ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「居酒屋」最新記事一覧

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
徳島県のDMV導入は「おもしろい」で突っ走れ!!
JR北海道が開発し実用化できず、あまたのローカル鉄道が手を伸ばして撤退したDMV(デュアル・モード・ビークル)を、徳島県が実用化する。しかし現地に行ってみると「3年後に実現したい」という割には盛り上がっていない。(2017/12/15)

慣習は変わるか:
年末年始の営業は必要か 休業日設定の動き広がる
年末年始に休業日を設ける動きが、飲食や小売りなどの現場で広がってきた。元日から当たり前のように店が開いている、という暮らしを見直すきっかけになるかもしれない。(2017/12/14)

モバイル決済の裏側を聞く:
目指すは“オールインワン決済” 急成長する「Airペイ」の戦略をリクルートに聞く
リクルートが提供している「Airペイ」は、低コストでクレジットカードや電子マネーでの決済を可能にするサービス。導入店舗や取扱高が急増している。Airペイはどのような戦略で展開しているのか?(2017/12/13)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(36):
難しい問題ですね――議論中に言われると困る3つのNGワード
発散しまくった揚げ句、結論がないまま中途半端に終わり、モヤモヤ感だけが残る議論に参加したことはありませんか?(2017/12/13)

「いい親父」と慕われた名将:
仙台育英野球部の名将、佐々木監督の辞任にOBたちは……
高校野球の強豪、仙台育英学園高の佐々木順一朗氏が野球部監督を辞任。突然の発表に、野球部のOBたちからは戸惑いの声も……。(2017/12/11)

水曜インタビュー劇場(英国風劇場):
清算された「ハブ」が、過去最高を更新している秘密
「英国風パブ HUB」を運営しているハブの業績が好調である。2017年2月期の売上高は過去最高、18期連続で増収だ。かつて売上低迷で事業清算されたハブが、なぜ復活したのか。その理由について、同社の太田社長に話を聞いた。(2017/12/6)

Twitter公式が「2017年もっとも使われたハッシュタグ」を公開 3位「FGO」2位「乃木坂46」
おや、「もっとも使われたアカウント」の1位が……?(2017/12/5)

定年バカ:
本当は「長生き」なんてどうでもいい
2017年7月、日本の平均寿命が発表された。男女とも過去最高で、男は80.98歳、女は87.14歳、ともに世界2位である。以前から「長寿大国ニッポン」と呼ばれているが、手放しで喜んでいいのだろうか。(2017/12/4)

2017国際ロボット展:
“足がクサイ”と気絶、犬型ロボ「はなちゃん」 新型は「お尻から消臭剤」噴射
足が臭うと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」が、2017国際ロボット展に登場。臭うとお尻から消臭剤を噴射する新型も披露された。(2017/11/29)

好きなのになぜ? 大阪府民「たこ焼き、月に1回以下」75%
大阪名物といえば、たこ焼き。大阪府民の9割が「好き」と答える一方で、食べる頻度は「月1回以下」という回答が75%を占めた。好きなのになぜ、あまり食べないのだろうか?(2017/11/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“鳥居酒屋”で業績回復! ワタミは生まれ変われるのか
ワタミが「総合居酒屋チェーン」から「鳥居酒屋チェーン」へと急転換を進め、業績を回復させてきている。「ミライザカ」「鳥メロ」がワタミの負のイメージを変えられる日は近いのだろうか。(2017/11/21)

塚田農場「月見ステーキ」秘話:
宮崎のエノキ農家の大ばくちが居酒屋の人気商品を生んだ
塚田農場で月に1万食以上を売り上げる期間限定商品「加藤えのき 月見ステーキ」。この商品の陰には、エノキ農家として生き残るために一大勝負に出た加藤えのきのヒストリーがあったのだ。(2017/11/17)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
1週間で1000万です――3年を捧げた奇跡の大作、依頼の実態は「ゴーストライター」
作家志望者が作家死亡者にならないために。(2017/11/7)

泉役の松尾論がイルミネーションゴジラを点灯 「ゴジラ・フェス」の様子をフォトレポート
高橋一生さんへの生電話など、サプライズにファンは歓喜!(2017/11/4)

地元・神戸では:
神戸製鋼、底なしのデータ改ざん 過去の教訓生かさず
「モノづくり日本」の失墜につながるのか──。神戸製鋼の製品データ改ざん問題が、底なし沼の様相を呈している。(2017/11/1)

