ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「乾電池」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「乾電池」に関する情報が集まったページです。

タッチ感度の調節ができる極細ペン先スタイラスペン
サンワサプライは、単四乾電池での駆動に対応しタッチ感度の調節にも対応したスタイラスペン「200-PEN032BK」の販売を開始した。(2018/9/14)

乾電池でも使える屋外対応の監視カメラ
ダイトクは、IP54準拠の防水機能を備えた監視向けカメラ「ラディアントミニ」を発表した。(2018/7/2)

東芝 TC78H651FNG:
低電圧駆動、大電流対応のHブリッジドライバIC
東芝デバイス&ストレージは、1.8Vの低電圧で駆動し、出力電流最大1.6Aに対応するデュアルHブリッジドライバIC「TC78H651FNG」を発表した。乾電池などの低電圧電源で駆動するモバイル機器や住宅関連機器、USB駆動機器などで利用できる。(2018/6/6)

10周年のポメラ新製品「DM30」をじっくり見る 電子ペーパー&乾電池&折りたたみ式キーボード搭載
ポメラの新製品「DM30」はポメラユーザーの福音か?(2018/5/15)

折りたたみキーボードに回帰した「ポメラ」 画面は電子ペーパー
キングジムが「ポメラ」の新機種「DM30」を6月8日に発売する。現行機種「DM200」はノートPCなどに近いクラムシェル型でバッテリーを内蔵しているが、DM30は新機構の折りたたみ式キーボードに回帰し、乾電池で駆動するスタイルに戻った。(2018/5/15)

USBケーブルから直接充電 専用の充電器不要の「USB充電できる乾電池」が便利そう
気軽に充電できちゃう。(2018/4/14)

サンワサプライ、スタンド付きのiOS対応Bluetoothキーボードを発売
サンワサプライは、iOS対応Bluetoothキーボード「SKB-BT28BK」を4月中旬に発売する。スタンドをキーボード裏面に内蔵し、単四乾電池2本を使って約125時間連続作動。端末を3台同時に操作できるマルチペアリングに対応する。(2018/4/12)

乾電池の「乾」って何? 「乾いている電池」なの? ていうか、ビショビショだったら危なくない?
「ビショぬれ電池」なんて、どこにも売ってないような……。(2017/12/25)

乾電池「EVOLTA NEO」発売 パナ史上最も長持ち
パナソニック史上最も長持ちするという乾電池「EVOLTA NEO」が発売。(2017/1/30)

ラピスセミコンダクタ Lazurite Mini:
乾電池3本で10年動作、SDカードサイズの無線搭載マイコンボード
ラピスセミコンダクタはSDカードサイズの超小型マイコンボード「Lazurite Mini」を販売開始する。徹底した省電力化により、単三形乾電池3本で10年以上の動作が可能だ。(2016/10/11)

乾電池を捨てた“ポメラ”が代わりに獲得したもの――新モデル「DM200」を見てきた
キングジムは10月4日、テキスト入力に特化した携帯ツール「ポメラ」の新製品として「DM200」を発表した。「テキスト入力のしやすさを徹底的に追求したモデル」(同社)だ。(2016/10/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
夏休みの工作欲をかき立てる新製品が続々登場!
自作のドット絵を表示できるBluetoothスピーカーや遠隔制御できる乾電池ホルダー、デスクトップ向けCPUが組み込める超小型ベアボーンなど、遊べる要素の大きい新製品がいくつも店頭に並んだ。(2016/8/8)

電動の車やぬいぐるみをスマホで制御! 乾電池に革命をもたらすIoT「MaBeee」が一般販売開始
照明に使えば消灯管理にも。(2016/8/4)

乾電池で動く製品をスマホで操作――「MaBeee」販売開始
ノバルスは、スマートフォンアプリでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」を8月4日から正式に販売開始する。価格は4980円(税別)。(2016/8/3)

スマホがおもちゃのリモコンに 乾電池型Bluetoothデバイス「MaBeee」発売 ミニ四駆の加速・減速もOK
ミニ四駆など単三形乾電池で動くおもちゃをスマホでコントロールできるようにする乾電池型のIoTデバイス「MaBeee」の一般発売が始まる。(2016/7/6)

2380円くらい:
乾電池1本で約20時間! グリーンハウスがポータブルプレーヤー「kana DB」を2月上旬発売
単四形乾電池1本で駆動するポータブルオーディオプレーヤー「kana DB」(カナ・デービー)がグリーンハウスから登場。音楽再生だけでなく、FMラジオやボイスレコーダー機能も備える。2月上旬発売。(2016/1/26)

ニコン、薄型・軽量「COOLPIX A100」と乾電池対応の「COOLPIX A10」を発表
ニコンは“COOLPIX A”シリーズの薄型・軽量モデル「COOLPIX A100」と単三形乾電池対応モデル「COOLPIX A10」を発表した。発売は1月28日の予定。(2016/1/14)

ミニ四駆やプラレールをスマホで操作 Bluetoothでつながる乾電池型IoT「MaBeee」
ミニ四駆やプラレールの単3乾電池と入れかえると、スマホで操作できる乾電池ケース「MaBeee」がクラウドファンディングで資金を募っている。(2015/11/13)

