ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「麻薬」最新記事一覧

関連キーワード

キルミーは不死身なんや! 「キルミーベイベー」呉織あぎり役の新声優がついに決定する
ここまで長かった……!(2018/1/18)

【考察】コナンの「腕時計型麻酔銃」はいったい何を撃ち込んでいるのか?
おっちゃんは無事なのか。(2018/1/18)

「なかなかスパイシーなニュース」 ラッパーUZIの逮捕報道にZeebraらコメント 「ダンジョン」今後は要検討?
「フリースタイルダンジョン」は続いてほしい……。(2018/1/17)

暴走車が歯科医院の2階に突っ込む カースタントでない本当の事故 米カリフォルニアで
海外報道によると、ドライバーは麻薬の使用を認めたとのことです。(2018/1/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カヌー騒動の波紋が、学生にも広がり始めている
日本のカヌー界が大きく揺れている。日本選手権に出場した小松正治選手の飲み物に、ライバル関係にあった鈴木康大選手が禁止薬物を混入。大きな波紋を広げているなかで、その影響は中高生にも出始めているという。どういうことかというと……。(2018/1/12)

中古携帯の動向を追う:
日本との違いは? 深センとマニラの中古携帯市場を見てきた
中古携帯市場の中でも“ドン”に君臨している中国深セン。これから中古マーケットが急成長すると予想されているフィリピンマニラ。今回は、これら2カ国の中古携帯マーケットの現状をお伝えします。(2018/1/4)

ネットで手軽に……クスリに溺れ売人となった母、「因果応報」息子も大麻
ネットの普及とともに、薬物使用者の“裾野”が広がりつつある。覚醒剤の売人になった、2人の子どもを育てるシングルマザーのルポ。(2017/12/26)

17歳少年が麻薬王侮辱の動画を投稿 襲撃され死亡
襲撃事件と動画の関連が疑われています。(2017/12/24)

「ごん、お前だったのか。いつもストロングゼロをくれたのは」 “飲む福祉”ストロングゼロ文学が盛り上がる
赤頭巾も、キリストも、メロスも、ストロングゼロでハッピー(?)エンド。(2017/12/7)

浅野忠信、実父逮捕にコメントを発表 「僕にとってはたった一人の父」
ファンからは応援メッセージが多数届いています。(2017/12/6)

ヒルクライム、DJ KATSUの逮捕を受けて活動停止を発表 TOCはソロ活動へ
「私自身はKATSUと会話が出来る状況ではありません」とTOCさん。(2017/12/4)

豪華な歓迎に満足:
トランプ大統領のアジア歴訪で喜んだ国、戸惑った国
米大統領としてこの四半世紀以上で最も長いアジア歴訪を終えたトランプ氏。この訪問で、アジアの指導者少なくとも2人は、満足感にひたる十分な理由がある。(2017/11/16)

チャゲアスのCD、一部出荷再開 逮捕以来3年ぶり
ASKAさん逮捕以降、出荷を停止していたチャゲアスのCDの一部の出荷が再開される。(2017/11/14)

死亡者が増え続けている:
米大統領、「国家の恥」オピオイド乱用に衛生非常事態を宣言
トランプ米大統領は、医療用鎮痛剤「オピオイド」の乱用に関する「全国的な公衆衛生の非常事態」を宣言した。(2017/10/27)

成宮寛貴、近影公開か Instagramで鍛え上げられた肉体披露
週刊誌『女性自身』が、成宮さんの近況を報じたことで話題に。(2017/10/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
次どうするのか 絶対に負けられないボクサーの村田諒太
10月22日、ボクシングの村田諒太が王者のアッサン・エンダムに挑む。因縁のリマッチになるわけだが、村田はどのような思いで戦い、対戦後はどのようなプランを考えているのか。(2017/10/14)

公開から23年 なぜ私は8年間、月1で映画『レオン』を見てしまうのか
「大人になっても人生はつらいの?」に何と答えよう。(2017/9/14)