『異世界居酒屋「のぶ」』2018年アニメ放送決定! 作者・蝉川夏哉にインタビュー「見たあとコンビニに走る羽目になる」
アニメ1話の見どころはビールの汗が重力に引っ張られて落ちるところ。(2017/11/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ「トクホ」はシニアよりも若者に人気なのか
働く人たちの間で「朝トクホ」なるものが定着してきている。体脂肪に頭を悩ますおじさん世代がこぞって買い求めているイメージを抱くかもしれないが、意外にもこの動きを後押ししているのは、「20〜30代」だという。(2017/10/31)

大人の秘密基地「映像居酒屋 ロボ基地」、池袋南口にオープン
日々戦い続ける企業戦士たちを癒す酒場が池袋南口にオープンする。店の名前は「映像居酒屋 ロボ基地」。非武装でどうぞ。(2017/10/30)

「ガンダム」「マクロス」「イデオン」:
ロボットアニメ居酒屋「ロボ基地」 養老乃瀧がIP活用挑戦
養老乃瀧が新業態「映像居酒屋 ロボ基地」1号店を11月1日にオープン。ロボットアニメのIPを活用した取り組み。バンプレストやバンダイナムコと協力して展開する。(2017/10/30)

TwitterにあふれるJKビジネス “裏オプ”前提、危険な少女たち
“女子高生”によるサービスを売りにした「JKビジネス」店を経営していた男2人が警視庁に相次いで逮捕された。少女らはTwitterなどで男や客とやり取りし、非合法の性的サービス(裏オプション)をしないと稼げない仕組みになっていたという。(2017/10/27)

「東京国際サメ映画祭」開催決定! サメ映画上映、サメトーク、サメフードとサメ尽くしな宴に
サメ尽くしなイベントに。(2017/10/26)

串カツ田中、1111円で串カツ11種の食べ放題を限定開催 200円串のエビやアスパラもあるぞ
1111円追加で飲み放題も付けられる。(2017/10/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「フーターズ」の集客力はスゴいのか
奇抜なコンセプトで一時的にブームになるエンターテインメントレストランは珍しくないが、継続するのは困難だ。今回はフーターズが手堅く集客力をアップさせている理由を考察していきたい。(2017/10/24)

ロボットアニメを観ながら疲れた身体を癒す 大人のための秘密基地「映像居酒屋 ロボ基地」が池袋にオープン
歴戦の勇士に思いをはせながら。(2017/10/23)

データマーケティングの請負人が語る:
横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越えてここに至るまでのマーケティング戦略について担当者が語った。(2017/10/23)

岡田敏一のエンタメよもやま話:
新型iPhone次は「Apple Storeを“街の広場”に」 小売り業界に“打倒Amazon”秘策が続々
Appleが「Apple Store」を廃止し、“街の広場”に――この戦略の意図は。(2017/10/5)

鳥貴族28年ぶり値上げ……“二重苦”に追討ちをかけたもう一つの理由
「280円均一」という低価格を売りにしている居酒屋チェーンの鳥貴族が、28年ぶりに値上げに踏み切り、10月1日から一律298円に。その理由は――。(2017/10/2)

企業努力も限界に:
鳥貴族28年ぶり値上げ 人件費と食材費高騰の“二重苦”に追い打ちかけたもう1つの理由
「280円均一」という低価格を売りにしている居酒屋チェーンの鳥貴族が、28年ぶりに値上げに踏み切り、10月1日から一律298円(税別)となる。(2017/9/29)

あの会社のこの商品:
酒飲みの相棒「ハイサワー」 成功の舞台裏
焼酎を割って飲む場合、かつては水かお湯しかなかった。しかし現在は、飲食店に行けば、焼酎をさまざまな割り材で割ったサワーが当たり前のように置かれるようになった。この新しい飲み方を広めたきっかけの1つが、博水社のハイサワーである。誕生から現在までの軌跡をお伝えする。(2017/9/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不人気だった「ガスト」が再び成長している理由
安いだけでパッとしない店――。そう言われていたガストだが、近年の業績は好調だ。どのようなニーズに対応したことで、新たな顧客層を取り込んでいるのだろうか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/9/12)