「乾電池」に革命が起きた 乾電池を入れ変えるだけで、いつものおもちゃがコントロール可能に
Bluetoothも搭載されています。(2015/11/12)

電池で動くモノをIoT対応に:
ミニ四駆をIoT化? 単三乾電池型のIoT機器「MaBeee」プロジェクトが始動
乾電池で動くおもちゃをIoT化する乾電池型IoT機器「MaBeee」がクラウドファンディングサービスでの目標額を達成。量産化に踏み出す。(2015/11/11)

ベンチャーニュース:
スマホでミニ四駆を操れる! “乾電池”の概念を覆すIoTガジェットが資金調達へ
タミヤの「ミニ四駆」やタカラトミーの「プラレール」を、スマートフォンから自在に操作できたら――。そんな夢を“乾電池を交換するだけ”で簡単に実現するスマートガジェット「MaBeee」が登場した。同製品を開発したノバルスの代表取締役を務める岡部顕宏氏に話を聞いた。(2015/11/11)

クレーンゲームを自宅で! 好きなものを入れて遊べる「ROOMMATE わくわくNEWクレーンゲーム」
乾電池で動くので、出先でもプレイできるかも。(2015/10/26)

Apple、21.5インチ4K「iMac」やMagicシリーズの新キーボード、マウス、トラックパッドを発表
AppleがiMacのラインアップを刷新し、新しいBluetooth接続の周辺機器も発表した。すべて同日発売だ。キーボードがMagicシリーズに仲間入りし、すべて乾電池式から充電式になった。(2015/10/14)

エボルタチャレンジ2015:
パナソニックが乾電池で高校生と電車を走らせ、ギネスを狙う
パナソニックが高校生の設計した電池駆動の電車に乾電池「エボルタ」を搭載し、「世界最長距離 鉄道走行」のギネス記録に挑む。(2015/9/3)

イーケイジャパン、単三形乾電池4本で動くポタアン発売
イーケイジャパンは、単三形乾電池4本で動くポータブルアンプ「TU-HP02」(完成品)を発表した。9月20日頃に出荷する。(2015/9/3)

5分でわかる最新キーワード解説:
乾電池1本で10年駆動も、日本発の無線規格「Wi-SUN」
日本発の無線通信規格「Wi-SUN」は東京電力などがスマートメーターに採用するなど、生活に身近な技術となりそうです。このWi-SUNとは、どんなものなのでしょうか。(2015/6/10)

サンコー、USBバスパワーで使える交換ビット付き電動ドライバー
サンコーは、USBバスパワー駆動に対応した電動ドライバーの販売を開始した。乾電池での駆動にも対応。(2015/4/21)

使えない乾電池は「バウンドするから分かる」は間違い まだ残量ありかも──米研究
バウンドしても電池を捨てないで──“落としてバウンドしたら残量なし”という、ちまたに出回っている「残量のない乾電池の見分け方」は間違いだとプリンストン大学が発表した。(2015/4/6)

マスプロ、乾電池駆動で防水対応のスポーツカメラ「Kodak PIXPRO WP1」発表
マスプロ電工が4月2日、ダイビングなど水辺でのレジャーに最適なスポーツカメラ「Kodak PIXPRO WP1」を発表。価格はオープンで、予想実売価格は1万5500円前後(税別)。発売予定日は4月17日。(2015/4/2)

非常時に覚えておきたい ガムの包み紙と乾電池で驚くほど簡単に火がつけられる
お役立ちサバイバル術。(2015/1/17)

レコードのデジタル化も:
ホワイトボディで正方形、ニュマークからION Audio製ターンテーブル「Mobile LP」
ニュマークジャパンは、ION Audio製のターンテーブル新製品「Mobile LP」を発売する。乾電池駆動の可能なポータブルタイプ。PCとUSB接続してレコード音源をデジタル化する機能も備えた。(2015/1/13)

IT4コマ漫画:
バッテリーチェッカーの○○
買ったばかりの乾電池の残量をチェッカーで測ってみたところ……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第67回目は、ツールを過信するのも考えものですね、というお話。(2014/11/14)

単1エボルタを99本使用:
乾電池で1トンの電車を8.5km動かす! パナソニックのエボルタチャレンジ
パナソニックは2014年度の「エボルタチャレンジ」で使用する「エボルタ電池鉄道」の車両を披露した。単1形のエボルタ99本を電力源として、約1トンの車両を約8.5km走行させるという。(2014/10/15)

単1形乾電池で1トンの電車は走るか パナソニック「EVOLTA」で挑戦
単1形乾電池「EVOLTA」を動力源にして走るオリジナル電車を制作し、人を乗せて約8キロの線路上を走行させる実験をパナソニックが行う。(2014/9/8)

2013年はプラレール:
パナソニックが単1形乾電池で1トンの電車を動かす、秋田県の廃線で挑戦
パナソニックは、実際に人間が乗車できるオリジナルの電車を開発し、単1形の乾電池「EVOLTA(エボルタ)」を動力源として線路上を約8km走破する実証実験に挑戦する。(2014/9/8)