人気の民泊、「ヤミ」横行……覚醒剤密輸に悪用も
「民泊」市場が拡大しているが、トラブルも多発。違法な「ヤミ民泊」の横行も指摘され、覚醒剤密輸事件の舞台となるケースも起きた。(2017/9/13)

「警察官の前でわざと白い粉落としてみた」 迷惑YouTuberを偽計業務妨害の疑いで逮捕
悪質だとして批判の声があがっていました。(2017/9/8)

警官の前で「白い粉」落とす YouTuberに批判 「業務妨害罪」と専門家
警察官の足元に覚醒剤に見せかけた白い粉入りの袋を落とし、逃走する男の動画がYouTubeに投稿された。専門家は「警察官に対する業務妨害罪に当たる可能性がある」と指摘している。(2017/9/8)

刃牙×ねとらぼ『男雄漢比較べ』:
独特な魅力と迫力が織りなすバキの擬音たちッ!
あなたはナポ派? それともチュピ派?(2017/9/10)

依存〜溺れるネット世界:
覚醒剤打ち一睡もせずネット株取引 「心の穴」埋めてくれる
覚醒剤を打ちながら月曜の朝から一睡もせずに画面をにらんだ。食事はほとんどとらない。金曜に気を失い、2〜3日眠って、月曜からまたネットトレードを始めた。(2017/8/25)

専門家に聞く、犬に食べさせてはいけない物とは? ペットのNG食材をまとめてみた
犬にチョコレートあげちゃダメですよ。(2017/8/11)

脱獄犯が撮影した実録「プリズン・ブレイク」動画が公開
スマートフォンで脱獄犯が自ら撮影した動画がテレビ局により放送された。(2017/7/27)

世界最大の闇市場、国際捜査で摘発 禁止薬物やマルウェアを大量売買
AlphaBayは、約4万の販売業者と20万人のユーザーが利用。禁止薬物や毒物、盗まれた個人情報や偽造品、マルウェアなどのハッキングツール、火器などがダークWebで売買されていた。(2017/7/21)

首長は「殺せ、殺せ」と言っている:
フィリピン麻薬戦争1年、死者数千人でも見えない勝利
フィリピンのドゥテルテ大統領による苛酷な麻薬撲滅戦争が開始されて1年、死者数は数千人に上る。(2017/6/30)

「不正金融は、驚くほど独創的」:
偽オンラインストアの「闇決済」、賭けサイトで横行
日用品を取り扱う7つのオンラインストアのネットワークが、実際はダミーだった。(2017/6/27)

風邪薬の原料製造でも不正:
てんかん薬成分を無届けで変更 山本化学工業
和歌山県の原薬メーカー・山本化学工業が、てんかん治療薬の成分「ゾニサミド」製造時に、無届けで使用材料を変更していたことが判明。(2017/6/26)

近く業務停止か:
無届けで鎮痛剤に中国産使用 和歌山の原薬メーカー
鎮痛剤「アセトアミノフェン(AA)」製造最大手の原薬メーカー「山本化学工業」が、安価な中国産の成分を無届けで配合していたことが明らかになった。(2017/6/22)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ひょっとしたら、白鵬は「悪役」を演じているのかもしれない
大相撲夏場所で、横綱白鵬が優勝した。最近は稀勢の里に人気が集中し、脇役になりつつあったが、さすがの強さを見せつけた。勝っても負けても、世間から批判の目を向けられる白鵬は、ひょっとしたら「悪役」を演じているのかもしれない。(2017/6/1)

殺処分寸前だったピットブルが警察犬に 犬種に対する悪印象から1年半ものあいだ引き取り手が現れず
闘犬用に誕生したことから、危険と思われがちな犬種。(2017/5/31)

小島秀夫監督「生きていけない」 カールの中部以東販売終了に広がる悲しみの声まとめ
もっと早く……気付いてあげたかった……。(2017/5/26)

