9)

「コロコロアニキ」のマンガ「かっとばせ!キヨハラくん」休載に
清原和博容疑者の逮捕を受けてのこととみられる。(2016/2/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

リトル清原さん、清原容疑者逮捕に「本当だとしたら残念」 直後のイベントは予定通り出演へ
安心してください、無事開催ですよ。(2016/2/3)

清原和博容疑者のブログが消滅 逮捕前日にも更新
2月2日に覚せい剤取締法違反で逮捕されていました。(2016/2/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原和博が「スーパースター」から「容疑者」となった日
西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手・清原和博容疑者が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。かつての「スーパースター」はなぜ「容疑者」になってしまったのか。関係者に聞いてみたところ……。(2016/2/3)

元プロ野球選手・清原和博容疑者の逮捕報道に「ショック」の声
元人気選手の逮捕に衝撃を受けた人が多いようです。(2016/2/3)

“3日天下”にならないように:
「万年4位」の伊藤忠が最終利益でトップに、理由は?
資源価格の一段安で三菱商事や三井物産が苦戦する中、2015年度の大手商社の最終利益で、伊藤忠商事が初の業界首位に立つ見通しになった。(2016/1/20)

スピン経済の歩き方:
ベッキーの謝罪会見は、なぜ「質問禁止」だったのか
人気タレントのベッキーに、初スキャンダルが発覚した。所属事務所内でベッキーは緊急会見を開いたものの、メディアからの「質問」は一切受け付けなかった。果たしてこの戦略は“正しかった”のか、それとも……。(2016/1/12)

NHK塚本堅一アナウンサーが危険ドラッグ所持の疑いで逮捕 NHK「厳正に対処します」
1月10日に自宅で逮捕されたとのことです。(2016/1/11)

小林正弥の「幸福とビジネス」:
もしビジネスリーダーがアリストテレスを読んだら
「ビジネスに幸福は必要か?」――。この命題に対して、哲学者・アリストテレスならどう答えるだろうか。人気番組「ハーバード白熱教室」で解説者を務めた小林正弥教授がひも解く。(2015/12/17)

キャスト逮捕への配慮か 「キルミーベイベー」「青い花」 ニコニコ・バンダイチャンネルでも配信停止に
「再放送も絶望的だろうなぁ」など悲観にくれる声も。(2015/10/28)

「青い花」「キルミーベイベー」、バンダイチャンネルなどで配信停止 出演声優の逮捕受け
出演声優の薬物所持容疑による逮捕を受け、バンダイチャンネルなどから「青い花」「キルミーベイベー」の2作品の配信がストップ。(2015/10/28)

Amazonビデオから「キルミーベイベー」が消滅 キャスト逮捕の影響か
このまま本当に伝説のアニメになってしまいそう……。(2015/10/27)

「キルミーベイベー」呉織あぎり役の女優・高部あいさん、コカイン所持で逮捕 アニメ2期に暗雲立ちこめる
「キルミーベイベー」がトレンド入りして2期決定と勘違いした人も。(2015/10/27)

「真夜中の弥次さん喜多さん」が舞台化 東京と大阪で2016年1月に上演
江戸の町から“リヤル”を求めて旅に出る。(2015/10/22)

R25スマホ情報局:
動画配信の黒船「Netflix」オススメ作品5選
世界最大級の動画配信サービス「Netflix」。番組が多すぎて、なにを視聴したらいいか迷う人も多いはず。そこで、海外ドラマ評論家の池田聡さんに、Netflixで観るべきオススメ番組ベスト5を紹介してもらいました。(2015/10/19)

元ゲリラ、マリファナ合法化、世界一質素な大統領……ホセ・ムヒカという人物の素顔
(2015/9/21)

オススメ4Kタイトルリスト付き:
もっとも多くの4Kタイトル、そしてHDR――CEOが語る「NETFLIX」のこれから
新作タイトルの確保が難しいサブスクリプション型サービスでありながら、独自コンテンツを製作するという手法で成功している「NETFLIX」。米Netflixの創業者でCEOのリード・ヘイスティングス氏に4KコンテンツとHDR対応、そして今後の目標を聞いた。(2015/9/2)

髪は抜け落ち、人体はバラバラ…… 神奈川県の危険ドラッグ啓発動画がトラウマ級の恐怖アニメだと話題に
これは完全にホラー。(2015/8/28)

来週話題になるハナシ:
ヴァン・ヘイレンの元ボーカルから学ぶ、ビジネス成功の哲学
ロックミュージシャンのサミー・ヘイガーをご存じだろうか。「ヴァン・ヘイレンの元ボーカリスト」といえば、「そーいえば……」と思い出した人もいるのでは。そのヘイガーが、いまビジネスで大成功を収めているのだ。(2015/8/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。