乾電池で使えるデジカメ5選
現在では少数派になっているが、不意のバッテリー切れにも対応可能な乾電池が使えるデジカメ5選を紹介する。(2014/7/9)

エプソン、乾電池でも動くWi-Fiモバイルスキャナ「DS-40」
スキャンデータをWi-Fi経由でPCやスマホにデータ送信できるモバイル向けスキャナ「DS-40」をエプソンが発売する。(2014/5/16)

エプソン、単三乾電池で駆動する無線LAN内蔵モバイルスキャナ「DS-40」
エプソンはモバイルスキャナ「DS-40」を5月22日に発売する。単三乾電池4本で駆動し、無線LANも内蔵するため、電源を含めワイヤレスでスキャンが可能だ。(2014/5/15)

仕事耕具:
ペットボトル感覚で持ち運べるモバイルスキャナ、単三乾電池で駆動――エプソン「DS-40」
外出先のカフェで、社内の会議室で、自宅の書斎で――。カバンに放り込んで手軽に持ち運び、いつでもどこでも紙のデータをすぐスキャンできる“乾電池駆動”のモバイルスキャナが登場した。(2014/5/15)

Design Ideas ディスプレイとドライバ:
1セル乾電池で白色LED をフラッシュ点灯
一般に、白色LEDの順方向電圧は3〜5Vであるため、公称電圧が1.5Vのアルカリ乾電池1セルで駆動するのは難しい。1Vといったより低い電圧では、白色LEDの駆動はさらに難しくなる。だが、今回は、1Vと低い電源電圧で白色LEDをフラッシュ点灯(点滅)させる回路を、個別半導体素子で実現する方法を紹介する。(2014/1/29)

カセットテープをMP3に変換してUSBメモリに保存するプレーヤー、サンワから
サンワサプライは、カセットテープの音源をMP3変換してUSBメモリにダイレクト保存できるプレーヤーを発売した。電源は乾電池とUSB給電のどちらでも利用可能だ。(2013/12/5)

最後の思い出作りに――パナソニックとタカラトミー、児童41名とギネス記録に挑戦
あと半年で廃校になる北区立滝野川第七小学校。全校児童41名が一緒に作業する最後のチャンスは、“世界記録への挑戦”となった。パナソニックの乾電池「エボルタ」の“長持ち実証”チャレンジだ。(2013/10/7)

乾電池1本のプラレールで世界最長4キロ走破を目指せ 小学校でパナソニック「エボルタ」新チャレンジ
単三形乾電池1本を積んだ「プラレール」で約4キロ超という世界一長いコースを走破する「エボルタチャレンジ」。閉校が決まっている小学校で児童たちが挑戦する。(2013/10/7)

グリーンハウス、乾電池でも駆動する10型ワイド液晶搭載ポータブルDVDプレーヤー
1024×600ピクセル表示の10型ワイド液晶を搭載したポータブルDVDプレーヤー「GH-PDV10C-BK」が発売。ACアダプターのほか、単三形乾電池8本で4〜5時間ほど動作可能だ。(2013/9/3)

グリーンハウス、乾電池で動く7型&9型液晶のポータブルDVDプレーヤーを発売
単三形乾電池8本で動作するポータブルDVDプレーヤー2機種が登場。液晶画面は180度回転可能だ。(2013/9/2)

ソフトバンクBB、乾電池式のiPhone/Android向けワイヤレスキーボードを発売
ソフトバンクBBは、iPhone/Android/iPadに対応したワイヤレスキーボード「Wireless Mobile Keyboard」を発売した。スタンドとカバーが一体化して持ち運びやすいボディが特徴。(2013/7/18)

3Gモデルも開発中:
オーセラス、乾電池1本で動くGSMケータイ「SpareOne」を8月に発売
オーセラスは、乾電池1本で最大10時間駆動するGSM端末「SpareOne」の国内販売を8月に開始すると発表した。(2013/7/10)

太陽光充電パネル搭載モデルも:
iPhoneの充電にも対応した“手回し充電ラジオ”、ソニーから
ソニーは手回し充電ラジオの新製品2機種を7月下旬に発売する。iPhoneの充電に対応したほか、より汎用的な単三形乾電池が利用できるなど利便性を向上。(2013/6/18)

IT記者はポメラでノマドワーカーになれるか:
前編 ポメラ「DM25」で“ノートPCレスのワークスタイル”に挑戦
モノクロ液晶と幅広キーボードを搭載し、乾電池で駆動するテキスト入力専門機としておなじみのポメラ。“最新機器の導入に保守的なIT記者”が、3月に登場した「DM25」を使ってノマドワークに挑戦した。(2013/6/18)

もうすぐ夏:
超音波式でクリーミーな泡を、グリーンハウスがハンディビアサーバー「コク泡」を発売
乾電池で使える家庭用ハンディビアサーバー「コク泡」が登場。超音波により、きめ細かくクリーミーな泡を手軽に楽しめる。(2013/6/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。