覚せい剤で刑務所に7年間入った田代まさしの現在を追ったVR動画「A Day of 薬物依存症」 NHKが公開
薬物依存リハビリ施設で共同生活を送っています。(2017/5/25)

田代まさしさんの1日、VRで“体験” NHK「A Day of 薬物依存症」公開
VR動画「A Day of薬物依存症 田代さんの一日」をNHKが公開した。(2017/5/24)

「LINEで勧誘された」 SNSで広がるマルチ商法、その問題点と“法律で全面禁止”されない理由
法律で禁止されない理由は。(2017/5/22)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(9):
ソフトウェアテストの施策と運用(後編)――カギを握るテストの運用
新時代のテストに向けて立派な施策を打ち立てても、それを継続的かつ効果的に運用しなければ、絵に描いた餅である。今回は従来テスト運用を振り返りつつ、新時代のテスト運用について見ていく。(2017/4/27)

かーずSPのインターネット回顧録:
「Hatten」「ゴノレゴ」「ムネオハウス」――“Flash黄金時代”が生み出したもの
「かーずSP」管理人かーずがインターネットの“あの時”を振り返る連載、第1回は「Flash黄金時代」について語ってもらいました。(2017/5/3)

FBIが採用基準の緩和を検討 サイバー対策強化の一環で身体能力や大麻歴は不問に?
「腕立て伏せはできなくてもいい」とFBI長官。(2017/4/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
安倍夫人はやっぱり「珍しい存在」、これだけの理由
森友学園のスキャンダルが世間を騒がせている。学園の名誉校長に就任した昭恵夫人にスポットが当たっているが、海外メディアは彼女のことをどのように報じているのか。これまでの歴代夫人と違って、「珍しい存在」として取り上げられているが……。(2017/3/30)

「日本にはがっかりだよ」 アメリカ人の子どもに和食を食べさせたらリアクションが正直すぎた
そんなこと言わんといて……。(2017/3/22)

ボリビア政府がフランス大使館に抗議 麻薬カルテルがボリビアを支配しているとする「ゴーストリコン ワイルドランズ」の表現巡り
発売前に修正することは難しいだろう。(2017/3/6)

「しっかりと話し合いたい」 C.W.ニコル、娘の逮捕に心痛のコメント
自身も直腸ガンの手術のために入院しており、テレビで逮捕を知る。(2017/2/10)

あのキャラに花束を:
たーのしー! 知能の低下と上昇を招くアニメ「けものフレンズ」の怖さと心地よさ
欠落する語彙、そして退廃的すぎる世界観。(2017/2/10)

「どこで買ってたの?」「五反田」 小向美奈子、田村淳としゃぶしゃぶ食べつつシャブ対談
攻めすぎ。(2017/2/9)

食事栄養の専門医師に聞く! 「ストレス食い」の3つの原因と対策
ストレス解消のために「食」に走ってしまう人は、ぜひ原因を知り、対策を行いましょう。(2017/2/3)

「マリファナやり放題」のキャンプ場が米国に ロックの名曲冠し
大麻が合法化された米オレゴン州の湖畔に、オートキャンプ場が計画されている。湖上の煙を意味する施設名はディープ・パープルのあの曲だ。(2017/1/23)

「水素水」とは何だったのか 信頼できる食品を見分けるためには
「水素水」にまつわる一連の議論はなぜこれほど注目を浴びたのか。(2017/1/2)

「レイア姫」キャリー・フィッシャーさん、死去 マーク・ハミル「言葉もない」ツイート
スター・ウォーズ最新作である「ローグ・ワン」では本人そっくりのCG映像で出演した「レイア姫」が亡くなった。(2016/12/28)

医療機器ニュース:
蚊の嗅覚受容体を用いた、ヒトの汗の匂いを感知するセンサー
東京大学は、蚊の嗅覚受容体を組み込んだ匂いセンサーを開発し、それを移動ロボットに搭載して、ヒトの汗の匂いでロボットを動かすことに成功した。画像探査ができない災害現場などで、不明者を探すセンサーとしての応用が期待される。(2016/12/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。