えんやの銭湯イラストめぐり:
ダイナミックな露天岩風呂が魅力 三鷹「のぼり湯」は体重計にも注目!
実は隠れた優良銭湯スポットでもある三鷹。その中でも露天岩風呂がステキな「のぼり湯」を紹介します。(2017/9/9)

都が「受動喫煙」防止条例の基本方針発表 屋内は居酒屋含め全面的に禁煙 開始は2019年秋までに
食堂や居酒屋など「飲食店」は、喫煙専用室ならOKという「原則禁煙」に分類。(2017/9/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
要領のよい人がやっている、「段取り」のキホン!
段取り力を高めるための思考回路とは。(2017/9/7)

人件費の上昇で:
鳥貴族が値上げ発表 10月から全品298円に
居酒屋チェーンの鳥貴族が、10月1日から全メニューを値上げすると発表。人件費増などが要因。(2017/8/28)

和田アキ子、“ゴッド姉ちゃん”の異名を消し去るキュートさで虫歯ポーズ ファン「あっこさんかわいー」
これでセルフィーもばっちりかな。(2017/8/25)

山田孝之主演・プロデュース 狩撫麻礼×いましろたかしの伝説的コミック『ハード・コア』が実写映画化決定
監督は山田孝之の盟友・山本敦弘が担当。(2017/8/11)

「居酒屋で殺される」 和田アキ子の“デートなう写真”が強者にしか使えない威圧感
酔えない(確信)。(2017/8/3)

ここにトイレ……だと……!? 遊び心あふれる居酒屋に翻弄される客たち
どう見てもトイレじゃない。(2017/8/3)

早期に国内500店舗:
トリドール、立ち飲み居酒屋「晩杯屋」を買収
トリドールホールディングスが、居酒屋「晩杯屋」を手掛けるアクティブソースを買収すると発表。店舗数の拡大につなげる。【更新】(2017/7/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勢い止まらぬ「HUB」 なぜ人気?
英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。(2017/7/25)

大手居酒屋チェーン店店長の過労死を遺族が漫画で公開 激務の人は「生きろ。逃げろ」
多くの人に知ってほしい。(2017/7/24)

「CD売るの、辞めました」 アイドルグループ「notall」、新譜CDを無料配布
アイドルグループ「notall」(ノタル)が、新譜CD「CD売るの、辞めました」の無料配布を始めた。(2017/7/24)

辛さUPでヨガ→ヨガファイヤー→ヨガフレイムに とあるカレー屋さんの辛さ表示がなぜかダルシム
「ヨガテレポート」を頼むのは勇気が入りそう。(2017/7/22)

広まるか「昆虫食」 ゴキブリは素揚げ、蚕の繭は「醤油」に!?
蚕の繭を発酵させて作る醤油風調味料「シルク醤油」の試作が進んでいる。独自のタンパク源として「昆虫食」の普及に取り組む人たちが試行錯誤を続けている。(2017/7/19)

週刊「調査のチカラ」:
「働き方改革」は夏休みを変えるのか?
調査の夏、日本の夏。2017年の「夏休み」にまつわる調査データをピックアップしました。(2017/7/15)

見た人が笑顔になってくれたら 映画「JKニンジャガールズ」主演の「こぶしファクトリー」に聞いた
ハマってるアプリなども教えてくれました。(2017/7/14)

『銀魂』69巻の告知ポスターがまさかの「いらすとや」製 誰だこれ作ったのは!
「あついバトル!」「たのしいギャグ!」なる素朴なキャッチフレーズを連発。(2017/7/12)

塚田農場、アルバイト研修にVR導入 養鶏・食肉加工をリアル体験「生産者に感謝を」
居酒屋「塚田農場」のアルバイト向けに、VR(仮想現実)映像で養鶏場や加工センターの仕事を疑似体験する研修がスタート。食肉処理のシーンもリアルに感じられる。(2017/7/11)

予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる 背景には飲食店の“泣き寝入り”事情
サイト運営者、個人情報保護委員会に取材しつつ、飲食店経営者に“無断キャンセル”の実情を聞いた。【訂正】(2017/7/8)

熾烈な客引き:
赤ケバブ、青ケバブ 仁義なき“六本木ケバブ戦争”に幕?
東京・六本木のケバブ店で強引な客引き行為をしたとして、警視庁麻布署は風営法違反容疑で、トルコ国籍の20代の兄弟を逮捕した。(2017/7/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。